弦楽器のFホールの進化

Posted by aishinkakura on 12.2016 ギター関係 10 comments 0 trackback
Fホール

 バイオリンやビオラ、チェロにコントラバスといった「バイオリン属」の楽器は、伝統的に楽器のボディ表面に「F」の文字をかたどった開口部のFホールを持っています。このホールの形状は17~18世紀ごろに確立され、それ以降はほぼ形を変えずに受け継がれてきたのですが、どのような経緯なのか調べたものがありました。
 エレキギターやシンセサイザーなど、20世紀中盤から発達した電気楽器(または電子楽器)のように電気の力を借りて大きな音を再生できる楽器とは異なり、弓でこすった弦の振動をボディで共鳴させるバイオリンなどの弦楽器は、その進化の中で「いかに音を大きく鳴らすか」ということが進化の狙いの1つとされてきました。そんな進化の過程で生みだされたのが、楽器の表面部分にある「表板(おもていた)」に「サウンドホール」と呼ばれる開口部を設けるという方法です。このサウンドホールは長い楽器の進化の中で次第に形状が変化し、現代のようなFホールにたどり着いたといわれています。
このFホールの伝統は、同じ弦楽器に分類されるギターの一部のモデルにも受け継がれています。しかし、ギターが次第に電気の力を借りるようになると、Fホールは「音量をかせぐため」という本来の目的よりも、デザイン的な要素が強まっているともいわれています。
 バイオリンにおけるFホールの歴史をたどると、その起源は10世紀ごろに使われていたバイオリンの先祖「fithele」にたどり着くと考えられています。fitheleは後にバイオリンを意味する「フィドル(Fiddle)」の語源にもなった楽器で、上の図のいちばん左のように、表板の左右に円形のサウンドホールが設けられていました。その後、サウンドホールの形状は丸形から半円状、「C」の字へと変化し、さらに上下端を丸くかたどったものに変化。そして前後長が長くなり、細くなったCの字型を経て、現在のF字型へと変化してきたと考えられています。現代のバイオリンの形状を確立したのは、17世紀から18世紀ごろにバイオリン造りを行っていたイタリアのアマティ家やストラディバリ家、グァルネリ家などの一族であると考えられています。なぜF字型がいいのかは音響的な根拠があるらしいのですが難しいので省略します。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

兄者、おはようございます。

ボディ内部からの音の出方もさることながら、駒の動きやすさにも影響がありそうですね。いつまでも語り尽くすことのない面白いテーマだと思います。
2016.02.12 08:12 | URL | 大パンダ #nI1DtWXs [edit]
音響工学は良く分りませんが
音が“波動”ということをベースに想像すると
サウンドホールの形状変化が、理にかなったものに見えてきます(笑)
2016.02.12 08:44 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ミカンの皮をうまく剥くとfのようになるのだそうです。
つまりfホールは球形を分解したものということになるそうです。
興味がありましたら元ページも行ってみて下さい。
http://gigazine.net/news/20160121-why-violins-have-f-holes/

愛新覚羅
2016.02.12 08:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

音響工学というより楽器職人のカット&トライの積み重ねなの
でしょうが歴史的にこうなってきているのですから多分音響的
にも裏つけが出来るのではないかと思います。

愛新覚羅
2016.02.12 08:53 | URL | aishinkakura #- [edit]
本当にそうなんですね~。
考えたこともなかったけど。
イラスト、しげしげと見てしまいました。
2016.02.12 18:24 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

デザイン的にもfだと落ち着きがありますね。
私も自分のギターをジットみてしまいました。
ホールのないものもありますが。

愛新覚羅
2016.02.12 19:47 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

このような楽器は間近に見たことがなかったので
穴が開いているとは思いもしませんでした。

ここで聞いていてよかったです。
どこかで恥をかいたかもしれないですからね。

それにしても、音感がよくなければ
このような進化もなかったのでしょうね。
2016.02.13 01:26 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ご存知だとは思いますがギターの場合は通常丸いアナがひとつ
です。パパ様がお好きなフォーク系のギターもそうです。
これがエレキギターとなると穴があったりなかったり。あっても
fとは限りません。殆どデザイン的に使われているだけです。

愛新覚羅
2016.02.13 07:22 | URL | aishinkakura #- [edit]
Fホール、最初は丸だったんですか。
元々は音響的効果の意味もあったんですね。
形状にも意味があるんですね。
2016.02.14 09:36 | URL | リッチーエリックボーン #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

ギターは基本で丸ですね。fホールのついているものの
方がむしろ特殊かもしれません。
でもfホールは美しいですよね。ES-335なんかうっとり
してしまいます。

愛新覚羅
2016.02.14 09:53 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1347-9421d027