所得と健康意識

Posted by aishinkakura on 30.2016 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
不健康 一概には言えないと思いますが傾向があるとのことです。
  世帯の所得が低い人ほど、健康診断を受けない割合や喫煙率が高いなど、健康作りに積極的ではないとする国民健康・栄養調査の結果を厚生労働省が発表しています。
 厚労省は、低所得層は健康管理を意識する余裕がないことが背景にあると分析、生活習慣の改善を後押ししていく考えだそうです。
 調査は、昨年11月に全国の5432世帯を対象に実施。回答のあった3648世帯を、世帯所得別に200万円未満の低所得層、200万円以上600万円未満の中所得層、600万円以上の高所得層の3群に分け、生活習慣を分析しました。
 低所得層では健診を未受診の人の割合が男性で42%、女性で40%と、高所得層のそれぞれ16%、30%よりも高くなっています。習慣的に喫煙する人の割合も男性で35%、女性で15%と、高所得層のそれぞれ29%、5%を上回っています。さらに歯が20本未満の人や肥満者の割合も、低所得層は男女ともに高い傾向があるそうです。
 ちなみに私は全く逆です。高所得の時は健康診断をサボることが多く暴飲暴食もしてしかもヘビースモーカーでした。低所得になってからの方がはるかに健康を意識しています。年齢のせいかも知れませんが。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

こんにちは。

たしかにそうですねえ。でも、低所得も更に進んで生保になると話は別です。無料をいいことに受診しまくっています。もちろん、健康に感心の無い人も多いですけどね。

受診しまくり生保の方が私たちよりも長生きできそうで羨ましいです。もっとも、絶対にそうはなりたくありませんが。

2016.05.30 11:14 | URL | 大パンダ #nI1DtWXs [edit]
現役時代は、会社の行う健康診断を受信
とにかく一日の休暇を取って受信するもので一回も欠かしたことがありません
現役を退いてからは、毎年市から案内が来ますが、行っていません
世間の傾向そのものです(笑)
2016.05.30 11:36 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
一概には言えませんが、発展途上国程、健康志向が低く、
喫煙李も高い傾向があると思います。
子供にタバコを吸わせて平気な人々も、時々話題になりますよね。

日本で、健康意識が高まったのは、雑誌ターザンが創刊された頃からで
企業ぐるみで、社会的にも禁煙熱が高まったのは20年前くらいから。

愛新覚羅さんの世代は、単に「時流に乗り遅れた」だけで
健康意識が高まって、禁煙し始めたのは
軽いがんになって、ビビっただけの話ではありませんか?

でもまぁ、健康意識を語るようになり始めたので、一歩前進ですね。
禁煙、頑張りましょう。
2016.05.30 12:53 | URL | 癌ダム4G #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

受診しまくりですか。普通は病院にいくのは嫌なはずですから
行くとなにかいいことがあるのではないでしょうか。
その辺の仕組みが解りませんが喜んで通院しているとは思えない
のですが。

愛新覚羅
2016.05.30 13:08 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

市で行っている健康診断は大したことありませんから行って
も行かなくても変わらないでしょう。
市によって違うのだとは思いますが身長、体重、血圧、メタボ
血液くらいのものだったと思います。

愛新覚羅
2016.05.30 13:12 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

乗り遅れですか。そうかもしれませんね。
昔は健康のことをいつも考えている人間は嫌われていましたから。
当時は話題にもなっていませんでしたが過労死も今より多かったと
思います。
本人は乗り遅れていても企業としては健康志向が高まってきました
のでそこにギャップが生じていました。
おっしゃる通りで健康のことを口にしただけで一歩前進かもしれませんね。

愛新覚羅
2016.05.30 13:21 | URL | aishinkakura #- [edit]
金が無ければ健康になんか気遣っていられないし、気遣った結果で病気が判ったところで如何ともしがたい...という事で、健康診断なんかしなくなったのでは!?
(金が無ければ病院にも行けないし、行って病気が判っても治療する金が無い)
「死生観: おわりの棲家」ブログを拝読して思いましたが、小生も自分が若い頃には死ぬとか病気になるとかを考えた事は無かったように思います。
http://mo-tetuya.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-0fb1.html
還暦を過ぎた最近になって妙に生きることに執着をもったような自分自身を、不思議な目で見ているもうひとりの自分がいます。

そんなことで、小生も貴兄と同様に金がある時は健康診断なんて見向きもしませんでしたね。
最近になって受けてしまった健診は、受けなければよかったと思っています。
「見ぬもの潔」とも言いますしね
2016.05.30 14:56 | URL | 呑兵衛あな #jhox9BxI [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

同じですね。若いころは病気なんか気のゆるみで発生するもの。
自分には関係ないと思っていました。死というものも家内が亡くなる
までは実感としてありませんでした。
多分ですが今若い人に健康管理の話をしたところでまじめに聞く姿勢は
ないのではないかと思います。病院に行く時間もないでしょうね。

愛新覚羅
2016.05.30 15:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
低所得だとたしかに健康診断とかにお金は回せないのかも。
野菜の摂取量が少なくて健康を損ねるのも低所得者に多いというような記事も目にしたことがあります。
それにしても「200万円以上600万円未満の中所得層」、けっこう幅がありますね。
2016.05.30 23:15 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

所得層の明確な線引きはないのではないかと思います。
資料によっては500万円以上で1000万円以下が中なんていう区分
もあります。そうなると500万円以下が低所得層ということに
なりますね。またサラリーマンの場合は年齢層によっても違って
くると思います。
一般的に所得が多いほど健康に気を使っているということでは同じ
なのでしょうけど。

愛新覚羅
2016.05.31 07:14 | URL | aishinkakura #- [edit]
所得が多くなれば サプリ、無農薬の物等を
買ったりも出来ますけど、
低い時は(我が家)、なんとか満腹にさせたい。歯医者、メガネはギリギリまで待つ。。余程でなければ 病院へも行けない。
そんな感じでした。。若い頃の子育て時期。。
2016.05.31 11:28 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

おこちゃん様の場合は預金をしっかり貯めてからの貧乏話
かと思いますが、本当に貧乏ならそうなってしまいますよね。
笑ってはいられませんね。

愛新覚羅
2016.05.31 13:42 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1455-76fa35d5