サムソンスマートウォッチ特許

Posted by aishinkakura on 16.2017 パソコン関係 0 comments 0 trackback
サムスン特許 Samsungは、今まで得意の曲面ディスプレイ技術をいかし、側面まで画面で覆ったスマートフォン「Galaxy S7 edge」などを手がけてきました。横の部分は、簡単な情報を表示したり、正面と異なる操作方法を提供したりして、さまざまに活用できる仕組みです。
 同じ技術をスマートウォッチにも応用しようとしたのか、Samsung 傘下のSamsung Displayは、スマートウォッチの側面をディスプレイにする技術を考案。この技術を米国特許商標庁へ出願したところ、米国時間3月23日に「DISPLAY DEVICE AND SMART WATCH」(公開特許番号「US 2017/0082982 A1」)として公開されました。出願日は2016年3月17日となっています。
 この特許は、正面に向いたディスプレイを備えるデバイスの側面に、カーブさせた第2のディスプレイを搭載し、各種情報を表示可能にする技術を説明したもの。実施例では、丸形フェイスのスマートウォッチ側面に、文字やアイコンを表示するディスプレイのあるようすが示されています。
 なお、特許の権利がおよぶ範囲を規定するクレーム(請求項)では、ほとんどの部分で対象をスマートウォッチに限定していないそうです。25個あるクレームのうち、スマートウォッチへの言及があるのは、第24クレームと第25クレームのみ。ただし、バックグラウンド(背景)の部分には、ディスプレイデバイスおよびスマートウォッチに関する技術と明記されているようです。
 これなら実用的でApple Watchとも十分戦えそうです。しかし腕時計は夏場の汗が問題になります。その問題をどのようにクリアーさせるかでしょうね。
元記事:C-Net Japan



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

iPhoneがMacBookに変身?

Posted by aishinkakura on 12.2017 パソコン関係 6 comments 0 trackback
 米特許商標局(USPTO)は3月23日(現地時間)、米Appleが2016年9月20日に出願した“電子アクセサリ端末”の特許を公開しました。「携帯可能な薄いコンピューティング端末に内部コンポーネントを提供するシステムおよび方法の様々な実施形態」というものです。
 出願書類には、MacBookのようなコンピューティング端末のボトムケース(キーボード側)に、iPhoneのようなモバイル端末をはめ込む説明図が添えられています。
 このMacBookのようなアクセサリ端末は、CPUは“電子ホスト端末”(iPhoneやiPadとみられる)のものを使うので、ホスト端末をセットしなければ機能しません。ホスト端末はCPUだけでなく、Wi-FiやLTE、Bluetoothなどの接続機能も担います。トラックパッドの役割も果たすようです。アクセサリ端末側はGPUや追加のバッテリーなどを提供することになっているようです。
 これとは別に、トップケース(ディスプレイ側)にiPadのようなタブレットをはめ込むアクセサリ端末も考えられているようです。これならタッチ対応ディスプレイのMacBookが実現できそうです。
 Appleは多数の特許を出願していて、たとえ取得してもすべてを製品化に反映させるわけではありません。このアクセサリ端末のアイデアも製品化されるかどうかは解かっていません。しかし出来れば画期的です。私のMacBookは古くなってきていますのでそろそろ新しいのが欲しくなってきています。でもこのアクセサリーがあれば不要になります。
 ということはAppleはMacBookの売り上げを下げてしまいますね。発売にはならないでしょう。きっと他のメーカーに作らせないようにする特許なのでしょう。残念。
元記事:ITメディアニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

機械に騙されました

Posted by aishinkakura on 09.2017 パソコン関係 8 comments 0 trackback
バッファローHDD_ 私の部屋にはパソコンが4台ありますが常時使っているのはMacOSXとWindows10の2台です。そしてこの2台は接続ツールを使って1台の外付けハードディスク(以後HDD)でバックアップしています。HDDはLaCie製の2TBのものです。4年前くらいに購入したのですがこの間突然音がしだしたのです。ブーンという音なのですが気になります。鳴ったり鳴らなかったりしていました。大事なデータもありますので壊れたら一大事だと思い、新しいものを購入しました。今度はBUFFALO製の3TBのものです。価格は7750円でした。しかし安くなっていますね。バイト数で単純に割れば1TBで3000円しないのですからね。
 そして発注したとたんにHDDの音がしなくなりました。一体なんだったのか。どうもHDDに騙されたようです。(笑)仕方がないので新しく購入したBUFFALO製をMac専用として以前からあったLaCie製をWindows専用にしました。今まではFAT32という共通フォーマットにしていたのですがこれだとデータは共通で保存できますがMacとWindowsそれぞれのバックアップシステムを使うことが出来ませんでした。専用にすればそれぞれのフォーマットが出来ますのでバックアップが完全になります。急ぎませんので追々実行していきます。人を騙す機械なんて許せませんね。(笑)



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

プリンター命拾い

Posted by aishinkakura on 25.2017 パソコン関係 8 comments 0 trackback
 ハガキを印刷していました。皆様もやるのではないかと思うのですがA4の紙を1/4にしてテスト用紙にします。若干サイズが違うのですがこれでも印字テストには十分です。今回もこの方法でやっていたところプリンター内に巻き込んでしまって出て来ません。当然プリンターはエラー表示が出ています。取説では前面を開いて取り出すとか後面を開いて取り出すとか出ているのですが、そのどちらからも紙が見えていません。見えていませんので取ることが出来ません。
 さて困りました。困った時のインターネット検索で見てみたら裏技が出ていました。裏側を開いて中の部品を外し、隙間に写真プリント用のL版用紙を押し込みます。そして電源を入れます。すると見事にL版用紙が詰まっていた紙を押し出して一緒に前面から出てきてくれました。プリンターは修理に出すくらいなら買った方が安いので出費を覚悟したのですがセーフでした。私のプリンターはCanonですがこの方法は他のメーカーでも応用出来るのではないかと思います。どうしても紙が出てこないときにやってみる価値はあります。今回はハガキとか写真をセットする部分でしたのでA4用紙が詰まった場合ではありません。でもA4用紙の場合は紙が見えなくなるということはないと思います。




(後日談)
 助かったと思ったのですがインクが出たりでなかったりするようになってしまいました。いくらクリーニングしても直りません。これではいざという時に困りますので結局買い換えました。今度はEPSONです。EPSONを使うのは15年ぶりくらいです。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

650円のコンピュータ

Posted by aishinkakura on 13.2017 パソコン関係 4 comments 0 trackback
 ケイエスワイは2月21日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi Zero(ラズベリーパイ ゼロ)」の取り扱いを開始しました。希望小売価格は650円(税別)1人1点の限定販売となっているそうです。
 Raspberry Pi Zeroは、2015年11月27日に「Raspberry Pi Foundation」が発表したARMプロセッサ搭載のシングルボードコンピュータ。5ドルという低価格が特徴で、Raspberry Piシリーズへの入門モデルという位置づけから、既存モデルとは異なる供給マーケットや流通の関係上、一部の国での発売にとどまっていました。
 CPUは1GHzのシングルARMコアで、メモリは512MB。ストレージ用としてmicro SDスロットを搭載。インターフェースは、mini HDMI、On-The-Goに対応したmicro USBポート、給電用のmicro USBポート、40ピンのGPIOピンヘッダなどを搭載しています。
 日本国内では、Raspberry Piの本来のターゲットである教育分野、小中学生への浸透が英国などに比べ遅れているといいます。そこで、より低価格で扱いやすく、コンピュータテクノロジやプログラミングを体験できるモデルとして、国内販売を決定したといいます。
 プログラミングの勉強にはいいかも知れませんが通常の使い方をするためにはモニターやキーボード、ハードディスク、DVDドライブ、等々を買い揃えなければなりませんね。いくら650円でも一般の人には使えません。
元記事:C-NET Japan



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

故障が少ないパソコン

Posted by aishinkakura on 24.2017 パソコン関係 10 comments 0 trackback
 私は以前から日本製のパソコンが嫌いでした。故障が多く、余計なソフトが沢山詰め込まれていて価格が高いのがその理由です。確かに国産なら故障したときにサポートが受け易いという利点があるかもしれません。しかし、今はどうかわかりませんが1990年代は各メーカーともに電話はめったにつながりませんでした。これでサポートがあるというのでしょうか。詐欺に近いと思いました。当初はNECとかSONYとか富士通とかを使っていましたが故障が多くてうんざりしていました。同じ頃に使っていたマックは故障しません。そこで2000年代からはASUSとかeMachinesとかの台湾製を使うようになりました。国産より安くそして故障がありません。しかも簡単な構造で作られているので内部をあけてハードディスクとかメモリーとかの拡張がしやすいのです。人からパソコンを買いたいのだけど何がいいか?と聞かれたときに何でもいいけど国産だけは買わないように言っています。
 ある人が楽天リサーチを使って30000サンプルで壊れにくいパソコンという調査をしました。その結果は下図のようになっていますがやはり思った通りで国産はいい成績とはいえません。数字が大きいほど信頼度が高いという見方です。詳しく部品別に知りたい方はここのサイトを覗いてみて下さい。

壊れにくいPC




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

シャープ・ザウルス

Posted by aishinkakura on 21.2017 パソコン関係 6 comments 1 trackback
PI-4000.jpg 1993年から発売されたPDA(Personal Data Assistant)です。平たく言えば電子手帳です。私はこれを発売直後から使いはじめました。確か最初の機種はpi-3000と言いました。その後どんどん機種があたらしくなり、それとともにpi-8000まで買いつないでいきました。その後はカラー化されてパワーザウルスという名称になりました。モノクロ時代のCPUは大したことないものがついていたのですがモノクロで機能も少なかったのでキビキビと動いていました。カラーの時代に入ってからはすでにノキアなどからスマートフォンが出てきていましたのでザウルスを使うことはなくなりました。ザウルスは手書き入力が使えましたのでアナログの手帳から移行するにはちょうどいいものでした。そしてパソコンとの連携も少しはできましたので便利に使っていました。
 私はこれを秘書と呼んでいました。スケジュール管理もしてくれるしメモも活用できるし文句も言わないし優れた秘書だと思いました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

どんな時計でもスマートウオッチに

Posted by aishinkakura on 18.2017 パソコン関係 4 comments 0 trackback
ブルブル サンコーは、腕時計に取り付けて使うiOS対応の通知デバイス「ウォッチブル」を発売しました。価格は2980円(税込)アマゾンでも扱っていました。
 「ウォッチブル」は、iPhone/iPadへの着信や通知を、振動して知らせる小型デバイスです。本体の重さは約4gと軽量で、好みの腕時計のバンド部分に取り付けて使えます。iPhoneを忘れて出かけた場合など、iOSとのペアリングが途切れた場合も振動で知らせる機能を持っています。
 iOS10.1.1以降に対応し、Bluetooth 4.0で接続します。約2時間の充電で、約2週間利用できます。充電は専用USBケーブルで行います。なお、iOSのバージョンアップなどで通知の仕様が大幅に変更された際に、使用できなくなる場合があるとしているそうです。本体の大きさは約25×15×8.5mmで、重さは約4gとなっています。
 Apple Watchは多機能で出来ることが沢山ありますがその中のメール着信信号だけを切り取ったようなものですね。Apple Watchの機能は使わないものも多いのでそれだけでも役に立つかも知れません。しかし、ディスプレイ表示がないので誰からどのようなメールなのかというのがわかりませんね。約3千円ではそんなものかも知れません。昔流行ったポケベルのようでもありますね。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME