また懐かしい店が

Posted by aishinkakura on 09.2014 お気に入り 4 comments 0 trackback
 また私の懐かしい店が消えてしまいました。ガード下の大衆酒場として親しまれてきた東京・神田の「升亀」が、12月28日で店を閉めてしまいました。創業から40年余。200円台からそろう豊富なつまみ、ボリュームたっぷりの定食類が多くのサラリーマンに愛され、故・高円宮さまもお忍びで訪れたそうです。12月は連日、閉店を惜しむ客が続々と集まってきたそうです。創業は1960年代後半でした。時代は高度成長期。夜通し働いた作業員らにくつろいでもらおうと、朝からアルコールを提供。名物のいか天、顔の大きさほどのジャンボメンチカツ、大ぶりに切ったまぐろぶつ……。安さと確かな味に、のれんをくぐる酔客が絶えなかった神田の名物店でした。私は学生時代も社会人になってからも神田を経由することが多く、良く利用させてもらいました。写真の看板の上の方を中央線と山手線が走っていてかなりの騒音でした。それでも安さと気軽さから、ちょっとひっかけるといった利用にはピッタリの店でした。16時位から飲んべえが集まっていて会社の退社時間から行ったのでは入れないことも度々ありました。私の好みからいいますとミシュランの星をとっている店より大好きです。ここで酒と料理にウンチクをぬかすような輩はいないので楽しんで飲み食い出来ました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ガード下って雰囲気ありますよね

時代と共に消えていくものはある意味仕方ないですが
やはり寂しいですね
特に一緒に歩んできたモノが無くなると特に…
2014.01.09 10:23 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
Tazumichi様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

味とかではなく思い出なのですよね。苦しい仕事の合間に仲間
と愚痴を言い合いながら呑んだ思い出が強いです。
サラリーマンにとって職場は戦場ですが、こういう店は防空壕
的な意味合いで安心感がありました。

愛新覚羅
2014.01.09 10:31 | URL | たかちゃん様 #- [edit]
神田の大衆酒場、大変懐かしいお話です。
昭和50年から4年間八重洲の近く、平成3年から2年程日本銀行の
近くが勤務地で、良く神田は訪れました。
酒場の名前は忘れましたが、同僚たちとガード下の立ち飲みに寄ったものです。
サラリーマンにとってはいい場所だたのですが、残念ですね。
当時とは大分様相も変わったことでしょう。
懐かしい思い出です。
                             はいばらじじ
2014.01.09 20:15 | URL | はいばらじじ #JyN/eAqk [edit]
はいばらじじ様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

はいばらじじ様も神田に寄られていたのですね。
もしかしたら同じ時間に同じ店にいたかも知れませんね。
神田はあまり大きく変わっていませんよ。
しかし見た目がきたない店はなくなってきています。

愛新覚羅
2014.01.09 20:25 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/578-78641853