ピンときません。

Posted by aishinkakura on 16.2017 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
001残業 政府が導入を目指す「残業時間の罰則付き上限規制」の法制化について議論している厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会が5月30日開かれ、労働基準法など関連法の改正案を早期に国会に提出するよう厚労省に求める報告書案が示されました。分科会は6月中にも報告書をとりまとめるようです。厚労省は法案作りに着手し、今秋の臨時国会に提出する方針だそうです。
 報告書案は、残業時間の上限について、原則として「年360時間、月45時間」、繁忙期などの特例として「年720時間」と設定し、極めて忙しい1カ月は「100時間未満」などと制限をかけるとしています。3月末にまとまった「働き方改革実行計画」に盛り込まれた内容と同じだそうです。
 「年720時間」の上限に休日労働が含まれておらず、「抜け穴」があるとの批判もあります。報告書案は、企業が休日労働を抑制することを指針で定めるよう求めています。残業規制の適用除外となる研究開発職について、月100時間を超える時間外労働をした人に医師の面談を義務づけることも盛り込んでいます。これに違反した企業に罰則を科すため、厚労省は労働安全衛生法の改正を目指すようです。
 私達のような働き蜂世代にはぴんとこない内容です。なぜ残業や休出を目の敵にするのかも理解出来ません。過労死までしてはいけませんが会社としてはやりにくくて仕方がないと思います。残業や休出を頼むと法律を持ちだしてきて断るかも知れません。きっと中間管理職の過労死が増えることでしょう。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

いろいろ問題のある制度のようですね。
たしかに中間管理職の方は大変でしょう。
私も独身時の職業は、月100時間以上の残業が付き物でした。

娘は会社で残業を規制されているため、自宅に持ち込んでやっていましたよ。
休日も、平日の夜間も。
他の同僚も皆そうだったようです。
よく休日の日も携帯に仕事の電話がかかってきていましたよ。
2017.06.16 19:26 | URL | 冷凍SANMA #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

昔は無茶苦茶でした。残業が200時間を超えていることも
ありました。(正規労働時間より長い)
3カ月休みなしなんてこともありました。
それでもへこたれずに頑張っていましたが今だったら「バカ」
と言われてそれまででしょうね。(笑)
よく生き残ってこれたと思っています。

愛新覚羅
2017.06.16 19:41 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま  

若い頃は 9~5時 月から土まで、毎週 働いてました、
その内 土、3時まで から 12時まで 
時々 残業して 有給もないから 休んでも月給制で同じ お金
そんな時代でした、 

祭日も 今ほど ないし たまに 週の半ばに 休みは嬉しかったですね、
良く 働きました、 

サービス残業では 困りますね!

いつもありがとうございます、 たか 
2017.06.17 21:00 | URL | たか #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

今思うと弱肉強食のような世界だったのでしょうね。
サービス残業に耐えられる人間だけが生き残っていくような。
会社は人件費が浮いた筈ですが、それで設備投資出来ていた
のでしょうね。
団塊世代のサービス残業、休日無料奉仕が日本経済を支えて
いたのではないかと思います。
過労死した人もいるのでしょうが話題にもなりませんでした。
身体が弱かったでおしまいです。今では考えられません。

愛新覚羅
2017.06.17 21:19 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1838-b2583ada