愛新覚羅溥傑の書がフォントになる

Posted by aishinkakura on 07.2016 パソコン関係 6 comments 0 trackback
書体愛新覚羅  清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑の毛筆が今春にも、書体デザイン(フォント)「相依為命体(そうい・いめいたい)」としてよみがえるそうです。溥傑は流れるような書体が特徴の書家として知られ、文字の独特の美しさに惚れ込んだ大阪市のシステム会社などが書家、香蘭さんと共同開発しました。CD-ROMなどを購入してパソコンにインストールすると、溥傑の毛筆で手紙などを書くことができるようになります。数奇な運命をたどったラストエンペラーの弟の筆跡の復活も、ドラマチックな偶然の出会いがきっかけでした。
 大阪市東淀川区のシステム会社スキルインフォメーションズのコンテンツ事業部の片岡正部長は、感慨深げです。片岡部長が初めて溥傑の書を目にしたのは約10年前。その流転の人生をドキュメントタッチで描いたテレビ番組を偶然見たのがきっかけでした。「番組で紹介された溥傑さんの書をひと目みたときから魅了された」といいます。
 今回の開発が具体化したのは、ある出会いがきっかけでした。初見から溥傑の書体をフォント化したいと考えていた片岡部長が数年前、かつて中国で捕らわれていた溥傑の釈放に向けて支援した人物の子息で、同区内の機械商社「五光」の二木崇社長と会社近くの飲食店で偶然居合わせ、溥傑の話題をめぐって意気投合、片岡部長の思いに二木社長も協力することになりました。
 二木社長は、自身の父が溥傑の支援者だった関係から、溥傑の次女の福永嫮生さんと親交がありました。このため、二木社長が溥傑の毛筆書体のフォント化の構想を持ちかけたところ「ぜひ協力したい」と快諾されました。
 日本語版フォントを開発するには、ひらがなやカタカナ、漢字など最低でも3千文字以上のデータが必要ですが、溥傑が残したのは300文字程度にとどまっていました。そこで不足する文字を作るため、かつてスキル社で自身のフォントを作ったことのある女性書家の香蘭さんに協力を要請。香蘭さんに溥傑の書体をまねて書いてもらったうえ、同社のデジタル技術も用いてすべての文字を作成することに成功しました。
 発売する溥傑のフォント名は「相依為命体」で、CDーROMの価格は1万円前後にする考えだそうです。「相依為命」は互いに寄り添い協力し命をつないでいくとの意味。溥傑は日本の公家華族と結婚しましたが、終戦後にはシベリアに抑留されてから戦犯として裁かれ、夫婦は約16年間離ればなれになっていました。「相依為命」はそんな流転の人生を送った溥傑が生前大切にしていた言葉です。日本語版を発売した後には中国語版の作成を目指すそうです。
 私もハンドルネームに使っているくらいの愛新覚羅兄弟ファンですので欲しいのですが私のつたない文章に使ったら似合わないし、使い道がありませんね。スキルインフォメーションズのサイトではまだ紹介されていませんでした。
元記事:ITメディアニュース





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

フォントの数は多いのでしょうね~
小生の場合、年賀状を書くときくらいしか気にかけたことは有りませんでしたが、お気に入りの物にはなかなか出くわしません。
結局は江戸文字や勘亭流あたりを多用することが多かったですね。

御紹介の書体は、流石に美しいですね。
チャンスがあったら、一度は使ってみたいものです。
中国の書に代表されるように、古くの書体(フォント)は、現在のパソコン用や活字印刷のそれと同様に一定のマスに入るようになっていました。
しかし、江戸時代などの手紙に代表されるように、書体を無視したかの如き文書が出回るようになってからは元気が有っても汚い字が増えたように見ています。
マスに入る書体と、書体を無視したかのごとき物とどちらが良いのでしょうかね~

ちなみに小生の字はハチャメチャです。製図をやっていた頃はソコソコでしたが、パソコンを使い出し、乱視の老眼になった最近では冠婚葬祭で文字を書かなければならない状況はスゴスゴものです。
2016.04.07 10:46 | URL | 呑兵衛あな #jhox9BxI [edit]
こんにちは 今日も雨ですね、 

硯で 墨をすって 手紙を書かないといけませんね、 

お習字は好きでしたが 今みたいに 墨汁では ないので
授業の半分は 墨すりでした、 
 
漢字は難しいです、

ハングル文字しか 読み書きが出来なくなり 
漢字の読み書きは 出来ない 若者が多いとか? 

時代は変化しています、

お大事になさって下さい、 たか
2016.04.07 11:04 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

フォント選びは難しいですよね。アルファベットの場合は無料で山のように
沢山ありますが日本語フォントで無料は限られています。
溥傑の毛筆書体はさすがに品格を感じますのでそれ相応の文書に使うべき
だと思います。私は元々悪筆なものですからワープロができたときは
嬉しくて真っ先に飛びつきました。

愛新覚羅
2016.04.07 11:10 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

いつも体調をお気遣いくださりありがとう御座います。
すこぶる快調ですよ。
ハングル文字というと韓国のお話ですね。韓国語は解りませんが
書物をみると漢字とハングルが混在しているようですね。
そしてタイトルとか固有名詞には漢字が使われているような気が
しています。韓国歴史ドラマが好きでよく観ていますが日本語と
同じ言葉がたまに出てくるのが面白いと思っています。

愛新覚羅
2016.04.07 11:15 | URL | aishinkakura #- [edit]
その弟さんの事は 全く知らないのですが
文字をみると 優しい方のような気がしました。(想像です。)
この文字を ホームページに使いたい人もいるかもね!
ネット通販で この分野のかた。

あってもイイと思いましたよ。

因縁?というのか お話を聞いて
今、ここに蘇ったと思いました!(^^)
2016.04.07 15:44 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

大正解です。日本の華族の嵯峨浩(天皇の親戚)と結婚したのですが愛妻家
で知られていました。兄の溥儀とともに日本に翻弄されて苦しみました。
皇帝でもないのにかわいそうな人です。

愛新覚羅
2016.04.07 20:54 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1389-4683c77f