アメリカでも車離れ現象が

Posted by aishinkakura on 10.2013 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
ティーンエイジャー 2013年8月に、自動車関係の調査で世界的な権威であるミシガン大学の運輸調査研究所があるリポートを公表し、自動車業界に衝撃を与えました。米国の象徴であり、基幹産業である自動車。大手自動車メーカーも、メーカーの労働組合も、共に絶大な政治力を持っています。当然、調査結果に嫌悪感を示し、車離れは不景気による一過性のものだと“火消し”に躍起になっています。「車依存症」とも言えた米国社会は、変わろうとしているのでしょうか。もしそうだとしたら、その影響は計り知れません。街づくりも公共事業の計画も、生活のあり方全てが「車社会」を前提として築かれてきたからです。米国人の運転距離が減っている大きな原因は「16歳から34歳の若い層で急速な車離れが起こっているから」だというのです。この年齢グループは、2001年から2009年の間に積算運転距離が23%も減っています。一方で、公共交通機関の利用率は40%も上がっています。自転車通勤は24%の上昇です。
 一昔前は、米国の若者は16歳前後になると、こぞって運転免許を取りました。車に乗ることが自由への第一歩であり大人の証しでした。夏休みに朝から晩までバイトし貯めた金でボロボロの中古車を買い、愛車に乗って友人たちと遊び回った。その様子は米国の青春映画を見れば必ず描かれています。「なぜ免許を取らないのか」という質問に対して一番多かった回答は、「忙しいから」というもの。2番目に多かった回答は「維持費が高いから」。3番目の回答は「乗せてくれる人がいるから」でした。一見、情けなくなるような理由ばかりですが、維持費が高いというのは切実な理由でしょう。若いドライバーの事故率が高いため、近年、保険料は高騰しました。また安全基準が厳しくなったため、若者が昔のようにボロボロの中古車を安く手に入れることが難しくなっています。免許取得に関しても、若い年齢層にはより多くの練習とテストを課する州が多くなっているのが現状です。
 現在、ティーンエイジャーが自由を獲得するのは、携帯電話やスマートフォンを与えられたときだそうです。世界が一気に拡がりますからね。あの自動車大国アメリカでも日本と同じ現象が起きているのですね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

愛新覚羅 様
こんにちは。

地方都市では今でも必需品です。
スーパーの駐車場の車から降りてくるお年寄りの中には歩くときは杖を使っている人もいます、でも運転は出来ているんですよね。
車の運転が出来なくなった時が買物弱者になる時かもしれません。

通勤もしかり、電車・バスなどでの通勤は難しいです。
やはり車通勤になります。

高校卒業までに免許を取るのがこちらでは常識です。
そして社会に出て最初に買う車が軽自動車の中古車ですね。
なのに政府は軽自動車税の増税を考えているとか。

人口の大都市集中が車離れの原因の一つとも言えそうです。
地方では必需品の一つなんですけど、
車を持つための税を含めた優しい環境も考えてほしいものです。

気まぐれおやじ




2013.11.10 12:29 | URL | 気まぐれおやじ #JyN/eAqk [edit]
気まぐれおやじ様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

地方もそうでしょうが病人や年寄りをかかえている家庭にとっては
車はなくてはならないものです。いつでも病院に行ける用意がなく
てはなりませんから。
偉そうなことをいいますが、勿論若い時はそうではなく、単に
持っていることが恰好いいからとか女子にもてるからとかの理由
でした。車を持つことが人生の目標であった時期もあります。
今の若者は一体どうしてしまったのでしょうか。将来に希望の
持てない社会にしてしまった大人達が悪いのだとは思いますが。

愛新覚羅
2013.11.10 13:39 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

アメリカでもそうなんですか!
我が息子達は長男も次男も運転しません。

僕はルート66をTVで見ていた時(小学生)から
早く免許とってアメリカを走るぞって夢見ていました。

実際に走れたのはほんの10年ほど前でした。

今の若い連中は携帯と携帯ゲームにお金を使ってばかり!
夢がないですね!
2013.11.11 19:40 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
孝ちゃんのパパ様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

全くです。彼女とドライブしなければ若い頃の思い出が
作れないのではないかと心配してしまいます。
私もハーレーに乗って東海岸から西海岸を制覇してみたかった
のですがもう体力的にも無理でしょう。
四輪ならまだかすかに望みもありますが。

愛新覚羅
2013.11.11 20:01 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/517-737c216b