タブレット端末の急増

Posted by aishinkakura on 07.2014 パソコン関係 2 comments 0 trackback
タブレット 米調査会社Gartnerは2014年7月7日(現地時間)、世界におけるパソコンやタブレット、モバイル端末などの市場調査を発表しました。2015年にはタブレットの出荷台数が約3億2000万台に達すると予測し、デスクトップやノートパソコン、ウルトラモバイルなどを合計した3億1600万台を上回るということです。
 思えば最初のタブレット端末は2010年のiPadでした。あたらしもの好きな私は早速購入して会社に持っていきました。目的は通勤電車の中での利用でしたが見せびらかしたくて仕方ありませんでした。反応は「何これ。iPhoneの大きいもの?」という位でイマイチでした。しかしその後徐々に職場でもみかけるようになりました。なんといっても持ち運びやすいので会議のなかで使うのには最適です。スマホでも使えないことはありませんがその場で議事録を作成するようなことは至難の業です。タブレットならノートパソコンかわりに使うこともできますので便利この上なかったです。はじめのうちは電車内で使っていると珍しかったので覗き込まれたりしましたが、今では普通の光景ですね。日本のメーカーはなぜこのような需要を掘り起こせなかったのでしょうか。いつも二番煎じのものまねばかりです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

愛新覚羅さま

先日 携帯電話の料金なるものを、
どこが 高い 安い と 比較してました、
意外と 日本は安くて 
アメリカは 高かったですね、

日本も シムフリーには ならないでしょうね、 
セガレが いつも 言ってます、

私の タブレット、なかなか 動きません、   たか
2014.08.07 17:34 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

SIMフリーにするとキャリア間の競争が激しくなって料金は
下がる可能性がありますが、今は各キャリアが提供している
独自のサービスもなくなってしまいます。
どちらが得なのか解かりません。しかし、キャリア契約を変更
せずに好きな機種をつかうというメリットは大きいでしょうね。

愛新覚羅
2014.08.07 19:15 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/779-272926b8