約10年ぶりの再会

Posted by aishinkakura on 18.2015 日常 4 comments 0 trackback
JP船橋駅

 先日約10年ぶりに会った人がいます。彼は私より2歳上の68歳なのですが58歳のときに退社しました。理由は農業をやりたいということで退職後数年かけて福島県に土地を借りて県との手続きをしながら開墾をしていました。いよいよこれからという時に運の悪いことに東日本大震災が起こり福島原発から30km範囲だったので除線のため農作業が一切できなくなってしまいました。久しぶりに会って生活はどうしているのか聞いたところ奥さんと二人の年金で細々と暮らしているそうです。そしてまだ夢は捨てきれないようなのですが今の年齢を考えるともう無理ではないかと思います。本当に運の悪い人です。彼は千葉県の市原市に自宅を持っていて私が流山市ですから中間地点の船橋で会食をしながらお互いの10年間を話しました。年賀状やメールでの近況報告をしていましたので特に驚いたというようなことはなかったのですが我々が年月で変わったように船橋の街も変わっていました。ただし船橋は老けたのではなく若返っていたようです。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そうでしたか。
なんともお気の毒なことと。

こちら北海道でしたら、きっと住宅付き農地も入手しやすいのでしょうが……。

船橋は若返っているのですね。
若返る、良い響きです(^-^*)
2015.12.18 17:45 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

場所はTOKIOがテレビ番組ダッシュ村で使っていたところの近く
だったと聞いています。あの村もテレビ中継できなくなりました。
私の知っていた船橋の街は醤油のにじんだようなダサイ街でした。
ファッショナブルな街に生まれ変わっていました。

愛新覚羅
2015.12.18 19:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

その友人さんも運が悪かったですね。
しかしながら補償も出るのではないでしょうか?

それで新たな土地で今度はのんびりと続けて欲しいですね。
2015.12.19 03:12 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

いくばくかの補償は出たみたいですが生産の実績がなかったので
わずかな金額だそうです。しかし開墾にエメルギーを使ったので
愛着が出ていて他の土地というのは考えられなくなっているよう
です。年金で生活は出来ているようなのでもう趣味の世界になって
もいいみたいです。

愛新覚羅
2015.12.19 07:25 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1291-5b4713a3