蟻が象に勝った(ipod裁判)

Posted by aishinkakura on 13.2013 パソコン関係 6 comments 0 trackback
象と蟻 10月2日の東京新聞に蟻が象に勝ったという見出しがありました。これはapple社と日本の発明家の裁判結果についてです。日本の発明家が自ら1998年1月に特許出願したクイックホイールをapple社に対して売り込んでいたそうです。しかし条件面で折り合わず2004年8月に決裂したそうです。その後明らかにその技術を使ったと思われるipodが発売されました。



 この特許権をめぐって発明家と弁護士のたった二人でapple社の10人以上の弁護団と戦ってきましたが2013年9月26日の東京地裁の判決はapple社に3億3千万円の支払いを命じました。発明家のはじき出した金額は100億円だったのでかなりの減額ですが裁判は勝ったか負けたかですから良かったのではないかと思います。実に6年7カ月に及ぶ裁判でした。あのカリスマのスティーブ・ジョブズがこの技術をパクったのでしょうか。彼を教祖と仰ぐ私には信じられません。今迄数多くの機種にこの円形のクイックホイールが使われてきましたが今はipod classicのみとなっていると思います。apple社は負けることを予知していて使わなくしてきていたのかも知れません。
 それにしてもこの発明家は日本のメーカーに持っていかなかったのでしょうか。もし日本のメーカーがこれを使っていたら携帯音楽視聴装置においてipodの独走はなかったかも知れません。またiTunesもなく日本の企業が音楽配信サイトをやっていたかも知れません。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

こんばんは。
裁判の分野が全く違いますが、アメリカではマクドナルドのコーヒーをこぼして火傷をしたのはコーヒーが熱すぎたからと3億円の賠償金をもらったという話を聴いたことがあります。
そんな話と比べるとなんとも三億三千万円は安いですね。
日本での裁判だったからなんでしょうか。
ソニー辺りに持って行って欲しかったです(^0_0^)
2013.10.13 20:14 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
おばちゃん様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

この裁判はこれで終るとは思えません。アメリカでの裁判もあると
思います。私も経験していますがアメリカで先に特許を押さえているか
どうかが問題になります。
この特許はソニーに持って行ったとしたらソニーの保守的な人達から
相手にされなかったかも知れませんね。今やソニーは革新的な企業では
なくなってしまっていますから。もしかしたら持っていって駄目で
アップルに行ったのかも知れません。

愛新覚羅
2013.10.13 21:00 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

これは日本だったから勝ったのかもしれませんね。
アメリカでの裁判もあるかということですが
向こうでは負けることもあるかもしれませんね。
2013.10.13 21:54 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
孝ちゃんのパパ様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

アップルは自社で製造せず全てOEMです。
そのため特許問題が多く発生しています。
通常はアップルが真似されたという方が多いのですが。
アメリカだとアップルのホームゲームですからやはり有利でしょう。

愛新覚羅
2013.10.13 22:17 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま

我が家の 教祖様も 色々持ってますが、
私が いつも 思う事、
互換性がありません、
必ずその機種に対して必要な物を買う! 

去年 PC 買い換えましたが、予算の倍ほど、
絵を描くので 仕方ありません、

もう少し 頭が柔らかくならないものでしょうか? 

いつもありがとうございます、  たか
2013.10.13 23:51 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
たかちゃん様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

そうですね。メーカーも互換性のことは考えているのでしょうが
仕組みを大幅に変更した時は無理なんでしょうね。
周辺機器まで買い替えになると大変です。しかし少し待つと
周辺機器のアップデートがあり、◯◯対応版バージョンなどと
いう対応策が取られますので待つのが良策と思っています。

愛新覚羅
2013.10.14 07:38 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/489-891fa7f5