自慢話(金田正一氏)

Posted by aishinkakura on 09.2014 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
金田 

 自慢話といっても私ではありません。400勝投手の金田正一氏です。金田といえば往年の野球ファンなら誰もが知っている大投手です。現役引退後も巧妙な話術で楽しませてくれています。2月28日号の週間ポストにその豪快な自慢話が載っていましたので要約してご紹介します。



記者:金田さんは豪速球だったらしいですがどの位速かったのでしょうか?
金田:スピードガンはなかった国鉄時代だがおそらく180kmは出ていたと思う。阪神戦で球が速過ぎてクレームがつき、バッテリー間の距離を再計測したことがある。その位速かったということだな。

記者:超スローカーブも凄かったみたいですね。
金田:山なりの60kmくらいの落ちるカーブが投げられた。上からストンと落ちるのでキャッチャーはミットを空に向けて構えていたものだ。

記者:それでは誰にも打てませんね。
金田:それが吉田義男にはよく打たれた。ワシの球はホップするのだがあいつはチビだからボールになってしまう。加減して投げた球にバットをあわされた。

その他に他の一流選手との麻雀の話もありましたがこの位にしておきます。しかし自慢話もこのくらいになると面白く聞けますね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

金田正一投手 なつかしいですね。
たしかにすごい投手でした。
長島選手のデビュー戦には、3連続三振を奪いました。

後にロッテの監督になり、日本一にもなりました。

話も大きかったですね。
2014.03.09 09:23 | URL | せい爺 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

当時としてはすごく長身でゆっくり投げ下ろすような
フォームから豪速球を投げていましたね。
弱小チームの国鉄で400勝の殆どをあげたのですから
やはりすごい人です。口の方もすごいですね(笑)

愛新覚羅
2014.03.09 09:31 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは!
おばちゃんが育ったところの近くに昔巨人軍の多摩川グラウンドがありました。
兄がよくサインをもらってたんですが、長島さんはとても優しくて頭を撫でてくれたり向こうから「サインが欲しいのか?」と言ってくれたそうです。
王さんも優しかったけど、金田さんはよそ見をしながら面倒くさそうにサインしたと言ってました。
野球は全くわかりませんが長島さんと王さんはいい人、金田さんはイヤな人とずっと思ってます(^0_0^)
2014.03.09 19:00 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

長嶋や王と金田は育ちが違います。
一方は学生時代からスターでした。金田は高校を中退して
プロに入っています。負けじ魂だけで這い上がってきた人です。
エリートには闘志をむき出しにしていました。
ファンサービスは苦手だったかも知れませんが尊敬できる人
だと思っております。

愛新覚羅
2014.03.09 19:09 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

野球選手には好きな人と嫌いな人がいます。

金田は数少ない嫌いな選手です(笑)
2014.03.10 02:52 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

おそらくあのアクの強さが嫌なのだろうと思いますが
プロなのですから色々なキャラクターの人がいる方が
面白いのではないでしょうか。
友達にはしたくないタイプですが(笑)

愛新覚羅
2014.03.10 07:53 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/639-91ec3072