二胡に関する笑い話

Posted by aishinkakura on 24.2017 ギター関係 6 comments 0 trackback
二胡 私は弾けないのに二胡を持っています。なぜ持っているのかというお話です。
 話は15年くらい前に遡ります。当時は仕事で海外出張が多かったのです。とりわけ中国に多く行きました。食品工場とか農場関係ですから都会ではなく田舎です。あるとき突然家内からリクエストがあり二胡をお土産に買ってきてくれというのです。かさばるから嫌だったのですが、それまでお土産もろくすっぽ買ってきていなかったので罪滅ぼしと思い引き受けました。
 引き受けたのはいいのですが行っているところは田舎です。そんなものは売っていません。同行しているメーカーの現地スタッフに無理をいって通過する大きな街(多分杭州)で少し時間をもらい、そのスタッフに案内してもらって楽器屋に行って二胡を購入しました。ハッキリ覚えていませんが日本円で1万円くらいだったと思います。荷物になりましたがスーツケースと二胡を持ってその後の日程を回りました。
 そして帰国の時ですが成田に着いて税関のチェックがあり、担当者からそのケースは何ですかと質問を受けました。二胡ですよと回答したのですが、ダメです。国内持ち込み出来ませんと言われてしまいました。知らなかったのですが二胡に貼ってある革はニシキヘビの皮でワシントン条約で禁止されているものだとのことでした。
 せっかく苦労して購入して苦労して持ち運んできたのにそれは無いと必死に担当者にお願いしました。そうしたら許可してくれたのです。個人利用ならいいのか必死さが伝わった今でもわかりません。
 そんなこんなで苦労して家に持ち帰りました。そして家内に渡したところ、はじめは喜んでいたのですが、いきなり要らないと言ってきました。ニシキヘビの革が気持ち悪いとのことです。今までの苦労は何だったのかと思い力が抜けてしまいました。(大笑)
 でも後から考えたら日本国内でも二胡は売っていますよね。ワシントン条約はどうなっているのでしょうか?
 カテゴリーをどこにしようかと迷ったのですが一応弦楽器なのでギター関係にしておきました。(笑)




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

教授、おはようです

今日は、麻央さんの記事かと思っていました
悔しくて悔しくてなりませんが、彼女の人生は満たされていたのかなと思ったりします
よく頑張ったねと。。

本題行きます
ニ胡、初めて知った楽器です
読み進めるうちに教授の奥様への愛を感じてしまいました
どんな音色が出るのでしょう?
教授、練習してアップして下さい
2017.06.24 07:39 | URL | 薫子 #- [edit]
素敵な想い出の“二胡”ですね
時々行くカフェで、二胡を奏するお客さんがいて
その素朴な音色に、ついつい引込まれ、癒されます
是非、音色を聴かせてください(^_^)v
2017.06.24 07:47 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

麻央さんは残念でした。実は明日の記事に少し載せさせてもらい
ました。同じがん患者として良く頑張ったと拍手しました。
さて二胡を演奏してアップしろとの無茶ブリですが使って
なかったのに一部破損しているようです。演奏は無理かと。

愛新覚羅
2017.06.24 08:19 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

あらら、Tazumichi様からも無茶ブリですか。
上の辺コメに書きましたように故障しておりまして
練習も出来ない状態です。残念なのですが。

愛新覚羅
2017.06.24 08:21 | URL | aishinkakura #- [edit]
民族楽器と言われるもので、特に弦楽器や吹奏楽器は
哀愁を帯びた音色のものが多いような気がします。
二胡で弾く西洋音楽はなかなかいいですね。

日本円で2万円ということは、実質20万ぐらいのものでしょうか。
かなり良いものなのでしょう。
それにしても税関でよく通ったものです。
この人は奥さん思いが強いなあと感心されたのでしょうか。
あるいは説得力が素晴らしかったのか。
私ならすぐ諦めてしまいます。

しかし二胡は蛇の皮が張られていることを思うと、
三味線は猫の皮ですから、猫好きの人は大丈夫なんでしょうかね。
2017.06.24 09:54 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

日本円で1万円ですよ。現地では大金でしたが日本では
多分2万円くらいのものだと思います。
今思うに当時はワシントン条約に適用されたばかりだった
のではないかと思います。ですので私のように知らずに
持ち帰る人が多かったのではないかと思います。
調べたら現地で書類を作成していれば持ち込みは可能な
ようです。百貨店などでは作成してくれたのでしょうが
それほど大きくない楽器店だったのでやってくれなかった
ようです。

愛新覚羅
2017.06.24 10:11 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1846-c117d815