引越し蕎麦

Posted by aishinkakura on 11.2017 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
引越し蕎麦 あるサイトに引越し蕎麦についてのうんちくが書かれていました。考え方が間違っているというものです。まあ間違ってもどうということはありませんが知っていて損はないでしょう。
 間違えているのは引越しした新居で蕎麦を食べるという行為です。これを引越し蕎麦だと勘違いしているケースが多いのです。
正しくは引越ししてきた近所に蕎麦を配るということで、意味はそばに越してきました。すえ長くお付き合い下さいということです。
 リサーチ会社のマクロミルが2016年2月に実施したネット調査では、10代から50代の男女1696人のうち、引っ越しそばの意味を正しく理解しているのは27.3%。約半数の48.9%が「引っ越し先でそばを食べる」ことだと勘違いしていたということです。
 引越し蕎麦のいわれは識者によると
「引っ越しの挨拶にそばを配るようになったのは江戸時代中期、江戸の町人文化が始まりです。それまでは小豆粥や餅を配っていたようですが、より安価なそばを配るようになったと言われています」とのことです。
 そばを「配る」風習が廃れた理由については、一軒家やマンションの増加による「居住環境の変化」に伴って、 「隣人や大家へ挨拶する文化自体がなくなったことが原因の一つではないか」とも推測されています。我が家ではタオルを配りました。
元記事:J-CASTニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、GOOD mornig

うちのお兄ちゃんは必ず引っ越しの時配りものをします
大学の学生寮のようなアパートでは石鹸
ブーイングだったそうで
今度は福岡の名産、じょすいあんの筑紫餅。
博多通りもんではありませんので
薫子家はみん筑紫も餅が好きでなにかあるとそれを持って行きます
今度の場合、みなさん受け取って頂いて好評だったらしいです
2017.04.11 06:03 | URL | 薫子 #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

お兄ちゃんは若いのに感心です。若い人は気をつかわない人が
ほとんどではないかと思います。
石鹸だっていいと思いますよ。要は心なのですから。

愛新覚羅
2017.04.11 07:15 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま 

ここが 最後の引っ越し先でした、
皆が 一緒に 越したので 何もしませんでした、

ここへ来るまでは 後に残る人にも 石鹸!
当時は 石鹸・タオル ・時計 などが 多かったですね、

ここ 何年かは 越して来ても 挨拶もありません、
EV ホールで 会っても 挨拶もしません、 

若い世代ですが 引っ越して行く時も 何もありません、
物より 挨拶だけは したいですね、

いつもありがとうございます、 たか 
2017.04.11 11:32 | URL | たか #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

理解しかねる人が多いのも事実です。
玄関にもポストにも表札を出さない。確かにマンションは
部屋番号を書けば届きます。でも名前くらいは堂々と出して
もいいのではないかと思います。
犯罪者が身をひそめているのではないのですから。

愛新覚羅
2017.04.11 12:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

引っ越し先で蕎麦を食べるとは面白い勘違いですね。
そういえば香川では新居を建てたときには
年長者から順番にお風呂に入ってうどんを食べるという風習をTVで見ました。
香川ならはの風習ですね。

僕たちはこのマンションに建築時から入っているので
引っ越し蕎麦とは無縁でした。
隣もずっと一緒なので。
2017.04.12 02:36 | URL | 孝ちゃんのパパ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私も香川のケースを観たことがあります。
確かお風呂に入りながらうどんを食べていました。
酒を飲まない家ならいいのですが酒を飲む家だと
いつになっても入浴が終わらないでしょうね。(笑)

愛新覚羅
2017.04.12 07:14 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1772-aef35b9c