清王朝最後の王女の死

Posted by aishinkakura on 29.2014 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
 27日新聞を読んでいたら見慣れた文字が目に飛び込んできました。愛新覚羅の文字です。私はハンドルネームに使わせていただいているので否が応でも気になります。亡くなった愛新覚羅顕琦さんこの方は存じ上げませんでしたがお姉さんが男装の麗人で有名な川島芳子さんなのですね。愛新覚羅一族はヌルハチが清王朝の初代皇帝となり300年近く中国を統治しましたがご存知のように溥儀がラストエンペラーとなってしまいました。弟の溥傑さんは日本で教育を受けており溥傑さんの奥様は日本の皇族の浩さんでした。そして粛親王善耆のお子さんである愛新覺羅顯玗さん(日本名川島芳子)も妹の顕琦さんも日本で教育を受けていて日本とは関係の深い一族です。しかし末路は数々の映画やドラマにもなっているような哀れなものでした。顕琦さんはそのような逆境にもめげず北京の史料館で働きながら日本語学校を設立するなど、日本語人材の育成にも尽力された方だということです。26日に95歳でお亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りいたします。
 尚、ブロガーさんのなかで私にこの訃報を連絡して下さった方がおられます。ありがとう御座いました。






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

今日の厳しい日中関係の中では
かけがえのない方を亡くしましたね
ご冥福をお祈り申し上げます。
2014.05.29 08:25 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

清王朝は遠い過去の話のように思っていましたがまだ皇室関係
の人が生きていたのですね。まずそれにビックリしました。
テレビで愛新覚羅家の末裔の方々が出演した番組を観たことが
ありますが、それぞれ実業界とか芸術面で活躍されているよう
でした。

愛新覚羅

2014.05.29 09:21 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/734-1c24a77e