ストラトキャスターの裏蓋

Posted by aishinkakura on 24.2014 ギター関係 6 comments 0 trackback
外したところ 
 この間ギターを弾いていましたら弦が切れました。切れた場所が悪くてブリッジのところです。したがって端の丸金属がギター本体内に残ってしまいました。逆さまにしても叩いても出てきません。そこで初めてストラトの裏のカバーを外してみました。するとシンクロナイズドトレモロのスプリングが見えましたが弦は6個の穴のなかから出てきません。

弦の残り 

 色々やってみましたが最後に成功したのは切れた弦の利用です。切れた弦はペグで巻いている個所がクセになっています。クセになっていないまっすぐな方の弦を正面から穴に通してそのまま裏から引き抜きました。そうすると弦がクセで曲がっていましたのでうまくそこにひっかかり抜くことが出来ました。写真では引き抜けた弦の残骸が2つあります。これは前にも1弦が同じように残ってしまっていて今度は2弦が切れたので以前の分も引き抜いたからです。以前は抜き方が解らずに残骸を残したまま新しい弦を張っていました。今回それも取れましたのですっきりしました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

う~ん、何のことやら、さっぱり(^_^;)
昔、若い頃はギターを弾いて歌える男子が最高にかっこ良く
見えて・・・。うっとり見惚れていましたね。
少しマネしてみたけど。全くセンスがないというか、ムリでした。
2014.04.24 06:57 | URL | マメちゃんママ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

それ程難しい話ではありませんよ。
エレキギターやフォークギターのスチール弦は一方の端に丸い玉が
ついています。それがギター内部に残ってしまい抜けなくなったと
いうだけのたわいもない話です。

愛新覚羅
2014.04.24 07:42 | URL | aishinkakura #- [edit]
気持ちよさそうですね。
取れるべきものが取れるとスッキリですよね。
愛親覚羅さんの影響でウチの夫が古いフォークギターを
押入れから引っ張り出してたまに弾いてます。
これはエレキをそのうち買うぞというアピールのようです。
2014.04.24 10:21 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

切れ端が残ったまましばらく弾いていましたがなにも問題は
ありませんでした。しかし切れる度に残ったらそのうち穴が
満杯になってしまうのではと考えてしまいました。
スッキリしました。
ご主人がアピールですか。「欲しいの?」と聞いてみたら
如何でしょう。エレキギターの方が弾き易いですよ。
ソファーをキャンセルさせた後だから言いにくいのでは?

愛新覚羅
2014.04.24 10:58 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま
 おはようございます。今日は風邪をこじらせて会社を休んでおります。

私も、先週初めてストラトの裏のカバーを外しました。
私のストラトは、クラプトンにあこがれて、何の予備知識もなく、ネットで衝動買いしたシグネーチャーモデル。最新、トーンやブースターの効きが悪く、やっぱりネットで買ったものは、だめかなと思いつつ、よく調べたらDC9vの電池の寿命のせいでした。
裏のカバーを外したら、スプリングの横に電池がはいっており、交換したら治りました。
しかし、電池を交換するのにドライバーでネジを何本も外すなど、なんともアナログで楽しいですね。
私にとっては、高価なストラト。タカラの持ち腐れにならないよう、愛新覚羅さまを見習い練習に励みます(笑)
2014.04.24 11:11 | URL | くまモン #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

すごいですね。シグネチャーモデル。ブラッキーでしょうか。
私のは電池など入っていませんでした。但し1958年モデルです。japanですが。
私を見習ってということですがレベルが低いので参考になるかどうか。
まあ悪戦苦闘しているところは参考になるかもしれません。
クラプトンといえば今sunshine of your loveを練習しています。
5月の披露曲はもう決まっていますので6月に披露しますね。

愛新覚羅
2014.04.24 13:19 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/687-5c1baddd