日本の電機メーカー全滅の原因

Posted by aishinkakura on 07.2017 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
     白物

 あるサイトに大西康之さんというジャーナリストがこの問題を解りやすく書いていました。私はなるほどと思いましたが文章が長すぎると思い要約したものを記事にしました。
 名門東芝が経営破綻の危機に瀕しています。粉飾決算が発覚したのが2015年の春。そこから、あれよという間に白物家電や半導体メモリー事業を売却するという、事実上の解体に追い込まれました。メディカル事業はキヤノンが、白物家電は中国の美的集団が買収。半導体メモリーの買い手はまだ決まっていないが外資になる見通しです。それでも原発事業で発生した損失を埋めきれる保証はありません。
 東芝より一足早く経営危機を迎えたのがシャープでした。液晶テレビ「アクオス」の大ヒットで世界一の「液晶帝国」となった同社は、液晶パネル工場への過剰投資が仇となり、リーマン・ショックを境に一気に坂道を転げ落ちました。2016年夏には台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入っています。
 もう少し前には半導体、液晶パネルで身の丈を超えた投資をした三洋電機が経営危機に陥り、白物家電事業を中国の海爾集団に売却。本体はパナソニックの傘下に入りました。
 かつて電機産業は自動車と並ぶ日本の中核産業でした。国内で生産されるラジオ、テレビ、ビデオレコーダーや半導体は世界市場を席巻し、輸出立国の礎となっていました。しかしリーマン・ショックを境に二つの産業は明暗をくっきり分けました。自動車は元気です。ところが電機は海外市場で韓国サムスン電子や中国メーカーに押され、スマートフォンやパソコンといったデジタル機器でも白物家電でも半導体でも、さっぱり稼げなくなってしまいました。
 大西さんはこの原因が太平洋戦争に似ていると言っています。なるほどと思ってしまいました。原因をつくたのはスマホです。殆どのことがスマホで出来るようになりました。そして稼げるのはソフトウエアの方ですハードウエアばかりを作っていたのではグーグルやアップルなどのソフトウエア会社から買いたたかれるだけです。つまりソフトウエア会社が航空機でハードウエアばかり作っている会社は巨砲大艦時代から抜けられないでいた旧帝國海軍と同じだと言うのです。
 日本が対抗するには優秀なソフトウエアで立ち向うしかないのですがもはや勝負はついてしまったようです。この分野ではコスト的にも勝ち目はありませんから。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

一般的な家庭電気製品でもそうですよね~
松下幸之助氏などの立身出世伝の時代がウソのようです。電気メーカー設立者ばかりでなく当時の人達は、政治家にしてもポリシーを持っていたように思います。

最近十数年ぶりにパソコンのハード的な事を調べる機会があり、日本製の物が無いという事に愕然としました。
古くは「NECの98xxシリーズ」をはじめとして、シュープだりEPSONだのとが自社ハードウェアの優劣を競っていましたが、今ではWindowsとMacだけで、それを中国と台湾で作っているという構図なんですね~
スマホの世界でも、アメリカと韓国。嘆かわしいような。
懸命に背伸びしていた時代の日本人は太平洋戦争に負けたことで、消え失せたということなのでしょうか
2017.06.07 11:57 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんにちは 愛新覚羅さま 銀座線の車内で パナソニックの冷蔵庫のポスター
見ました、 こんなに 良くなった!と 写真が! 
まだ 使えるから いいわ!と 思いました、 
ホントは 欲しいのですが、・・・ 長女が 義父母と 同居するからと
貰ったので 12年 経ちます、我が家のが 壊れたので 買わずに済みました、

韓ドラでは 冷蔵庫がスゴイですね、 キムチ用の冷蔵庫が あるんですね、 
昔は 新しい家電製品が 出ると 買い替えた物ですが、
今は 壊れたなら 買おう!そんな時代かも しれません、 

いつもありがとうございます、 たか
2017.06.07 12:16 | URL | たか #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

我々の世代は子供の頃にこのように聞いてきた筈です。
「日本人は優秀なのだ。戦争に負けたのは技術ではなく資源が無かったからだ。
同じアジア人でも日本だけが一等国なのだ。他は三等国だ。
なんというおごりでしょうね。これでは他のアジアの国々に競い負ける筈です。
日本が世界に誇れるのは識字率の高さと勤勉さ、道徳心の高さくらいしかない
と思います。今はそれさえも崩れかけています。
もう政治がどうのこうのというレベルではないのでしょう。

愛新覚羅

2017.06.07 13:47 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

私が子供の頃はアメリカのホームコメディー番組がありました。
アイ・ラブ・ルーシーなんかもそのひとつです。
アメリカの電化製品の多さに憧れていました。
そのアメリカの電化製品を日本製品が次々駆逐していったのですね。
いま日本で同じ現象が起こっています。中国製、韓国製の安い家電
が日本製品を駆逐しだしました。最近は安いだけではなく品質も
良くなってきました。

愛新覚羅
2017.06.07 13:52 | URL | aishinkakura #- [edit]
教授、お疲れ様です(^^)/

空母を造らず、大和・武蔵を造ってしまった海軍と
家電メーカーが同じとは、時代は変わらないのですね~。

なまじ技術力があるから、モノは作るけど
発想が貧困なんでしょうかね。

そういや日本のエレキギターも、コピーモデルはあるけれど
オリジナルはあんまり無いかもしれませんね(>_<)

2017.06.07 17:21 | URL | みーむし #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうですね。発想力、アイデアがプアーなのだと思います。
学力からみても日本人は応用問題になるとからきし弱いです
ものね。
あらら、エレキできましたか。そうですよね。どのギターを
みてもストラトかテレキャスかレスポールのコピーですよね。
最初に開発したものが一番弾きやすいのかも知れませんが。

愛新覚羅
2017.06.07 19:27 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1829-9c6b94c8