ビーズバック

Posted by aishinkakura on 18.2017 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
ビーズ  レトロなイメージのあるビーズバッグが、ここに来て注目を浴びているとのことです。きっかけは、2017年5月28日、ツイッターに投稿された、「昭和に流行ったビーズバッグ。持っている人は捨てちゃダメだよ。いらないと思ったら誰かに譲って。(中略)作る人がもういない。最早消えるのみだから」というつぶやきでした。今となってはタンスの奥に眠っていそうなビーズバッグは、そんなに貴重なものなのでしょうか。
 このツイートは、3日間で6万1000件以上リツイートされ、別のユーザーが投稿した、「国立民族学博物館の池谷和信先生が『捨てるなら、みんぱくに送ってください! 僕らが保管します。もはや貴重な文化財なんです』とおっしゃっていました」といった趣旨のツイートも拡散しました。
ツイッター上では、
「このビーズバッグは祖母から母に、母から私にと受け継ぎました。ツイートを拝見し、これまで以上に大事にしていこうと思いました。ありがとうございました」
「押入れを探せばビーズバッグがいくつもあるはずです。当時、そこのおばちゃんからよくもらってたので。ありふれたものでありがたみを全く感じていませんでしたが、今となっては大変貴重なものですね。大切にします」
など、写真付きでマイ・ビーズバッグを紹介するツイートも多く、熱はさらに加速しているようです。
 現在、日本製のビーズバッグを製造できるのは、平田袋物工芸(東京都台東区)などごくわずかのようです。この状況を見ると「消えゆくのみ」というつぶやきも「おどし」ではないことがわかります。
 そういえば私の子供の頃は良く見かけました。女の子もおもちゃのビーズバックを持って遊んでいたような気がします。でも確か手作りしている人もいたような気がします。その人はもうおばあちゃんになっているでしょうがひと稼ぎできそうですね。
元記事:J-CASTニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

SNS時代の現象のひとつですね
時を刻んできたものは
それだけで魅かれてしまいます。
2017.06.18 10:09 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

私の子供の頃に流行っていた記憶があります。
手ざわりが独特でした。リバイバルするのでしょうか。

愛新覚羅
2017.06.18 10:56 | URL | aishinkakura #- [edit]
教授、こんにちは

タンスの中に母のビーズのバッグ眠ってますよ
薫子は、母の形見としてしまっていますが
今時ビーズのバッグが流行っているなんて
大切にしますが、使った方が親孝行でしょうか
2017.06.18 13:51 | URL | 薫子 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

お持ちでしたか。一般には形見品は使ってあげた方が供養に
なるとはいいますね。しかし流行りもありますから何とも
言えません。まして外野の私が言う権利がありません。(笑)

愛新覚羅
2017.06.18 14:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま  

私は 高校時代 修学旅行で 母のビーズのがまぐち でした、

当時 100円札で お釣りを貰うと 膨らんで
大変でした、 

懐かしい記事ですね。

いつもありがとうございます、 たか
2017.06.18 16:04 | URL | たか #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

ビーズというと女性っぽいので私は使いませんでしたが
財布もありましたね。私の母親も当時は持っていました。
いまは見かけませんので捨てたのかも知れません。

愛新覚羅
2017.06.18 18:44 | URL | aishinkakura #- [edit]
ビーズの小銭入れあるけど重くて。
ちなみに国産ではないけれどね。
母の日遺品に がまくたならあったかも!
2017.06.19 00:03 | URL | おこちゃん #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

石関連だと思いますので持っていらっしゃると思って
いました。
自分で持ったことはありませんが重いですか。やっぱり。

愛新覚羅
2017.06.19 07:06 | URL | aishinkakura #- [edit]
そうですね。昭和には見かけたものですが、、、昭和から平成になり随分となりますからね。モノを大切にする、という気持ちは古くなってほしくはないですね。
2017.06.20 02:49 | URL | TORU #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

製法は知りませんが多分手間をかけて作っているのではないか
と思われます。現在は手間をかけるなんてものはありませんから
貴重なのでしょうね。

愛新覚羅
2017.06.20 07:20 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1840-0448235e