日本が植民地にならなかった理由

Posted by aishinkakura on 02.2016 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
植民地

 あるサイトに興味深い記述がありました。アジアで日本とタイだけが植民地にならなかったのは何故かということです。なんとなく思っていたのは日本は早々と富国強兵を行ったので欧州各国につけいるスキを与えなかったというものでした。ところがそのサイトでは日本とタイに共通しているのは、「交易の要衝になりえない立地」だったからと書いてあります。
 タイはインドシナ半島の内陸に位置しており、海岸線は短いです。日本は極東すぎて、インド洋を介した貿易の拠点として魅力がありません。中国やインドネシアのように、高価な貿易品を算出するわけでもありませんでした。ヨーロッパ人から見れば、詭計をめぐらせて侵略するメリットが薄かったというのです。
 ヨーロッパ人がアジアと貿易をするには、基本的にはインド洋を使うしかありませんでした。北極海経由というのも試みられてはいたのですがことごとく失敗しています。また、南米から太平洋経由でアジアに向かうことも検討されました。ところが、ドレーク海峡は世界でもっとも荒れる海と言われており、マゼラン海峡は暗礁の多い難所です。航海距離も長くなってしまい、ここからアジアに向かうのは不経済でした。このことから、日本の「太平の眠り」を覚ましたのがアメリカだった理由が分かります。
 アメリカは1846~48年の米墨戦争でカリフォルニアを手に入れ、インド洋を経由せずともアジアと貿易できるようになりました。極東の島国にアジア進出への足掛かりを作るインセンティブが生まれたのです。このときも日本は幸運に恵まれました。ペリーが来航したのは1853、54年の2回ですが、その後アメリカは1861~65年の南北戦争で国内がめちゃくちゃになってしまいます。その間、日本は明治維新を果たし、文明開化・富国強兵の道へと突き進んでいきました。
 いずれにせよ、日本が植民地化されなかったことに何かすごい点があるとすれば、その運の強さでしょう。
 まず、交易の要衝にならなかったという立地上の幸運があります。スマトラ島やマレー半島、インド沿岸やベトナムとの違いです。
 また、垂涎の的になるような輸出品を産出しないという、自然資源や産業上の幸運もありました。バンダ諸島やモルッカ諸島との違いです。
 もしも日本列島がもう少し大陸に近かったら、歴代の中国王朝のいずれかに侵略支配されていたでしょう。もしもパナマ地峡がなく、大西洋と太平洋が直接つながっていたら、日本はカリブの島々同様に、スペインやポルトガル、フランスの植民地になっていた可能性が高いです。もしも地球の平均気温があと5℃高かったら、北極海経由でイギリスがやってきたかもしれません。というふうに運が強かったということを力説していました。まあそうなんでしょうね。あの清国でさえ植民地になったのですから日本は運が強かったとしかいいようがありません。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、おはようございます

教授は、博識ですね。。吉川以上です(笑)
実は、薫子も相葉ちゃんも歴史が大好きです
勿論、詳しすぎるのは相葉ちゃんです
なので、よく教えて貰ってます

日本が植民地にならなかった理由がとても良く分かりました
教授、講義をありがとうございます。。。
只、一つ教えて下さい。清国が何処の植民地になったのか?
蛇足ですが、薫子ラストエンペラー大好きなんです
愛新覚羅溥儀、ふぎのじはあっているでしょうか???
本も読みました。。
例の事件のです。。。
運命ってあるんでしょうね。。。
2016.09.02 05:16 | URL | 薫子 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

いやー、お恥ずかしい。殆ど他の人のコピペですよ。
気に入った記事に自分の意見を少し足して掲載することが多い
のです。但し歴史は好きで特にラストエンペラーは大好きです。
ご質問の件は有名なアヘン戦争でイギリスが勝利し、清国の
武力が弱いことが露見されてからフランス、ドイツ、ロシアが
進出しました。それに少し遅れてアメリカと日本も進出し
清国は彼らの食い物となってしまいました。
そんなときに皇帝になった愛新覚羅溥儀は不運です。

愛新覚羅
2016.09.02 07:13 | URL | aishinkakura #- [edit]
小生的には、「日本人は、飼いならすよりも、首輪をつけたままで放し飼いにしておいた方が役立つ犬であった」、という見解です。
犬は、未だに自分が飼われているという認識が無いようです。
2016.09.02 11:13 | URL | 呑兵衛あな #jhox9BxI [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

なるほど。面白い見方ですね。
でも犬と思えば思い当たるところが多いです。
極論ですが正しい見方ではないかと思ってしまいます。
それにしても運が良かったのでしょうね。

愛新覚羅
2016.09.02 13:11 | URL | aishinkakura #- [edit]
教授もこちらにコメントされている方々も本当に博識ですね。
お勉強になりました。
呑兵衛あなさまの描かれていたコメントにも、思わずニンマリとさせていただきましたよ^^
2016.09.02 19:17 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

これよりも前の時代だと日本は金の産出国だったのですが
この18世紀から19世紀くらいの時期にはもう枯渇して
いたのですね。
植民地にならなくて良かったとは思いますが魅力の無い国
というのも寂しいですね。

愛新覚羅
2016.09.02 19:21 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅 様
こんばんは、

久しぶりにコメントさせてもらいます、

なるほどという説ですね、
私はこれにもう一つ加えたいですね、
「船旅でもうこれ以上の北上が嫌になった。」説です。

50年前、私はこのコースを欧州人とは逆に日本からヨーロッパに向けて船で向かいました。
横浜を出向して香港・マニラ・バンコク・シンガポール・コロンボ・ボンベイ(現ムンバイ)・ダーバン(南ア連邦)喜望峰を回って南大西洋に・昔のパリダカのゴール、ダカール(セネガル)そしてマルセイユ(フランス)とこんなコース。

横浜からマルセイユまで45日間の船旅でした、
といっても現在あるような豪華客船ではありません。
貨物船に客室が設けられた貨客船と呼ばれる船、
今はこんな船ありませんよね、
しいて言うなら設備の古いおんぼろ長距離フェリーの感じでしょうか。

きっと東インド会社の船もこのコースを往復していたことでしょう。

インドから喜望峰まで10日、喜望峰からダカールまでも10日かかります、
昭和の時代でこれだけかかりましたから東インド会社の船は当然もっとかかってますよね。

もし私が当時の東インド会社の香港駐在の社員で

「北上して市場開拓して来い」と命令されて出帆、
南シナ海ってけっこう波が荒いんですよね、
それに台風に遭遇して命からがら会社に帰還、

「これより北の地域にはいいものも無いし市場としても期待できません、リスクの方が大きすぎます」、と会社に報告します。

こんな私の体験からの珍説です、
「東インド会社社員のやる気がなくなった」説、どうでしょうか。

結局、日本は運が強かったんですね。


気まぐれおやじ


2016.09.02 21:59 | URL | 気まぐれおやじ #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。

植民地の地図!
こうして全体を見たのは初めてです。

いろんな偶然?が重なって日本があったのですね。
とても面白い話でした。
2016.09.03 03:10 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

いけどもいけども海、おまけに危険が一杯。説得力があります。
マルコポーロの時代は黄金があるといわれていたので欲にからん
で来ていたのですが在庫が無くなってしまうともう魅力もない
し危険を冒してまで来る必要がありませんからね。
私が社員でも意味がないと報告します。(笑)

愛新覚羅
2016.09.03 07:17 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

日本の場合は天皇と将軍のどちらに話をしていいかも
解からなかったのでしょうね。元寇の頃からわからない国
だったのだと思います。その不明瞭さも原因のひとつでは
ないかと思っています。

愛新覚羅
2016.09.03 07:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
この話、非常に面白く感じました。
日本は天然資源がリッチでないからかと思ってましたが、
交易の要衝になり得ない立地だったからですか。
マルコポーロがジパングは黄金の国だと言った話が、
ありましたが、この頃はもう枯渇していたのですか。
タイも植民地にならなかったとは知らなかったです。

運がよかったという話も納得できます。
元寇のときに嵐が吹いたのもそうなんでしょう。
日本側に強固な軍隊組織があったせいもあるでしょうが、
蒙古高麗の連合艦隊は史上最大規模で、
戦闘では炸裂弾も使ったらしいですから。

この図を見ると、ほとんどが植民地支配されているのですね。
特に英国の帝国主義のひどさがよく分かります。
欧米列強がアジア人を食い物にしていたことがよくわかります。
彼らは今、自由だ、平等だ、平和だとよく言いますが、
彼らは偉そうにできません。

でも、日本は今でも政治的に占領されているような気が
しないでもないですね。青い色の韓国もそうですが。
2016.09.04 10:21 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

日本はとるにたらない国だったということでいささかガッカリですね。
でもそれが幸運だったのですからわからないものです。
元寇で不思議なのは何で博多湾にこだわって上陸したのかです。
他に上陸できそうなところはいくらでもあったのではないかと思うの
ですが。
この地図を見て欧米列強がどれだけ弱者を食い物にしているかわかる
と思うのですがアフリカはさらにひどいことになっていますよね。
なにせ人間がさらわれて奴隷になっているのですから。

愛新覚羅
2016.09.04 11:04 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1535-5d6a5628