Slaughter On 10th Avenue(the Ventures)

Posted by aishinkakura on 01.2017 ギター関係 22 comments 0 trackback


 久々にインストルメンタル曲でベンチャーズで流行った曲です。10番街の殺人というたいそうな曲名がついていますが、元々はRichard Rodgersによるミュージカル"On Your Toes"の中に出てくる曲です。
 男のあるダンサーが別の女性のダンサーに恋をして、女性の方が恋人に殺され、ダンサーがその恋人を殺す、というようなストーリーで、もともとはこのシーンでの挿入歌でした。
 日本人ギタリストのCharもこの曲が好きだそうです。エレキギターのインストルメント曲だと高音部を使ったキンキンしたものが多いのですがこの曲は低音部のフレーズに特徴があります。そして短い曲なのに転調が2回もあります。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ギターのデジタルチューナーを購入

Posted by aishinkakura on 22.2017 ギター関係 6 comments 0 trackback
ギターチューナー 4月18日の記事「古典的ギターチューニング」でギターのチューニングは昔ながらの音叉を使っていると書いたのですがネットでギターを公開している人のギターのヘッドにつけてあるものが最近のチューナーではないかと思い、どんなものか調べてアマゾンで999円+配送費360円の合計1359円で購入しました。色々と機能が多いものもあったのですが単機能で小さいものが使いやすいでのはないかと思ってこれにしました。
 使ってみた感想ですが、実に簡単です。もっと早くデジタル式のチューナーを買えば良かったと反省しています。同じ機能がアンプシュミレーターのガレージバンドにもあるのですがこの商品はチューナーに特化しているだけのことはあります。普段はメーターがオレンジ色なのですがピッタリ合うと緑色になります。視覚的にもみやすいです。
 チューナーをギターに付けっぱなしにして弾いている人を見かけますが、それは恰好悪いです。やはり演奏するときは外しましょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Black Dog(Led Zeppelin)

Posted by aishinkakura on 01.2017 ギター関係 20 comments 0 trackback


 7月は大好きなレッド・ツェッペリンです。曲名はブラック・ドック。レコーディング当時のスタジオがあったヘッドリィ・グランジの周囲をうろついていた(黒色のゴールデン・リトリバー)野良犬に由来するそうです。ただし、その犬と歌詞とはまったく関係がありません。歌詞の内容は、女性の愛や欲望について露骨な表現で語っているそうですが残念ながら私には解かりません。ライブ版ではボーカルのロバート・プラントと観客の掛け合いがステージを盛り上げるファクターとなっています。いつものようにソロの部分は速くて指が動きませんので適当にごまかしております。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

二胡に関する笑い話

Posted by aishinkakura on 24.2017 ギター関係 6 comments 0 trackback
二胡 私は弾けないのに二胡を持っています。なぜ持っているのかというお話です。
 話は15年くらい前に遡ります。当時は仕事で海外出張が多かったのです。とりわけ中国に多く行きました。食品工場とか農場関係ですから都会ではなく田舎です。あるとき突然家内からリクエストがあり二胡をお土産に買ってきてくれというのです。かさばるから嫌だったのですが、それまでお土産もろくすっぽ買ってきていなかったので罪滅ぼしと思い引き受けました。
 引き受けたのはいいのですが行っているところは田舎です。そんなものは売っていません。同行しているメーカーの現地スタッフに無理をいって通過する大きな街(多分杭州)で少し時間をもらい、そのスタッフに案内してもらって楽器屋に行って二胡を購入しました。ハッキリ覚えていませんが日本円で1万円くらいだったと思います。荷物になりましたがスーツケースと二胡を持ってその後の日程を回りました。
 そして帰国の時ですが成田に着いて税関のチェックがあり、担当者からそのケースは何ですかと質問を受けました。二胡ですよと回答したのですが、ダメです。国内持ち込み出来ませんと言われてしまいました。知らなかったのですが二胡に貼ってある革はニシキヘビの皮でワシントン条約で禁止されているものだとのことでした。
 せっかく苦労して購入して苦労して持ち運んできたのにそれは無いと必死に担当者にお願いしました。そうしたら許可してくれたのです。個人利用ならいいのか必死さが伝わった今でもわかりません。
 そんなこんなで苦労して家に持ち帰りました。そして家内に渡したところ、はじめは喜んでいたのですが、いきなり要らないと言ってきました。ニシキヘビの革が気持ち悪いとのことです。今までの苦労は何だったのかと思い力が抜けてしまいました。(大笑)
 でも後から考えたら日本国内でも二胡は売っていますよね。ワシントン条約はどうなっているのでしょうか?
 カテゴリーをどこにしようかと迷ったのですが一応弦楽器なのでギター関係にしておきました。(笑)




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Strenge Brew(Cream)

Posted by aishinkakura on 01.2017 ギター関係 20 comments 0 trackback


  クリームというとクロスロード、ホワイトルーム、サンシャインラブなどのオリジナル曲が有名ですがアルバムの中にはブルースのカバー曲も沢山入っています。今回はそのなかからストレンジブルーという曲を演奏してみました。この曲を初めて聴いたのはクリームではなくゴールデン・カップスという日本のバンドでした。彼らは日本で最初の本格的リズム&ブルースのバンドでした。クリームのなかでもエリック・クラプトンは泥臭いブルースが好きでクリームを解散したのも音楽性の違いからと聞いています。解散後はレゲエ調になったりアコギが主体になったりスタイルを変えていますがクラプトンはやはりクリーム時代が最高と思っている人が多いようです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Gimmie Shelter(the Rolling Stones)

Posted by aishinkakura on 01.2017 ギター関係 16 comments 0 trackback


 先月に続いてローリング・ストーンズの曲です。ギミー・シェルターは1969年のアルバム「レット・イット・ブリード」に収録されている曲で内容はわからなかったのですがどうもベトナム戦争の反戦歌のようです。このビデオでは映っていませんが女性ボーカル部分はメリー・クレイトンが担当しています。コンサートでは大物の黒人女性シンガーをゲストで登場させてミックとのデュットとなるのが常です。私はティナ・ターナー版が大好きです。向かって右のギターはオープンEで左はレギュラーチューニングとしております。ストーンズを弾く場合はどうしてもオープンチューニングをしている方がムードがでますしコードを押さえるのも楽です。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

VOXヘッドホンアンプ

Posted by aishinkakura on 24.2017 ギター関係 4 comments 0 trackback
vox.jpg 私はギターアンプを持っていません。パソコンに繋いでアンプシュミレーターを使っていますので無くても特に不自由はしていません。2年ほど前までは小型のフェンダー製のアンプを持っていましたが壊れて廃棄してしまいました。その他にはヘッドホンアンプというものを持っています。先日思い出したように取り出してきてギターに繋いでみました。音が出ることは出るのですがガリ音がひどくてとても使えたものではありません。



分解 
 
 こういうガリはボリューム等の回転部分に問題があることが殆どなので分解してみました。分解したところあまりに小さいのでその部分だけ接点復帰剤を吹きかけることは出来ないと感じました。多分全体に吹きかかってしまうでしょう。代替案としてスプレーのエアーブロアーを吹きかけてみました。これはかなり強力なほこりの吹き飛ばし効果が期待出来ます。



ブロアー 

 そして組直して音を出したところ見事にガリが解消しました。全く無いということではありませんが十分に使えるレベルです。このヘッドフォンアンプは外付けのミニスピーカーも使えますので家の中で弾くぶんには十分な音量です。適度にディストーションも効きますので気持ちよく練習が出来ます。






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

古典的ギターチューニング

Posted by aishinkakura on 18.2017 ギター関係 6 comments 0 trackback
音叉_ 最近はなにもかも便利になっていますね。ギターのチューニングも電子的なものが主流になってきているようです。セットして弦を弾くと針またはデジタル文字が動いて音の高さを教えてくれます。
 私はというと昔教わった方法を踏襲しています。440Hzの音叉を使います。この音を基準にして5弦の5フレット目のハーモニックス音を合わせるのです。そしてその5弦に他の弦を合わせていきます。原始的な感じもしますが慣れていますので問題はありません。音叉1本あればいいのですから持ち運びにもいいです。
 困るのはオープンチューニングです。ローリング・ストーンズの曲を弾くことが多いのですがキース・リチャーズはオープンGとかオープンEのチューニングが多いのです。この場合は音叉での方法がわかりませんのでパソコンに音をアップしてくれているサイトを利用させてもらっています。

ギターのチューニング





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME