年金支給しぶり(やっぱりその方向でしょう)

Posted by aishinkakura on 04.2017 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
o0960准高齢者 1月10日の記事にもしましたが日本老年学会と日本老年医学会が2017年1月、高齢者の定義について、従来の「65歳以上」ではなく、「75歳以上」に引き上げるよう提言したのに対し、社会保障の切り捨てにつながらないか危惧する声が広がっています。政府は、社会保障制度に絡む定義見直しは慎重に対応する、と主張しているものの、超高齢化が急速に進む中、懸念は消えていません。
 日本老年学会などは、65歳以上の心身に関する各種データを分析し、65歳以上の健康状態や知的機能は10~20年前と比べると、5~10歳ほど若返っていると考えられると指摘。65~74歳については、健康で活力がある人が多く、高齢者の準備段階である「准高齢者」と位置づけたほか、75~89歳を「高齢者」、90歳以上を「超高齢者」と定義しました。特に、これまで高齢者とされてきた「准高齢者」については、仕事やボランティアなどに積極的に参加し、生き生き活動するよう呼び掛けています。
 戦後まもない1947年の日本人の平均寿命は、女性53.96歳、男性50.06歳だったのに対し、2015年は女性87.05歳、男性80.79歳と、平均寿命は格段に延びています。少子高齢化が進む中、働き手不足はあらゆる業界の深刻な経営問題となっており、両学会が「准高齢者」と呼ぶ世代による社会参加の要請は社会的にも大きいといえます。
 ただ、国民年金をはじめとした社会保障制度の多くは現在、65歳が基準となっており、高齢者の定義見直しが年金の支給開始年齢の引き上げなど社会保障の切り捨てにつながらないかを多くの人が懸念しています。
 一方、両学会は提言発表の際、社会保障制度の見直し議論につながる可能性について、「ネガティブな方向に動いてほしくない」と指摘。塩崎恭久・厚生労働相も提言発表直後の記者会見で、社会保障の定義見直しについては「企業の雇用慣行や国民の意識も十分踏まえた上で、慎重に議論しないといけない」と述べ、いずれも社会保障制度見直しの議論とは直接、結びつかないと強調しました。しかし、高齢化に伴う国の財政負担は年々、増加の一途をたどっており、すでに一般歳出の半分以上を社会保障費が占めている状況です。ある社会学者は「高齢者の定義引き上げは当然のことながら、社会保障制度の見直しを連想させる。そもそも政府が財政健全化に本気で取り組めば、制度の見直しは避けられず、今回の提言を機に本気で議論を始めた方がいいのではないか」とも話しています。ただ、厚生年金の支給開始年齢は段階的に65歳に引き上げられるなど、高齢者には厳しい環境になってきており、「これ以上厳しくなったら、どう暮らせばいいのか」との声も多い。生活に困窮する「下流老人」の増加も社会問題化してきています。政府はとにかく年金をセーブしたいのでしょうね。
元記事:J-castニュース





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、おはようございます

年金、薫子世代には切実な問題です
今日の記事を総括すれば、年金貰う年齢
を引きあえる考えと。。。。
政府の高官達、政治がは一意の市民のことを
理解してないと思います
彼らは、高所得だからです
いつも、上から目線で決められたら
困りますよね
安倍さんが、一度一意の市民の生活をしてみればいいんですよ
2017.03.04 08:52 | URL | 薫子 #JyN/eAqk [edit]
私の子供の頃は、もう六十を超えると、おじいさんと思われていました。
童謡の『船頭さん』は、
「村の渡しの船頭さんは、ことし六十のおじいさん
 年はとっても お船をこぐ時は 元気いっぱい…」
と歌われていた通りです。
今は確かに、そのぐらいの年齢は、まだ「壮年」という感じがします。
後期高齢者の呼称は、その次は末期高齢者かと思わせられ、不快でしたが、
このたびの定義変更は、年金減らしの準備のようでもある気がしますね。
大手企業にいた人は楽に暮らせますが、そうでない人も多いので心配です。
2017.03.04 08:53 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはようございます。コメントありがとう御座います。

私のように少ないながらもう給付を受け始めた人間はまだ
いいのですが、これから貰う人は不安でいっぱいだと思います。
心配ならお金を貯めればいいではないかなどと安易に言う人も
いますがそんなに簡単に貯まるものなら苦労しません。
ネットに年金のことは沢山出ていますから読んでみるといいですよ。
しかし、現行制度が変更される可能性は大いにありますが。

愛新覚羅
2017.03.04 09:10 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

これはあきらかに年金開始時期延期の布石ですね。
年金を払うのが嫌なら定年を75歳にすればいい。
しかし、それでは若い人がいつまでも出世できない。
このジレンマでしょう。完全能力給にすればこの問題は
解決するはずなのですが長い間年功序列が続いた国では
抵抗もありますね。
大企業の場合は企業年金がありますから楽ですよね。
私は大企業に在籍した期間が短いので雀の涙です。(泣)
私の周りの人達の悠々自適ぶりを指をくわえてみています。

愛新覚羅
2017.03.04 09:18 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま 

私は 子どもの頃 50~60歳くらいで あの世へと 思ってました、
いつの間にか 長生きの世の中になりました、

75歳まで 働く! 体力が ついていけるか? 

年下の友人が 60歳から年金を貰い始めました、 
1ヶ月に6,000円ほどですが 早く貰わないと
 いつ? どうなるか? 解らないからと 言ってます、
あと 5年待てばと 思いましたが 先は 解りませんね、

年金だけで 生活するのは 大変な世の中です、 

いつもありがとうございます、 たか 
2017.03.04 17:17 | URL | たか #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

定年が55歳の時代がありました。私のときは60歳でした。
希望すれば延期できました。私の場合2年延期したのですが
1年半の時点で家内が入院して亡くなるということがありました。
ハッピー退職として女子従業員から花束をもらって退社する絵を
描いていたのですがかないませんでした。花は花でも斎場の菊の花
になってしまいました。
親が大企業に行けといっていた意味が定年後に解りました。
企業年金のことです。気づくのが遅すぎました。

愛新覚羅
2017.03.04 19:29 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

働くだけ働かされてあとはポイですか!
本当に腹が立ちます。

まず改革するのは生活保護であるはずなのに
そちらは全く手をつける素振りも見えません。

大阪の生活保護受給者の半数以上が・・・・・・
詳しく書く勇気がありません(笑)

簡単に削れるところに手をつけようという根性が気に入りません!!!!!
2017.03.05 02:27 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ベンツに乗って生活保護費を受け取りに来たなんて
いう信じられない話もありますからね。
真面目に働いてきた人と働いてこなかった人は
明確にわけてもらいたいものです。

愛新覚羅
2017.03.05 07:40 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1733-7ba24cc8