今度はSuicaだそうです

Posted by aishinkakura on 30.2017 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
メルカリ 現行紙幣や硬貨の取引を禁止したフリーマーケットアプリ「メルカリ」に、今度は現金をチャージした「交通系ICカード」の出品が相次いでいるそうです。規制の「抜け穴」を狙った出品だとみられ、すでに売買が成立しているケースも出ているとのことです。
 「メルカリ」で現行の紙幣が額面以上の値段で出品されていることがインターネット上で話題になったのは17年4月22日ごろ。実際、1万円札1枚が「1万1900円」で落札された例もありました。
  現金の出品についてネット上では、クレジットカードのショッピング枠の現金化をめぐるトラブルになったり、不正に得たお金を取引を通じて正当に得たお金と見せかける「マネーロンダリング」(資金洗浄)に利用されたりするのではないか、などと問題視する意見が相次いでいました。
 こうした動きを受け、メルカリ側は4月22日付で現行の紙幣や硬貨の出品を禁止する措置を取りました。 しかし、メルカリ側が現金の取引を禁止した実施した直後から、その「抜け穴」を狙ったとみられる出品が相次ぐようになりました。それは、現金をチャージした交通系ICカードの出品です。
 すでに売買が成立したケースもあり、ポイント1000円分のものが「1400円」で落札されたり、5000円分のものが「6328円」で落札されたりしています。中には、1万円以上の現金をチャージしたICカードを出品するユーザーも出ています。「Suicaに入金されたポイントは、みどりの窓口で手数料として220円を払うと現金での払い戻しが可能だそうです。
 現金の売買のときも記事にしましたが、なぜ手元に現金がないのでしょうか。それを入手するために損をして購入するのですから世の中狂っているとしか思えません。
元記事:J-Castニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

あの元名物社長がJ-2社長に

Posted by aishinkakura on 29.2017 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
V長崎 サッカーJ2のV・ファーレン長崎の新社長に、通販大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の創業者、高田明氏(68)が就く見通しであることが4月22日、関係者への取材でわかりました。
 V長崎は25日の定時株主総会で、明氏やジャパネットの高田旭人(あきと)社長ら3人を取締役に選ぶ議案を提案。その後の取締役会で明氏が社長に選ばれます。V長崎の現会長と社長は退きます。
 V長崎は2016年決算(16年2月~17年1月)が設立以来最大の約1億2千万円の赤字見通し。累積赤字が約3億円の見込みとなる経営難の状態でしたが、先月、筆頭株主のジャパネットHDが支援を表明。完全子会社化の意向を示し、V長崎も受け入れていました。
 この人の独特な甲高い声がテレビから消えて久しかったのですがまた帰ってくるのですね。しかし監督ではなく社長ですからテレビに映ることはめったにないでしょう。田舎の電気店を全国企業にした経営手腕を発揮してもらいたいところです。経営基盤がしっかりすればチームも強くなります。そしてJ-1にあがってもらいたいです。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

和に関する過剰意識

Posted by aishinkakura on 28.2017 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
アンパンマン 古い話題ですが2018年度から使われる小学校1年の道徳の教科書で、教材として登場する「パン屋」が「和菓子屋」に差し替えられたことがありましたね。文部科学省の検定で教科書に「物言い」が付き、出版社が修正したためです。同省は「伝統文化の尊重や郷土愛などに関する点が足りなかった」と説明されました。
パンは伝統文化ではないのでしょうか――。
 「こんな失礼な話はない」。全国約1500のパン製造業者が加盟する全日本パン協同組合連合会(東京)の西川隆雄会長は憤っています。加盟社の多くは学校給食のパンを製造しています。「赤字が出ても『子どもたちの給食は守らないと』と頑張っている経営者もいます。その学校の教科書でなぜこんな扱いをされるのか」。連合会は近く文科省に抗議する予定だそうです。
 今回の検定では、東京書籍の教科書の「にちようびのさんぽみち」という教材で、パン屋のイラストや記述が、和菓子のイラストや和菓子屋に関する記述に変わりました。
 とんでもない話ですね。あんパンやクリームパン、カレーパンなど、具を包むタイプは「日本独特のパン」です。日本のパンは水分が多くもちもち感があり、本来の世界標準のパンとは違うものになっています。和にこだわるのであればその辺の事情を書けばいいのではないかと思います。教科書問題では他にアスレチックの遊具で遊ぶ公園を和楽器屋としたそうです。和楽器屋なんて一般的にどこにでもある訳ではありませんよね。
 中途半端に和のテイストを求めるのは戦前戦中の敵性言語を思い出します。野球でもストライクを「いい球」ボールを「悪い球」といったようにこっけいです。そこまで和に徹したいのであれば和服にちょんまげにすればいいと思います。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

何で5万円を5万9500円で買うの?

Posted by aishinkakura on 27.2017 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
メルカリ スマートフォンでフリーマーケットのように売買ができるアプリ「メルカリ」で、現金の出品が原則禁止となりました。
「メルカリ」では最近、現金5万円を5万9500円で販売するなど、現行の紙幣や硬貨を実際の価格を上回る値段で販売しようとする出品が相次ぎ、売買が成立する例も多くみられました。
 クレジットカードを使って購入すれば、手元に現金がなくても、お金を調達できることから、クレジットカードの協会が懸念を示していたほか、インターネット上では「マネーロンダリングではないか」といった指摘もあがっていました。これを受けて、「メルカリ」は4月22日から記念硬貨などを除いて現行の紙幣や硬貨の出品を禁止とし、「監視を強化していく」としています。
 以上のニュースがあったのですが最初訳が判りませんでした。どう考えても5万円を5万9500円で買うのは9500円の損でしょう。理由はクレジットカードからの現金生成術なのですね。どうしても現金が必要で手元にないときは使えるのかもしれませんがクセになったらクレジットカード破産に繋がりそうで怖いと思います。どう考えても健全ではありませんよね。
元記事:TBSニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

固定電話がインターネット回線使用に

Posted by aishinkakura on 26.2017 INTERNET 関係 0 comments 0 trackback
固定電話のインターネット回線化 総務省の有識者会議は3月24日、固定電話の通信網を2025年ごろ、インターネット技術を使った回線に置き換える方針を決めました。携帯電話の普及で利用者が減り、老朽化した交換機の維持が難しくなっているためだそうです。自宅と交換機の間は従来の回線を使うため、今の電話機はそのまま使えるとのことです。
 専用の交換機を使った電話網から、一般的なインターネット向けの機器を使った回線に切り替えるようになります。固定電話事業者間の競争を促すため、携帯電話と同様、ほかの会社に乗り換えても番号を変えずに済む「番号ポータビリティー」の仕組みも導入する予定だそうです。
 変われば変わったものですね。一昔前は逆でした。電話回線にモデムをつないでインターネットを利用していました。ピーピーツーツーガーガー、ビヨンビヨンという接続時の音が懐かしいです。今でもADSLはありますが流石にモデムを使っている人はいないでしょうね。速い回線に慣れてしまいましたので今、昔の遅い回線を使ったらストレスがたまりそうです。
元記事:TBSニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME