まだサポートしていたの?

Posted by aishinkakura on 09.2017 INTERNET 関係 8 comments 0 trackback
win_xp.jpg Mozillaが「Windows XP」と「Windows Vista」のサポートをついに廃止し、これらの旧OSをサポートする最後のブラウザの提供を終了しようとしているとのことです。
 2017年に入ってリリースされた「Firefox 52」が、XPとVistaを完全にサポートする最後のバージョンでした。Mozillaは3月、それらのOSのユーザーを延長サポート版(ESR)のFirefoxに移行させました。ESRでは、セキュリティアップデートのみが提供されます。
 Mozillaによると、XPおよびVista向けFirefoxは2018年6月に「終焉」を迎えるといいます。
 MozillaはそれまでXPおよびVista向けFirefoxにパッチを提供し続けますが、セキュリティ上の理由から、ユーザーにサポート対象の「Windows」への移行を強く勧めています。
 microsoftがとっくにサポートを打ち切っているのにFirefoxはまだ面倒を見ているのですね。こんなことをしているからいつまでもサポート切れの危ないPCがいまだに残っているのでしょう。早く終了させるべきでしょう。
元記事:japan C-net



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

iPhoneのウイルス

Posted by aishinkakura on 29.2017 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
 iPhone/iPadのホーム画面に大量の消せないアイコンを表示する通称「YJSNPI(ヤジュウセンパイ)ウイルス」がインターネットを通じて拡散されているそうです。トレンドマイクロは公式ブログにて「YJSNPIウイルス」の仕組みを解説しています。
 この「YJSNPIウイルス」をインストールすると、人の顔のアイコンが大量にホーム画面に並び、場合によってはホーム画面が強制終了してしまいます。しかもこのアイコンは通常のアプリと違い、ホーム画面から削除することができません。
  「YJSNPIウイルス」は、別のランサムウェアを作成した容疑で6月に逮捕された少年が作成したとされています。「iXintpwn(アイシントポウン)」とも呼ばれており、トレンドマイクロのセキュリティアプリでは「TROJ_YJSNPI.A」として検出されるようです。iOS端末にかけられた制限を解除するJailbreak(脱獄)アプリに見せかけて、YouTubeやTwitterなど通じて配布されています。
 この「YJSNPIウイルス」は、「構成プロファイル」という、iOS公式の機能を悪用したものだそうです。構成プロファイルは、企業が従業員に配布するiPhoneの設定を一括で変更する際などに活用される機能。設定ファイルの形で配布され、iPhoneにインストールすると自動で設定が行われるという仕組みです。
 通常、iPhone上から構成プロファイルを削除すればアイコンは消え、元の状態に戻ります。しかし、「YJSNPIウイルス」はiPhone上からの削除ができないように設定されています。これを削除するためにはMacに接続し、Appleの純正ソフトウェア「Apple Configurator 2」から削除する方法があります。なお、「Apple Configurator 2」にはWindows版は用意されていません。
 Macを持っていなかったり、「Apple Configurator 2」に「YJSNPIウイルス」が認識されない場合でも、iPhoneを初期化すれば、「YJSNPIウイルス」と共にアイコンを消し去ることができるとのことです。
 構成プロファイルをインストールする際は、iPhone上に確認画面が表示されます。この画面では、署名が付与された(身元が明らかな)構成プロファイルなら「検証済み」と表示されます。確認画面で「未署名」と表示されるような構成プロファイルには、特に注意して、安易に「インストール」のボタンを押さないようにして下さいと言われています。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

YouTubeからのダウンロード

Posted by aishinkakura on 16.2017 INTERNET 関係 8 comments 0 trackback
Offliberty
offliberty.jpg

 皆様はYouTubeから動画をダウンロードする場合どのようにやっておられるでしょうか。方法は色々あると思います。私はOfflibertyというサイトを使っていました。ところが最近いつもビジーになっていてつかえないのです。人気が高くて皆が使っているからでしょうか。

Online Video Converter
online video converter

 そういうことで変わりになるものはないかと探していたのですがOnline Video Converterというところを見つけました。Offliberty同様に動画をそのままmp4であるいは音声だけにしてmp3でダウンロードできます。音楽サイトで曲をダウンロードすればそれは有料ですがYouTubeの場合は無料なので助かります。特に1950年代などの古い曲は不思議とYouTubeにアップされているので嬉しいです。
Offlibertyは英語表記ですがOnline Video Converteは日本語です。この点から言っても使いやすいです。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

「Googleドライブ」アプリ、12月11日にサポート終了へ

Posted by aishinkakura on 12.2017 INTERNET 関係 4 comments 0 trackback
グーグルバックアップとシンク 米Googleは9月7日(現地時間)、MacおよびWindows向けの「Googleドライブ」アプリのサポートを12月11日に終了し、サービスそのものを2018年3月12日にシャットダウンすると発表しました。7月に公開した「バックアップと同期」への移行を勧めているということです。
 あらら、大変だ7月の話も聞いていませんでした。Googleドライブが使えなくなってしまうのか?
 Googleによるとバックアップと同期は、「Googleドライブ」アプリと「Googleフォトアップローダ」を統合したもの。新たにダウンロード、インストールする必要があるとのことです。Googleのページからダウンロードできました。
 早速3台(win7、win10、Mac)にBackup and Sync というソフトをダウンロード、インストールしてみました。そうしたところ以前のGoogleドライブはそのままでした。違うところは入り口だけのようです。バックアップと同期から入るようになりますがGoogleドライブの機能としては何も変わらないようです。とりあえず安心しました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

20代はスマホでネット

Posted by aishinkakura on 16.2017 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
 スマホ増加

 総務省が発表した2017年度版の「情報通信白書」で、スマートフォンを保有する世帯の数がパソコンを保有する世帯と並ぶことが明らかになりました。
「情報通信白書」では、スマートフォンを1台以上保有する世帯の数が、パソコンや固定電話を保有する世帯とほぼ同じ数まで急増したと指摘しています。また、若者のインターネットの利用について、20代がパソコンを使って利用する時間が30分であるのに対して、スマートフォンなどからの利用が2時間5分とモバイル端末などに依存している実態が見て取れます。
 一方、スマートフォンを使ったネットショッピングの消費額の割合は8%と、アメリカなどに比べて少なく経済活性化に向けた課題としています。これは解るような気がします。スマホではちゃんと商品を見ることが出来ません。大きな場面でハッキリと見てから買いたいですから。
元記事:TBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

メインビジュアルの変更

Posted by aishinkakura on 04.2017 INTERNET 関係 10 comments 0 trackback
 私はブログのテンプレートを5年前から一度も変えていません。しかしメインビジュアル(トップにある画像)はたまに変えています。といっても5回目か6回目くらいですが。
 今回は手持ちのエレキギターをアナログ写真で撮影してフィルムに光が入ってしまったようなイメージでやってみました。レトロ調にみえれば成功です。
 私は安物のギターしか持っていませんがいずれもコストパフォーマンスはいいギターだと思っています。下手くそなのにギターだけ高級だと恥ずかしいと思ってここまでやってきました。
 しかし、1本くらい高級なギターも欲しくなってきました。ルームアクセサリーとしてもいいですし、常時磨きをかけてピカピカにさせているのもいいのではないかと思います。何といっても車のように税金はかかりませんし、中古になっても車ほどは価格がさがりませんし。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

電子納税の簡素化

Posted by aishinkakura on 02.2017 INTERNET 関係 5 comments 0 trackback
イータ君 国税庁は2019年をめどにインターネットで電子申告・納税をしやすくするそうです。今の電子申告では本人確認のための読み取り機器やマイナンバーカードなどの電子証明書が必要ですが、今後は税務署でいちど本人確認すればIDとパスワードで認証できるようにするとのことです。海外に比べ普及が遅れる電子申告・納税を広げるためとしています。
 ご存知のように電子申告・納税はネットで個人や法人が確定申告をして、事前に登録した口座から納税する制度です。国内では15年度の所得税申告から導入されていますが、使いかってが悪いのかイマイチ普及が進んでいません。
 私は定年退職して自分で申告するようになりましたので初年度税務署に行き、並んで申告しました。なんと時間のかかるものなのだろうと思っていたらいたるところにe-Taxのポスターが貼られていました。そうなんだ。e-Taxなら税務署に行くこともないし並ばなくてもいいのだと思い、次回からカードリーダーを購入して住基カード(当時)を作って電子申告しました。初年度こそ要領が悪かったので1時間くらいかかりましたが次年度からは30分以内で出来ています。今年からカードがマイナンバーカードに変わってもカードリーダーは前のものが使えています。
 やはり電子データだと税務署も楽なのでしょうね。カードもカードリーダーも不要でIDとパスワードだけでどうやってセキュリティーを守れるか疑問ですが緩和するみたいです。自分達の都合の良いことはすぐにやるのが役所ですね。(笑)




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

サポートセンター誘導型詐欺ウイルス

Posted by aishinkakura on 16.2017 INTERNET 関係 4 comments 0 trackback
誘導ウイルス お使いのパソコンからウイルスを検出しました――。パソコンに突然、ウイルスの感染を知らせる画面が現れ、駆除を手伝うとうたってクレジットカード情報などをだまし取る詐欺の被害相談が警視庁に相次いでいます。
 同庁によると、パソコンの操作中に白い枠が画面上に現れ、「あなたのパソコンはブロックされました。当社に今すぐ電話ください」などと表示されます。そのままにしておくと、今度は「パスワードやパソコン内に保存している写真やクレジットカード情報が盗まれている」との警告画面が出て、「サポート窓口」などと称した電話番号も表示され、「連絡すると、解決することができる」と誘導してくるとのことです。
 サポート窓口と称した電話番号に連絡すると、今度は電話口で言葉巧みにクレジットカード情報を聞き取ったり、数万円分の電子マネーをだまし取ったりするといいます。
 今年1月から5月11日までに警視庁に寄せられた相談は101件にのぼるそうです。昨年1年間にあった同種の相談は約80件だったため、被害が拡大している恐れがあるといいます。「相談は氷山の一角だと思っている。だまされないよう気をつけてほしい」と呼びかけています。
 パソコンユーザー心理を悪用していますね。やはりウイルスは怖いですから常に神経質になっています。そこに感染しましたなどと言われるとあせってしまい、次にサポート窓口などがあらわれるとどうしても飛びついてしまいます。ウイルスなんてかかっても初期化再インストールするくらいの心構えでいないと危ないですね。
 この記事はここ数日話題になっている、ワナクライ(WannaCry=泣き出したい)とはまた別の話です。
元記事:朝日新聞デジタル


 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME