豆腐の規制緩和

Posted by aishinkakura on 16.2016 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
tofu_seizou.png 厚生労働省の部会は11月29日、通常は冷蔵庫や水槽で保存されている豆腐を、「常温」状態でも販売できるよう、基準を見直すことを了承しました。食品安全委員会に諮問し、リスク評価を経て、早ければ来年にも販売が解禁される見通しです。災害時の緊急物資や非常食にも利用できるようになります。
 かつては製造・保管中の取り扱いが不衛生なため細菌の繁殖で健康被害が起きたことがあり、1974年におおむね10度以下に冷蔵保存するか、水槽内で冷水を絶えず交換しながら保存するなどとした基準が定められた経緯があります。
 しかし、パッケージや殺菌技術などが進歩、海外向けに常温で長持ちする豆腐を作っている会社もあり、全国豆腐連合会などが2014年に基準の見直しを要望していました。厚労省は海外に輸出している2社の商品をもとに安全性を調査していましたが今回緩和されることとなりました。
 製造基準が緩和されるということは値下がりにも通じることなので嬉しいことではあります。しかし製造業者は玉石混合です。輸出しているような大手もある一方で非常に零細なところもあります。本当に食中毒が防げるのか疑問が残ります。
元記事:朝日新聞デジタル





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

タイトルからは、中身が推測できませんでしたが、そういうことでしたか。勉強になりました。
縄で縛って持ち歩けるという豆腐があるのだから、豆腐は常温でOKと思っていました。

おっしゃる通り、常温保管が認められれば被災地でも豆腐が食べられますね。
でも、そんな時には加熱したほうが安心だろうと思うのですが
2016.12.16 16:15 | URL | 呑兵衛あな #JyN/eAqk [edit]
常温で保存。
それは消費者としてはありがたいこと。

でも確かに小規模で作られているところは大変でしょうね。
昔ながらの手作り感が良くて、車で1時間ぐらいの小さなお店に買いに行くこともあるんですよ。
2016.12.16 18:42 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

訳があってチルド温度帯にしたのですから原因追及が
中途半端では危険なだけです。
製造メーカーの方が緩和されても販売側は用心すると
思います。何かあったら販売者の責任が追及されて
しまいますから。

愛新覚羅
2016.12.16 19:30 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

手作りしているところの方が確かに味は良いと思います。
ただし規模が小さいとバラつきも大きく、良くできたときと
そうでないときの差が大きいと思います。
衛生問題の方もバラつきが心配です。

愛新覚羅
2016.12.16 19:32 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま 

昔 長女が 高校生の前後頃 長期保存の 豆腐がありました、
もらって食べましたが 今いち 美味しくなかったですね、

豆腐の美味しさは 冷ややっこ、

常温だったら 冷やして食べるのでしょうか?

面倒ですね、

いつもありがとうございます、 たか 
2016.12.16 22:41 | URL | たか #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

そうですね。スパゲティーならペペロンチーノ、豆腐なら
冷やっこが美味しさがよく解かりますね。
私がいつもスーパーで買っているのは1丁38円と激安です。
ただし水っぽくて放置しているとかなり水がでます。

愛新覚羅
2016.12.17 07:45 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1655-49622aba