犬の心が解かるかも

Posted by aishinkakura on 07.2017 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
dog_comm.jpg ペットの犬に装着したセンサーで「心の状態」を測定――。そんな手法を開発したと大阪府立大が発表しました。感じているストレスの度合いを心拍を測定して読み取るといいます。1月18日、日本獣医内科学アカデミーの学会で発表されました。
 人がストレスを感じると自律神経が影響を受け、心拍のリズム(間隔)が微妙に変化することがわかっています。リズムのゆらぎはストレス時では交感神経が働いて小さく、リラックス時は副交感神経が働いて大きくなります。人のストレス度測定は実用化されていますが、犬は心拍数と関連がある呼吸数が、安静時は少なく、回数の変化も大きいため測定に適さなかったのが現状です
 島村俊介准教授(獣医学)らは犬用の新たな解析法を開発、リズムのゆらぎの程度をうまく指標化できるようにしました。安静状態のビーグル犬5頭に緊張状態になる薬を投与すると、ゆらぎの指標は投与前の1%に減り、ストレス度が上がったことを確認できたといいます。測定に必要な時間は1分ほど。犬の健康管理や病気の早期発見につながる可能性もあり、2、3年後の実用化をめざし、シャープと共同で開発を進めているそうです。
 島村さんは「ご飯や音楽の好き嫌いといった犬の心の内が分かるようになる。新たなコミュニケーションツールの一つにしたい」と話しています。ちなみに猫は、犬と比べて心拍のゆらぎが小さく、今回の手法はそのまま使えないといいます。
これが進化して犬と話が出来るようになると素晴らしいですね。心がかようと野良犬であっても殺処分なんて出来なくなってしまいますね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

犬の心が判ることも素敵かもしれませんが、心電図を取ってスマホで閲覧できるという機能は人間用としても欲しいですね。医療用として使えると思います。
最近の腕時計タイプでは心電図の他に血圧を始め、かなりの数値データを取れると聞きましたから、あとはスマホとのデータやり取り機能を付加すれば良いのではないでしょうか。

現在の当該装置の機能だって、人間用に改良すれば、寝たきり老人とか...色々と使いみちがありそうですね、
2017.03.07 20:25 | URL | 呑兵衛あな #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

なるほど。人間用ですね。
寝たきりの人とも会話が出来るかも知れません。
ペットの前に人間ですね。
私の時計も血圧と脈拍数はとれるのですが信用して
いませんので一応正式なもので測っています。

愛新覚羅

2017.03.07 20:46 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

ネコにはミャウリンガルなるものが発売されていますね。
欲しいな~と思ったのですがTVで見ていたら
何とも変な通訳をしていました(笑)

この器械がいろいろと発展して行ってくれたら面白いですね。
2017.03.08 02:18 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ニャンコ用があったのですか。猫用は相当難しいでしょうね。
ワンコの方が思考が単純な気がしていますが、それでも
難しいのですから。

愛新覚羅
2017.03.08 07:59 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1737-d4cb2785