20代はスマホでネット

Posted by aishinkakura on 16.2017 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
 スマホ増加

 総務省が発表した2017年度版の「情報通信白書」で、スマートフォンを保有する世帯の数がパソコンを保有する世帯と並ぶことが明らかになりました。
「情報通信白書」では、スマートフォンを1台以上保有する世帯の数が、パソコンや固定電話を保有する世帯とほぼ同じ数まで急増したと指摘しています。また、若者のインターネットの利用について、20代がパソコンを使って利用する時間が30分であるのに対して、スマートフォンなどからの利用が2時間5分とモバイル端末などに依存している実態が見て取れます。
 一方、スマートフォンを使ったネットショッピングの消費額の割合は8%と、アメリカなどに比べて少なく経済活性化に向けた課題としています。これは解るような気がします。スマホではちゃんと商品を見ることが出来ません。大きな場面でハッキリと見てから買いたいですから。
元記事:TBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

メインビジュアルの変更

Posted by aishinkakura on 04.2017 INTERNET 関係 10 comments 0 trackback
 私はブログのテンプレートを5年前から一度も変えていません。しかしメインビジュアル(トップにある画像)はたまに変えています。といっても5回目か6回目くらいですが。
 今回は手持ちのエレキギターをアナログ写真で撮影してフィルムに光が入ってしまったようなイメージでやってみました。レトロ調にみえれば成功です。
 私は安物のギターしか持っていませんがいずれもコストパフォーマンスはいいギターだと思っています。下手くそなのにギターだけ高級だと恥ずかしいと思ってここまでやってきました。
 しかし、1本くらい高級なギターも欲しくなってきました。ルームアクセサリーとしてもいいですし、常時磨きをかけてピカピカにさせているのもいいのではないかと思います。何といっても車のように税金はかかりませんし、中古になっても車ほどは価格がさがりませんし。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

電子納税の簡素化

Posted by aishinkakura on 02.2017 INTERNET 関係 5 comments 0 trackback
イータ君 国税庁は2019年をめどにインターネットで電子申告・納税をしやすくするそうです。今の電子申告では本人確認のための読み取り機器やマイナンバーカードなどの電子証明書が必要ですが、今後は税務署でいちど本人確認すればIDとパスワードで認証できるようにするとのことです。海外に比べ普及が遅れる電子申告・納税を広げるためとしています。
 ご存知のように電子申告・納税はネットで個人や法人が確定申告をして、事前に登録した口座から納税する制度です。国内では15年度の所得税申告から導入されていますが、使いかってが悪いのかイマイチ普及が進んでいません。
 私は定年退職して自分で申告するようになりましたので初年度税務署に行き、並んで申告しました。なんと時間のかかるものなのだろうと思っていたらいたるところにe-Taxのポスターが貼られていました。そうなんだ。e-Taxなら税務署に行くこともないし並ばなくてもいいのだと思い、次回からカードリーダーを購入して住基カード(当時)を作って電子申告しました。初年度こそ要領が悪かったので1時間くらいかかりましたが次年度からは30分以内で出来ています。今年からカードがマイナンバーカードに変わってもカードリーダーは前のものが使えています。
 やはり電子データだと税務署も楽なのでしょうね。カードもカードリーダーも不要でIDとパスワードだけでどうやってセキュリティーを守れるか疑問ですが緩和するみたいです。自分達の都合の良いことはすぐにやるのが役所ですね。(笑)




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

サポートセンター誘導型詐欺ウイルス

Posted by aishinkakura on 16.2017 INTERNET 関係 4 comments 0 trackback
誘導ウイルス お使いのパソコンからウイルスを検出しました――。パソコンに突然、ウイルスの感染を知らせる画面が現れ、駆除を手伝うとうたってクレジットカード情報などをだまし取る詐欺の被害相談が警視庁に相次いでいます。
 同庁によると、パソコンの操作中に白い枠が画面上に現れ、「あなたのパソコンはブロックされました。当社に今すぐ電話ください」などと表示されます。そのままにしておくと、今度は「パスワードやパソコン内に保存している写真やクレジットカード情報が盗まれている」との警告画面が出て、「サポート窓口」などと称した電話番号も表示され、「連絡すると、解決することができる」と誘導してくるとのことです。
 サポート窓口と称した電話番号に連絡すると、今度は電話口で言葉巧みにクレジットカード情報を聞き取ったり、数万円分の電子マネーをだまし取ったりするといいます。
 今年1月から5月11日までに警視庁に寄せられた相談は101件にのぼるそうです。昨年1年間にあった同種の相談は約80件だったため、被害が拡大している恐れがあるといいます。「相談は氷山の一角だと思っている。だまされないよう気をつけてほしい」と呼びかけています。
 パソコンユーザー心理を悪用していますね。やはりウイルスは怖いですから常に神経質になっています。そこに感染しましたなどと言われるとあせってしまい、次にサポート窓口などがあらわれるとどうしても飛びついてしまいます。ウイルスなんてかかっても初期化再インストールするくらいの心構えでいないと危ないですね。
 この記事はここ数日話題になっている、ワナクライ(WannaCry=泣き出したい)とはまた別の話です。
元記事:朝日新聞デジタル


 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

固定電話がインターネット回線使用に

Posted by aishinkakura on 26.2017 INTERNET 関係 0 comments 0 trackback
固定電話のインターネット回線化 総務省の有識者会議は3月24日、固定電話の通信網を2025年ごろ、インターネット技術を使った回線に置き換える方針を決めました。携帯電話の普及で利用者が減り、老朽化した交換機の維持が難しくなっているためだそうです。自宅と交換機の間は従来の回線を使うため、今の電話機はそのまま使えるとのことです。
 専用の交換機を使った電話網から、一般的なインターネット向けの機器を使った回線に切り替えるようになります。固定電話事業者間の競争を促すため、携帯電話と同様、ほかの会社に乗り換えても番号を変えずに済む「番号ポータビリティー」の仕組みも導入する予定だそうです。
 変われば変わったものですね。一昔前は逆でした。電話回線にモデムをつないでインターネットを利用していました。ピーピーツーツーガーガー、ビヨンビヨンという接続時の音が懐かしいです。今でもADSLはありますが流石にモデムを使っている人はいないでしょうね。速い回線に慣れてしまいましたので今、昔の遅い回線を使ったらストレスがたまりそうです。
元記事:TBSニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

業務を装うコンピュータウイルス

Posted by aishinkakura on 05.2017 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
偽業務ウイルス

「ご確認」「お世話になります」とあたかも仕事関係の内容に見せかけた件名。受信者の心の油断につけいり、メールを開封させる手口です。現在警視庁が繰り返し注意を促しています。
  警視庁犯罪抑止対策本部は17年1月17日ごろから、公式ツイッターアカウントを通じ「ダイレクトメール発注」「写真ありがとうございます」といった件名のウイルスメールが広まっていると注意喚起しています。
 一連のツイートによると、メールには文書ファイルを装うウイルスが添付されており、文章が日本語になっていない、実在する国内の配送業者名が本文に登場する、などいくつかの特徴があるといいます。
 メールを開いて表示したところ、ウイルスバスターが真っ赤な警告文を表示してきたため、危ないと気づくそうです。
  一般財団法人「日本サイバー犯罪対策センター」の公式サイトによると、添付ファイルは写真や文書等を装ったマルウェア(ウイルスやトロイの木馬の総称)だといいます。同センターは1月19日、上記のメールに関し、8種類のパターンを公式サイトで紹介しています。 添付ファイルを開いてマルウェアに感染すると、金融機関の情報が盗み取られ、インターネットバンキングの不正送金などの被害に遭うおそれもあるといいます。
 ウイルスと言っても実害のないものもあるのですがこれはかなり危険ですね。皆様も用心して下さい。
元記事:J-castニュース





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

こんな地図が欲しかった

Posted by aishinkakura on 27.2017 INTERNET 関係 12 comments 0 trackback
デフォルト

 多くの人が「地図」と聞いて思い浮かべるであろうメルカトル図法による地図は、北極や南極に近づくほど実際よりも大きく表示されてしまうという特徴を持っているため、北極に近いグリーンランドなどの国は実際よりも何倍も大きく人々に認識されていることはよく知られています。そんな地図の欠点を解消し、各国の大きさを正確に比較することができるサイトが「The True Size Of ...」です。
 サイトを開くとGoogleマップを使用した地図が表示されます。よく見ると、アフリカ大陸の上には何やら3つの図形が表示されています。3つの図形は色分けされており、初期状態ではアメリカ合衆国(水色)、インド(黄色)、そして中国(オレンジ色)の国土がアフリカ大陸に重なった状態で表示されています。これはつまり、裏を返せば「アフリカ大陸の面積≒アメリカ合衆国+インド+中国」ということになるわけです。
 まずやってみたいのは日本ですよね。検索窓に「japan」と打ち込むと日本地図に色が付きます。これをドラックしてヨーロッパにもっていくと意外と大きな国なんだということが解ります。メルカトル図法で最大の誤差が出ているというグリーンランド(green land)を選択して赤道付近にもっていってみて下さい。意外と小さいです。つまりカナダやロシアも思ったよりも小さいということですね。これは結構遊べます。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

CSSの遊び

Posted by aishinkakura on 10.2016 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
久しぶりにCSSを使った遊びをやってみます。文字を震わせるというアクションですが下記のような感じです。

      
文字を震わせる


やり方はまずCSSのリンクをHTMLのHEAD内に書き込みます。

cssリンク記述


次にBODY内の書きたいところに以下を書きます。

html記述

面白い効果なのですが使いところが解かりません。(笑)






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME