指紋認証

Posted by aishinkakura on 07.2015 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
指紋認証システム ご存知のように銃社会の米国では、護身用の拳銃を持つ人が大勢います。自宅で銃を保管する場合、いざという時にすぐ使えなければ意味がないので、アクセスしやすい鍵のない引き出しに入れておくことも多いでしょう。そのため、子どもに持ち出されて暴発や誤射による不幸な事故が後を絶たないのが現実です。
 そこで護身ツールとしての拳銃の機能を損なわず事故を未然に防ぐ「Veri-Fire Guardian」が、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」というところに登場しました。
 Guardianは、拳銃に取り付けて指紋認証式にするセキュリティデバイスです。指紋認証をパスすると引き金を覆ったカバーがスライドして撃てる状態になります。持ち主以外は拳銃を使えないので子どもによるいたずらや奪われて逆に使われる事態を避けられるという優れものです。
 まず日本国内では需要がないでしょうが米国では人気が出るでしょうね。それよりどうして今までなかったかの方が不思議な気もします。米国にはライフル協会などという販売重視の組織もありますから圧力がかかっていたのではないかと想像してしまいます。



 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

アメリカの銃問題は、昔から言われて久しく
業界団体の抵抗で全く進展がありませんが
このような対応なら受け入れて進展するかもしれませんね
2015.12.07 09:16 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

問題はとっさの場合に動作するかどうかでしょうね。
でも銃の使用は発砲より威嚇の方が多いと思いますので
動作しなくてもその面での効果はとれるでしょう。
これで暴発が防げるのであれば安心です。

愛新覚羅
2015.12.07 09:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
そうですよね。
こんな物騒なものですもの、このぐらいのことはしないとですね。
日本に住んでいて良かった。
2015.12.07 19:14 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

アメリカは簡単に銃が買えるのですからデザインや性能で差別化
しようと銃器メーカーも必死で売り上げを増やそうとするでしょう。
マシンガンまで持っている人がいるとういうことですから恐ろしい
国ですよね。

愛新覚羅
2015.12.07 19:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

ここまでしてでも銃を持たなければならない銃社会は怖いですね!

25年ぐらい前にハワイに行ったときに試射しました。
口径は覚えていませんがけっこうな音と衝撃でした。

あの頃は面白半分で射撃場に行きましたが
もう二度と行きたくないですね!
2015.12.08 02:50 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

銃社会は嫌ですが銃を一度は撃ってみたいです。
残念ながらまだ撃ったことがありません。
何事も経験していないといけないと思っています。

愛新覚羅
2015.12.08 07:19 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1280-d6ce5928