コーヒー作るとLINEで通知

Posted by aishinkakura on 22.2017 お気に入り 9 comments 0 trackback
ネスカフェコネクト

 ネスレ日本がサービスを開始した「ネスカフェコネクト」は、コーヒーマシンとインターネットをつなげました。
 「コーヒーができあがりました。スマートフォンにスタンプが届きます」
 一見、ふつうのものに見えるこちらのカートリッジ式のコーヒーマシン。コーヒーを入れるたびに無料通話アプリLINEで、遠く離れた家族にも通知が届きます。家族から返事がくれば、専用のタブレット端末がメッセージを読み上げてくれる機能も搭載しています。
 ネスレは、見守り機能を搭載することで高齢者世帯へのコーヒーマシンの普及を進めたい考えです。
 ネスレさん良く考えましたね。ネットが面倒だと思われて思ったほど普及はしないのかと思いますがこういう試みは大事だと思います。民生委員などが久しぶりに訪問したら亡くなっていたなんていうことも起こっています。異常があったらすぐにわかるというのはいいことだと思います。
 コーヒーマシンは私のところにもネスカフェバリスタがありますが1日10回くらい使っています。まだこの機能は不要かと思っていますが先々はお世話になるかも知れません。
元記事:TBSテレビ



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

やれやれ、今度は「んゴ」ですか。

Posted by aishinkakura on 21.2017 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
語尾んゴ とある女子大生の「流行」をめぐり、ネット上、特に掲示板サイト「2ちゃんねる」のユーザーが騒いでいるそうです。「お疲れンゴ」――語尾に「ンゴ」をつけて会話するのがトレンドだというのです。
 このトレンドは、2017年8月24日放送のバラエティー「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で紹介されたとのことです。
 この日は、ゲストが若者の街を調査するという企画で東京・北千住(いつから若者の街になった?)をロケ。ゲストが女子大生に取材し、いまのブームを聞きました。そこで飛び出したのが、「語尾に『ンゴ』をつけて喋るのが流行っています」使用例として、「お疲れンゴ」をあげています。
 実際、女子大生の利用者が多いSNS「インスタグラム」では、25日時点で「#ンゴ」が約2300件ヒット。「夏先取ったぁンゴ」「盛れないンゴ」といった用例が確認できるそうです。

「ガトーショコラ作ったンゴ」   「パンケーキおいしかったンゴ」 「(リンゴをかじる仕草をした自撮り写真とともに)ンゴ!!!!!」
など食関連の投稿に比較的用いられているようですが、使用シーンは特段決まっていないそうです。

 世も末のような惨状ですね。中学生、高校生ならまだしも大学生ですからもう大人ですよね。いくらトレンドといってもやめてもらいたいものです。でも年配者でもこういった言葉に理解をしめす人もいるのですよね。そちらの方がもっと不気味ですが。
元記事:J-Castニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ゲームからみた上司にしたい部下にしたい戦国武将

Posted by aishinkakura on 20.2017 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
nobunaga.png 
 コーエーテクモゲームスは9月1日、11月30日発売予定の歴史シミュレーションゲームシリーズ最新作「信長の野望・大志」の公式サイトを通じて、一般のユーザーを対象に行った「武将調査アンケート」における“上司・部下にしたい戦国武将”の結果を公表しました。調査期間は8月4~21日で、公式サイトのアンケートフォームから回答を募集。回答者属性は9~99歳までの男女で、有効回答数は5071。






 上司にしたい戦国武将で1位となったのは織田信長(276票)。「カリスマ性がある」「先進性がある」といった点のほか、従来の概念にとらわれない革新性を挙げる回答もあったといいます。能力主義、実力主義を重んじて家臣を起用したこともランキングに多いに影響したとしています。
 第2位は武田信玄でわずか3票差(273票)。信玄が残したとされる「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」の名言を挙げる回答者が多く、人を大切にして信頼し合える関係を築いた点が高く評価され、部下を大切にしてくれそうとの声も多かったといいます。
 3位は北条氏康(267票)、4位は上杉謙信(238票)、5位は徳川家康(199票)と続いています。「部下を思いやる」というポイントを大切にした投票になり「今の世相をよく表している結果」とまとめています。

 部下にしたい戦国武将で1位になったのは竹中半兵衛(374票)。“今孔明”の異名を持ち、戦国時代を代表する天才軍師として知られるだけあり、多かった意見として「的確な助言で助けてくれそう」「正しい方向に導いてくれそう」など、自身の仕事をサポートしてくれそうだという意見が多く挙がったといいます。
 第2位は石田三成 (314票)。「関ヶ原の戦い」にて総大将として西軍を率いたほか、忠誠心と能力の高さを買われて多くの支持を集めたといいます。3位は「伊達の双璧」と呼ばれた片倉小十郎(223票)が入っています。
 総じて軍師として活躍した武将や所属大名に忠義を尽くした武将が支持を受ける形となり、能力もさることながら「忠義」に重きを置いて投票されたユーザーが多く、上司にしたいランキング同様に「どれだけ自分に気を置いてくれるのか」が色濃く出たランキングであり「現代のビジネスシーンで問われているものが浮き彫りになった結果」とまとめています。

 なるほどと思われる武将達ですね。しかし豊臣秀吉がどちらの上位にも顔が出ていないのが気になります。調子が良すぎる感じが敬遠されるのでしょうか。
 織田信長が上司ですか。う~ん、どうなんでしょう。怖いなあ。
元記事:C-Net



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

公務員も定年延長か

Posted by aishinkakura on 19.2017 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
公務員定年延長 政府は、国と地方あわせて約330万人に上る公務員の定年について、現在の60歳から65歳に段階的に延長する方向で検討に入っています。少子高齢化で労働力人口が減る中、働ける人材を確保するとともに、年金支給年齢の引き上げに対応する狙いです。また、女性職員の要望が強い結婚前の旧姓使用を行政文書全体に広げることも決めました。
 定年延長はすでに民間企業では始まっていますが、公務員の定年延長がその動きを後押ししそうです。菅義偉官房長官は9月1日の記者会見で「少子高齢化が進行する中、高齢者の就業促進は今後の社会のあり方を考えるうえで極めて重要」と強調しました。
 15~64歳の生産年齢人口は2015年の7708万人から40年に5787万人に減る見通し。政府は6月に閣議決定した骨太の方針に公務員の定年延長を盛り込み、省庁横断の会議で具体策の検討に着手していました。
 国家公務員(約58万人)の定年を65歳まで延長するための国家公務員法改正案を早ければ来年の国会に提出、19年度からの施行をめざします。地方公務員(約274万人)の定年は自治体の条例で規定されますが、国の制度に準じているのが現状です。
 今まで60歳がゴールだと信じて走ってきたマラソンランナーがゴール真近でゴールテープがいきなり遠くへいってしまったらどんな気持ちなのでしょう。私の頃も雇用延長制度がありました。私の会社は私がその制度をつくって適用第1号でした。退職はその人の自由で会社が必要という場合は話し合いの上条件がととのえば2年延長できるというものでした。法律にあわせていますので順次年数が伸びて今は5年になっていると思います。更に定年年齢自体も変えているはずです。
 公務員の対応については遅すぎますね。人数が人数なのですから影響力が大きいです。せめて5年前に決めておくべきでした。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

iPhoneをポラロイドカメラ風に

Posted by aishinkakura on 18.2017 パソコン関係 4 comments 0 trackback
print poket バリュートレードは、iPhoneのLightning端子に直結して、撮影した写真をすぐに印刷できる小型プリンター「PRYNT POCKET」の販売を開始しました。価格は1万9880円(税抜、以下同)。家電量販店やAmazon.co.jpなどで販売されています。ペーパーカートリッジは「ZINK Sticker Paper」で、10枚パック×4セット(40枚)で2630円です。
 「PRYNT POCKET」は、米PRYNT社が開発したiPhone用の小型写真プリンターです。iPhoneのLightning端子に直結するスタイルで、接続したままでも写真を撮影できるようになっています。「PRYNT」アプリでは、写真の撮影と印刷に加えて、すでに端末に保存してある写真の加工や印刷も可能。プリントにかかる時間は1枚で約20秒とのことです。
 電源は内蔵のリチウムイオンバッテリーで、フル充電で20枚分の印刷が可能。大きさは約115×80×50mmで、重さは約210g。ボディカラーはクールグレー、グラファイト、ミント、ラベンダーの4色がラインナップされています。
 昔ですがいっときポラロイドカメラがブームになったことがありましたね。写真の解像度は低かったのですがその場で写真が出来るので便利でした。私も2台使った経験があります。フィルムはもっと高かったように覚えています。
元記事:ケータイWatch



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME