70年前の事件に対する判決

Posted by aishinkakura on 04.2016 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
鍵十字 第二次世界大戦中、アウシュビッツ強制収容所で17万人もの殺害に関与したとされる元ナチス親衛隊の男に対し、ドイツの裁判所は禁錮5年の判決を言い渡しました。
 元ナチス親衛隊のラインホルト・ハニング被告(94)は、1943年から44年にかけ、ポーランドにあったアウシュビッツ強制収容所でおよそ17万人の殺害に関与した罪に問われています。ハニング被告は元看守で、収容所に到着したユダヤ人らをガス室へと誘導していたとみられます。
 ハニング被告は裁判で、「大量虐殺を黙認していたことを後悔している」と謝罪する一方で、虐殺に直接手を下したわけではないと自らの関与を否定していました。ドイツ・デトモルトの裁判所は6月17日、虐殺への関与を認め、ハニング被告に対し禁錮5年の判決を言い渡しました。
 以上がTBSニュースに載っていた記事なのですが当時被告は看守だったわけで虐殺の指示を出していたのではありませんよね。しかも94歳の高齢ですから禁固5年の刑が終わったときは99歳です。それでもこの裁判はやらない訳にはいかなかったのでしょうか。虐殺された子孫からみれば憎い相手でしょうがもう許してあげてもいいのではないかと思いますが。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

親衛隊ということですので どの程度ナチス軍に傾倒していたのかは わかりませんが、何故今頃?なのでしょうね。
今まで 関わった人々全員を 順番に 裁判してきて、今頃になったのでしょうか。。?
2016.07.04 10:31 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

多分この人は70年間悪夢をみながら生きてきたのだと
思います。もう十分な刑ではないのかと思うのですが
年齢を考えると死刑ならともかく5年の禁固に何の意味
があるのか解りません。

愛新覚羅
2016.07.04 11:22 | URL | aishinkakura #- [edit]
94歳ですか~。
自分の意志でもなかったでしょうし。
許してあげたいですよね。
でも遺族の想いを考えると……。
2016.07.04 19:57 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

ドイツに死刑制度があるのかどうか解りませんが94歳で
5年の刑期ならおそらく獄中死になるでしょう。
体のいい死刑判決と同じなのではないかと思います。
でも個人的には許してあげたいです。今更誰も得をしませんし。

愛新覚羅
2016.07.04 21:02 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

この人も拒否っ出来なかったんでしょうね。
拒否したら自分が銃殺されたかもしれませんね。

隣には「千年恨む」と言った民族もいますけどね(笑)
2016.07.05 02:25 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ある意味ではガス室で虐殺された人々よりも被害者なのかも
しれません。その後70年も悩み続けたのでしょうから
死んだ方が楽だったのではないかと思います。
そんな人に5年の刑期は酷ではないかと思います。

愛新覚羅
2016.07.05 07:33 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1490-774cb5cb