玄関チャイムの無視

Posted by aishinkakura on 12.2016 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
自宅にいるときに玄関のチャイムが鳴った場合、約46%の人が無視をする、というアンケート結果が出ています。
  NHK受信料の訪問員だったり、新聞や宗教の勧誘だったりする可能性があるため「めんどくさい」「トラブルを避けたい」ことなどが居留守を使う理由だそうです。そしてこのアンケート結果から、無視するのはチャイムだけではなく、自宅の固定電話の呼び出し音もそうだ、と明かす人が多いのが現状だそうです。
  このアンケートはニュースサイト「しらべぇ」が全国の20代~60代の男女1365人に聞き、2016年5月5日に公開しています。「自宅のチャイムが鳴っても無視をすることがある」と答えたのは男性が40.9%、女性が53.6%で全体では46.4%になっています。
 無視する理由は、まずは「もしも変な人だったら...」と考えてしまう人が多くいるためですが、「NHKの受信料契約なら嫌だ」という人がかなりいて、ほかにも、新聞を含むセールスや宗教の勧誘は嫌だから、と答えている人がけっこういたといいます。
 都心だけでアンケートを取れば居留守を使う人はもっと多いはずだという意見もあり、訪問販売や勧誘でチャイムを鳴らされることを嫌がる人の共感が広がっているのが現状です。
 私が自治会の役員をやっているとき各戸を訪問したことがありますが私の住んでいるマンションはそんなことはなかったと思います。そればかりかチャイムを鳴らすと室内から応答すればいいのにいきなり玄関を開けてしまう人も多かったのには驚きました。一応オートロックなので不審者は入ってこないという前提なのかも知れませんが無用心ではないかと思いました。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1682-d03f9166