「桃」「燕」の家庭用マッチ会社撤退へ

Posted by aishinkakura on 25.2016 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
マッチ箱 中堅建材メーカーで、家庭用マッチ国内最大手の兼松日産農林(東京都中央区)は9月27日、マッチの製造販売事業から撤退すると発表しました。「桃」や「燕(つばめ)」、「象」の絵をあしらった主力商品は、商標を引き継ぐ日東社(兵庫県姫路市)が製造販売を続けます。
 兼松日産農林は、1905年にマッチの製造を始めた兵庫県淡路市の工場を来年3月に閉鎖します。戦後には国内十数カ所にマッチ工場がありましたが、使い捨てライターや自動点火式コンロの普及で需要が急減したせいだそうです。工場閉鎖を続け、淡路市の工場は現在唯一の製造ラインとして稼働してきました。
 マッチはお彼岸などで根強いニーズがあり、老朽化した機械の部品を手作りして維持してきたとのことです。ただ、昨年末ごろに機械が故障し、続けることが難しくなったといいます。
 良く今まで続けてこれたと感心してしまいます。今ではマッチがなにをするものか知らない子供さえいます。私も2月までは喫煙者でしたがマッチは殆ど使ったことがありませんでした。50年くらい前は喫茶店に入ると無料でマッチをくれていて一時はそれを集めていましたがもうそんなことが出来る時代ではありませんね。
元記事:朝日新聞デジタル




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、おはようございます

時代を感じてしまいます
相葉ちゃんは家では徳用マッチでした
薫子は、昔マッチの箱を集めるのが好きでしたか。。
色々デザインが素敵で取ってましたが。。。
もう、需要がないんですね
寂しくありますね
でも、お墓参りに行く時はマッチは必需品ですがね。。
2016.10.25 08:20 | URL | 薫子 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ウチには仏壇がありますが姪が来宅したときなどマッチが置いてあってもローソクに火がつけられません。世代によってこうも違うものかと実感させられます。私もヘビースモーカーでしたがマッチは使わずにライターでした。ライターのガスが切れたときにマッチを使っていました。

愛新覚羅
2016.10.25 08:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
戦中はマッチは配給でした。それもたっぷり使えません。
そこで経木にユオウを塗ったものも買い、それにマッチで火をつけて使ったものです。
桃マッチ懐かしいですね。
2016.10.25 09:53 | URL | 相子 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

私も高齢者なのですが流石に戦中のことまでは知りません。
マッチも配給だったのですね。当時は自動着火のコンロや
使い捨てライターなんかはなかったでしょうから生活必需品
だったのでしょうね。
我が家は仏壇がありますから今も使っていますよ。

愛新覚羅
2016.10.25 10:25 | URL | aishinkakura #- [edit]
懐かしいですね、このマッチ。
田舎で使っていたことあったなぁ。

就職(デザイン会社)したてのころ、マッチ箱のデザインしたのを覚えていますよ^^
2016.10.25 17:15 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

マッチ箱のデザインですか。まさかこれほどレトロでは
ないでしょうね。SANMA様ならスカッとしたデザインを
されたと思います。見てみたいです。

愛新覚羅
2016.10.25 19:16 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは 愛新覚羅さま 

子供の頃 五右衛門風呂で マッチは 必需品でした、

雨で 濡れると大変でした、

昔は 銀行にも マッチが置いてありました、

大きいのは あまり ないので 見かけた時は がめてました、
 
家ではマッチ 外ではライターでしたね、亡い人は!
ヘビースモーカー でしたから~ 

いつもありがとうございます、 たか
2016.10.25 19:18 | URL | たか #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

今でこそ火をつけるものは沢山ありますがマッチの前は
おそらく火打石でしょうね。それほど歴史があるものだと
思います。火打石で火を起こすのと比べたら簡単で当時は
画期的だったのでしょうね。

愛新覚羅
2016.10.25 19:33 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1603-fb543df6