お相撲さんの搭乗

Posted by aishinkakura on 21.2013 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
 朝日新聞デジタルに面白い記事がありましたので転載しました。お相撲さんといえば、イメージは一つ。体が大きい――といったら聞こえはいいです。だが、現役時に体重190キロ近くあった元幕内大翔山の追手風親方は、「俺たちから相撲を取ったら、ただのデブだもんね」と自嘲する。巨漢力士たちのエレジー(哀歌)を聞いて下さい。
 力士の最重量は、北の湖部屋の三段目力士、大露羅(おおろら)。身長193センチで、体重はいま271キロ。昨年、故郷ロシアで弟の結婚式があり、久しぶりに飛行機に乗りました。再来日直後、「僕、もう二度とイヤです」と涙目で語っていました。写真は大露羅さんですがお箸が爪楊枝、どんぶりが普通の茶碗にみえますね。
 大型力士が飛行機に乗る際の最大の難題は、手洗い。狭い飛行機のトイレに、どうやって入るのか。個室内で方向転換ができないので、後ろ向きで入る。そのまま便座に腰掛け、用を足したら、また、そのまま前進して脱出するのが力士流だそうです。
 記事はここまでですが現在の幕内力士の平均体重は161kgです。大露羅ほどではなくても苦労すると思います。座席もエコノミーは当然無理でしょう。一般人でも狭い位ですから。ビジネスクラスやファーストクラスに乗ったことがありますがこれだったら一般人には余裕があります。でもお相撲さんには無理でしょうね。一体どうやって乗っているのでしょうか?貨物と一緒だったらなんとかなりそうですが温度調節がついていないそうですから無理でしょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

昔、欧州から南回りで帰って来るとき(当然エコノミー)
後ろの人がお相撲さんのように大きな方だったんですが
ほんの少し動いただけで、後ろからシートを突き上げられる様な感じで
殆ど眠れませんでした。

身体が大きいとあんな狭い空間では本当に大変だと思います。
特にトイレは大変でしょうね。
2013.11.21 15:03 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
Tazumichi様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

それは災難でしたね。
私とよく出張をともにした人が身長は165㎝でしたが体重が100kg
あり、周りの人が迷惑しました。足は短いので前席は大丈夫ですが
隣がきつくてたまりません。彼は自費でビジネスクラスの超過分を
払って乗ることもありました。
100kgでこうなのですからお相撲さんは大変です。

愛新覚羅
2013.11.21 15:32 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

以前、小錦だったかな?
ファーストクラスを二席使って乗るというのを見たような気がします。

小錦だったら二席でも狭そうですね!
2013.11.21 21:52 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
孝ちゃんのパパ様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

やはりそうなのですね。でもファーストクラスは1席づつ
離れていたような気がします。その場合は難しいですね。
ビジネスクラスなら2席づつなので可能でしょう。
それにしても航空運賃がバカ高くつきますね。

愛新覚羅
2013.11.21 22:04 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/529-5dcf9d9f