大河ドラマの感動

Posted by aishinkakura on 06.2016 お気に入り 8 comments 0 trackback
 NHK大河ドラマ「真田丸」の第35回「犬伏」が4日に放送され、真田父子が生き残りを賭けて決断を下した名場面「犬伏の別れ」を迎えました。物語のクライマックスとなる放送回を終え、ネット上には「やはりすごい回だった」「余韻がすごい」「涙が止まらない」と称賛のコメントが殺到。ツイッターでは放送後1時間で「真田丸」を含む投稿が約5万件にのぼったとのことです。
 「犬伏の別れ」は関ヶ原合戦を前に、これまで運命を共にしてきた真田父子3人が、真田存続のため、徳川方と豊臣方に別れることを決断。ドラマでも、これが最後の共演となる真田昌幸(草刈正雄)、信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)が迫真の論争の末に、最後は笑い合って密議を終える様が描かれました。
 大泉扮する兄信幸は、絶対的存在だった父昌幸に「よき策じゃ」と“決別”を承諾させ、涙する弟信繁の肩を叩いて笑顔で励ます場面が印象的で、放送後には「大泉が格好よすぎた」「まさか大泉に泣かされるとは」「大泉の演技力をすごいと思った」と感嘆の声が相次ぎました。ドラマが「犬伏の別れ」を寂しい涙の別れとして描かず、決別はあくまで策略と位置づけて、3人が最後は酒を酌み交わして笑い合うなど明るく描かれたことも好評だった原因でしょう。三谷作品はなんだかんだと言われますが今までと切り口が違っていますので面白く観られます。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

申し訳ありませんが我が家は真田丸見ていません
我が家は、毎年大河ドラマが始まると権限は相葉ちゃんなんですよ
最初相葉ちゃんは見てたんですが、途中で分からなくなり、もうDVD 消していいからと毎週薫子が消しています
薫子的には、薫子の子供時代、青春時代の大河ドラマは凄かったなあと思います
今、言われても思い出せませんが、石坂浩二のやつとか、三田?さん主演の現代劇で女医さんの話とか、兎に角毎年、大河が始まるのが父と楽しみでしたが、正直今は、
まるこの見る行ってQ見ていますよ
TOKIOのダッシュ村の次に行ってQですか、それがセットになっています
失礼しました
2016.09.06 06:47 | URL | 薫子 #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私は逆です。昔は観なかったのですが最近は観ています。
高い受信料を払っている以上、お金をかけている番組は
観ないと損だということで観始めましたが、流石に面白い
と思っています。(笑)

愛新覚羅
2016.09.06 07:08 | URL | aishinkakura #- [edit]
見ましたよ、感動シーンでしたね
現実このような生き様があったと、想いを馳せると
今更の如く凄い生き方に感動します。
2016.09.06 09:29 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

大河ドラマに出る役者さんはみんな上手い人たちですね。
演出が良くても役者が下手だと感動が伝わりません。
大河ドラマに文句があるとすれば音声が小さいことです。
メリハリをつけるためにそうしているのでしょうが小さい
時にあわせるといきなり大きくなるのでビックリして
しまいます。(笑)

愛新覚羅
2016.09.06 09:56 | URL | aishinkakura #- [edit]
大河ドラマは基本的に見ません。
特に、真田丸は初日を見たきりで、後は見ていません。
徳川幕府に逆らった者として、明治政府の偉人伝に乗ったからこそ今に伝わる真田氏でしょう。
私的には「真田十勇士」に書かれる忍術もののほうが楽しいということでしうか。
「犬伏の別れ」は、儒教の影響を色濃く考えれば悲しい決断なのかもしれませんが、今時ではあの程度の事は日常茶飯事ですし、戦国時代でもいっぱいあった出来事です。
現代でもそんなにも騒がれるということは、憧れをもって眺める人が多いということでしょうか。
失礼しました。
2016.09.06 10:47 | URL | 呑兵衛あな #jhox9BxI [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

ずいぶんと冷めていますね。
確かにそうなのかも知れません。同じようなことは過去にも現在にも
ありそうです。
現在はむしろ親子兄弟の縁を切るなんて難しいことでもないような
気もします。この記事はその史実についてではなくそれを演じた
役者についてです。北海道のローカルタレントであった大泉洋が
ここまで成長したのはあっぱれだと思います。

愛新覚羅
2016.09.06 13:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅 様
こんばんは、

今までの信幸はちょっとかわいそうなくらいの頼りない長男でした。
今回はやりましたね、嫡男としての面目躍如というところでしょうか。

長野市松代町では幸村よりも長く松代藩主であった信之(信幸)の方が人気があります。

気まぐれおやじ
2016.09.06 21:56 | URL | 気まぐれおやじ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

今までも嫡男らしいところは随所に出してきていたのですが
昌幸の常識外れの考えの前には通用してきませんでした。
しかし今回は押し通しましたね。
大泉洋がこんなに上手い役者だったとは思いませんでした。
来週は小松姫の門前払いですね。

愛新覚羅
2016.09.07 07:16 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1570-b508186d