賞味期限と消費期限

Posted by aishinkakura on 25.2016 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
マヨネーズ キユーピーは、主力のマヨネーズの賞味期限を現在の10カ月から1年に延ばします。対象は50~450グラム入りの5商品で、3月出荷分から。研究を重ね、半世紀ぶりにおいしさを1年保つことに成功しました。そのカギは「酸素」にありました。
 同社がマヨネーズを売り出したのは1925年。当時は瓶詰で、賞味期限は1年。だが、より手軽に使えるよう、1958年から現在のようなポリエチレン製のボトル容器に変えたところ、期限は7カ月に短くなってしまいました。ポリエチレンは酸素を通すためです。マヨネーズは酸化すると品質が低下します。酸素を通しにくい容器を採用したり、容器の口にアルミシールを貼り付けたりといった工夫を続け、2002年には原料の油に溶けている酸素を取り除く製法を開発。10カ月に延長できました。さらに今回、製造工程で酸素を減らすことで、ついに1年を実現したという流れです。
 賞味期限が長くなることで、売り場や家庭で廃棄されるマヨネーズを減らすことができます。キユーピーにとっても、倉庫での保存が利くため、出荷までの在庫調整がしやすくなるといいます。
 私も食品業界にいましたので賞味期限の延長は快挙だということがわかります。一般にメーカーはかなりの安全率をみていますので今でも1年はOKなのではないかと思っていました。マヨネーズのような賞味期限の長いものは食品の安全に関わるものではなく味が変化しない期限なのですから食べて問題があるという訳ではありません。
 一頃はコンビニの影響で消費期限はなるべく短い方がフレッシュ感があるような錯覚を消費者に与えていました。消費期限というのは保存の効かない食品につけられるもので食の安全に関するものですので大事です。この消費期限も添加物を上手に使えばかなり延長できるのですが添加物は嫌われものなので敬遠されます。私は添加物を有効利用して食品ロスを減らした方がいいのではないかと思っています。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

現役時代に環境事業部門に属していた時
コンビニの消費期限切れのお弁当等の回収量を調査したことがあります
それはもう、驚きの世界、十分食せそうなものが山のように廃棄
飽食時代を体感し、何とかしたいと思ったのですが・・・
昔のライフスタイルに戻ることもできず、難しい問題ですね。


2016.01.25 12:59 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

私はTazumichi様と反対側のコンビニの業界におりましたので良く
わかっております。本部としては少しでも規約を緩めると危ない
のでかなり余裕はみています。おっしゃる通りでまだ食べられる
ものを廃棄せざるをえない状態になっています。コンビニの原料は
一般食卓と同じで輸入品の原料が多いので輸入して廃棄するという
非合理的なことをやっているわけです。

愛新覚羅
2016.01.25 13:14 | URL | aishinkakura #- [edit]
ちょっとぐらいの消費期限など無視して食している私です(;^-^)
胃腸は丈夫みたいで^^
廃棄されるお弁当とか見たことあります。
廃棄される冷凍食品を横流しではなく、タダで大量にもらっちゃったこともあります。
2016.01.25 14:21 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

そうなのです。おすすめはしませんが少しくらいの消費期限なら
問題ないのが実情です。まして賞味期限はかなりオーバーしても
味の問題だけですから安全性には問題ありません。
横流しは業界では当たり前のことでした。こういうダーティーな
業者さんがいないと本当に困ってしまいます。
廃棄も金がかかりますので。

愛新覚羅
2016.01.25 15:06 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

相変わらず添加物は悪者扱いされていますよね。
適切な使用によって食品のロスを少なくするのは妥当な方法だと思っています。

評論家にも添加物を切りまくる人がいますが
自説だけを主張するな!と言いたいです(笑)
2016.01.26 02:22 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

賛同戴きありがとう御座います。
添加物で特に保存料に関しては販売形態と関係があります。
昔冷蔵庫が販売側も消費者側も完備していませんでした。
そのような状況では保存料を使わないと食中毒が頻繁に起こって
しまいます。今は完備していますから使わないで済む場合もある
のですが極端に抜くとまた危険性が出てきます。
薬は添加物の何千倍も健康被害があるのにありがたがられる。
一方添加物はほとんど害がないのに嫌われる。これは矛盾して
います。

愛新覚羅
2016.01.26 07:21 | URL | aishinkakura #- [edit]
化学屋としては包装材料の日進月歩は素晴らしい!と思います。
2016.01.28 03:49 | URL | TORU #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

プラスチックのことを悪くいう人も多いのですが食品容器フィルム
にプラスチックがなかったら大変なことになりますね。
特に透明性のあるものは他にガラスしかありませんからコストの面
物流の面でも弊害が出てきます。

愛新覚羅
2016.01.28 07:35 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1331-be2ea4e1