免職はごく当たり前のこと

Posted by aishinkakura on 21.2015 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
大阪市役所 かなり前のことですが予約投稿したままになっていましたのでご勘弁を。
 大阪市は9月30日、2年連続で最低ランクの人事評価を受けた男性職員2人を分限免職、女性職員1人を降任(降格)処分にしました。橋下徹市長が代表を務める大阪維新の会が主導し、2012年に成立した職員基本条例の規定を初適用したかたちです。分限免職は民間企業の解雇にあたる厳しい処分ですが、処分せざるを得ない状況だったといいます。
 よほど重大な犯罪で有罪が確定しない限り、クビにはならないというのが世間一般が抱く公務員のイメージです。部署転換が気に入らなかった職員が前の部署のデスクに座り続けていても何のおとがめもなかったとか、バンドの追っかけをしていて部署が繁忙期にもかかわらず堂々と連休をとっていたとかいくらでも怠慢ととれる行為がまかり通っているという話もあります。まあ一部の職員でしょうけど。
 大阪市で免職となったのは、都市整備局の技術職員(43)と港湾局の事務職員(33)。降任は同局の事務職員(46)。ミスを繰り返す、作業能率が低い、時間を守らない、などの理由でいずれも13、14年度の評価が最低ランクだったそうです。市としては配置転換をしたり、3カ月間の適正化指導をしたり外部講師による研修をしたり、キチンと仕事が出来るように最大の努力はしたそうです。それでも単純なミスを繰り返したり、基本である「ほうれんそう」が出来なかったりで明らかに仕事に対する能力がないとみなした結果だそうです。橋元市長も税金を無駄な職員の給料には回したくないとして決定したそうです。
 この件について賛否両論がありましたが概して英断だという意見が多かったそうです。でも英断でも何でもないですよね。ごく当たり前のことだと思います。それにしても公務員試験を受けて入所してきていると思うのですがその試験のあり方にも問題があるのではないでしょうか。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

英断でもなんでもない。もっと前に即断すべきでした。
こんな態度でもクビにならなかったとは。
本人より、クビにしなかったほうが悪い。呆れ果てます。
公務員試験というのは頭のテストでしょう。
心とモラルの実地テストも必須のような気がします。
しかし世の中には、いつもサボろうサボろうとし、
そうするのが賢いことだと思っている人がいますね。
2015.10.21 07:24 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私もそう思います。本人もさることながら使用する側の問題の
方が大きいと思います。民間ならとっくにクビですね。
世の中には燃え尽き症候群というものがあるらしいです。
東大に入ったら目標を達成したので後はどうでもいいとか
一流会社に入ったらその後は惰性で行くだけとか。
周りの人はいい迷惑です。

愛新覚羅
2015.10.21 07:45 | URL | aishinkakura #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.21 13:55 | | # [edit]
かしこまりました。
ブックマークを変更しました。

愛新覚羅


> お世話になってます!
> この度、都合により以下を変更致しました
> ブログ名   自転車散歩デジ日記
> URL    http://nishijin68.blog.fc2.com/
> 以上宜しくお願い致します!
2015.10.21 14:07 | URL | aishinkakura #- [edit]
本当にそうですよね。
民間ならとうにですね。
一度職員になってしまえば、よほどのことじゃない限り安泰なんて思ってるのでしょうかね~。

娘の職場も聞いていて呆れるとがありますよ。
あまり声を大にして言えませんが。
娘も呆れるくらい。
そういう人がまた給料が高いですよね~。
2015.10.21 18:58 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

お嬢様のところは民営化になって久しいのではなかったのでは?
人は変わっていませんからまだ役所のつもりでいる人もいる
のでしょうね。
民間なら同僚間でも競争がありますから自分でスキルを磨き
ますよね。役所はその必要もないのかも知れません。かえって
可愛そうな気もしています。

愛新覚羅
2015.10.21 19:12 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

5~6日後に掲載予定の僕の記事によく似ています(笑)
内容はまったく違うのですが・・・・・・・

大阪市、市交通局、一応試験はあると思うのですが
僕の近くの人の息子は知り合いの伝手で交通局へ入ることが出来たと
20年ぐらい前に言っていました。

40代ですからこのうちの二人と同年代ですね。
このようにして箸にも棒にもかからない者が入社できたのが
当時の大阪市&交通局でした。

今でもその伝統は引き継がれていると思いますよ。

この件に関しては
橋本さんを支持します。
2015.10.22 02:14 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

これは驚きです。20年前でも縁故採用があったのですか。
かなり昔の話かと思っていましたが、つい最近まであったの
ですね。確かに昔の高度成長時代はいい会社に入れない人が
役所に入っていた頃もありました。しかし安定していますから
その後人気が出てきていまでは入るのが難しくなったと聞いております。
ということは役所内で仕事の出来る人出来ない人が混在している
ということですね。たまに自治会の用事で市役所に行くとなんと
なく解かるような気がします。

愛新覚羅
2015.10.22 07:40 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1233-5d9673b5