これは以外!(心臓病の再発)

Posted by aishinkakura on 10.2013 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
怒り 気が短かったり、怒りっぽかったりする人は、心筋梗塞など重い心臓病になっても再発しにくいとする研究報告を日本医科大学の研究グループがまとめました。怒りを素直に表現できる人は、心臓への負担が軽くなっているのではないかということです。
 この研究を行ったのは日本医科大学の水野杏一名誉教授らの研究グループです。グループでは心筋梗塞や心不全など重い心臓病で入院した患者414人を対象に、退院時に怒りっぽい性格かどうかを判定する検査を受けてもらいました。この検査は、「他人の間違いで自分が遅れると腹が立つ」など10項目にどの程度当てはまるかを答えるもので、グループでは、その後、2年半にわたって患者を追跡調査しました。
 その結果、怒りっぽい性格だと判定された患者は、そうでない患者に比べ、心臓病を再発するなどして入院したり死亡したりする割合が半分程度だったということです。また、「うつ状態」かどうかを判定する別の検査も行ったところ、「うつ状態」の患者は、そうでない患者に比べ、再発などによる入院や死亡の割合が2倍だったことも分かりました。「怒り」の感情は、一般に心臓への負担を増やすと考えられているということですが、水野名誉教授は、「怒りの感情を素直に表現できる人はストレスが減り、リスクも低くなるのではないか」と話しています。
元記事:NHKニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

おはようございます♪

自分は気が短いですが、とっても我慢強いので…だいぶ負担かかってます(^^;
そんな研究しなくても感覚的に分かります。

ま、分類が単純すぎて何とも言えませんけども、そーゆー人って病気より事故の方が心配です(笑)
2013.12.10 05:48 | URL | 幸之助 #JyN/eAqk [edit]
幸之助様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

幸之助様のブログからも性格が解ります。しかも正義感も強い。
やっぱりそうなのですね。研究不要でしたか。
おっしゃる通り事故の方が心配ですね。気をつけて下さい。

愛新覚羅
2013.12.10 07:29 | URL | aishinkakura #- [edit]
おひさしぶりです!

この記事を読んで目から鱗でした、怒りっぽい人のほうが
体にやさしいんですねw はじめてしりました

ようするに、わたしなりの解釈ですが、怒りを我慢して悶々としているよりも
パーっと怒って言いたいこといって、スッキリしたほうがいいってことですよね

でも、怒りっぽい人も様々で、いつまでも、ねちねち怒っている人はやっぱり
体によくないと思いますね
2013.12.11 03:32 | URL | 沙みおん #JyN/eAqk [edit]
沙みおん様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

セブンの口溶けショコラ食べましたよ。美味しかったです。
私の記事の方はようするにストレスの問題ですね。
ストレスを貯めてしまうと病気になりやすいという事でしょう。
これは心臓に限ったことではないと思います。

愛新覚羅
2013.12.11 07:45 | URL | aishinkakura #- [edit]
怒りをぶつけた方が長生きできるとは知りませんでした。

私は怒っても顔に出さないほうなので、たぶん早死にです。主人が機嫌が悪くても黙っていつも通りにして34年過ごしてきました。
息子にもお母さんみたいなタイプは長生きできないと言われたところです。

2013.12.11 14:21 | URL | ReikoJanvier #JyN/eAqk [edit]
Reikojanvier様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

長生きすることが得なのか損なのかは、その人の価値観なので
良く解りませんが、ストレスを貯めると病気になりやすく、
心臓病以外でも死ぬ確率が大きくなるのでしょうね。
私は長生きを望みませんが苦しんで死ぬのは嫌です。
心臓病なら一気に逝けるので楽ではないかと思っています。

愛新覚羅

2013.12.11 19:41 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/548-6b34d0aa