認知症研修

Posted by aishinkakura on 25.2015 自治会関係 8 comments 0 trackback
認知症研修 1月度の社会福祉協議会に出席してきましたが今回は1時間程の研修が組み込まれていました。内容は認知症についてでした。この研修を受けた人は同時に認知症サポーターになるそうです。その証としてのオレンジ色のリストバンドも渡されました。
 内容は認知症という病気のことと認知症の人とどう向き合って生活していくか、更に認知症サポーターとは何かということでした。そんなものにされてしまってこれから介護活動でもしなければならないのかと思いましたが、何もしなくて良いということなので安心しました。

サポーター 
 認知症に対する知識があって、困っている現場に遭遇したら助けてあげる程度のことでいいそうです。2025年には団塊の世代が75歳になり高齢者の5人に1人(700万人)が認知症になるといわれています。そのためにも認知症に対する正しい知識が必要とされるのでしょうね。しかし寿命が伸びるのも善し悪しですね。私は人に迷惑をかけてまで生きていたくありませんが。








ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

歳を重ねるにつれ
記憶力の低下を自覚する中
認知症は他人事ではありませんねぇ

迷惑かけずに済むよう
健康でいられるよう精進したいと
思っています(^_^)v
2015.01.25 08:25 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

意地悪な見方ですが、このサポーター制度は行政のアリバイ
造りのような感じを持ちました。
認知症は不治の病です。それが増加しています。行政として
も手を打たなければ批難されます。それでこのようなことを
して、手を打っていないわけではありませんと言い逃れしたい
のではないかと。

愛新覚羅
2015.01.25 08:32 | URL | aishinkakura #- [edit]
ほんとうにこれだけ高齢化社会が目に見えている現状。
ぜひとも取得しておきたい研修ではないでしょうか。

数年前亡くなった私の父も、晩年の数年はきっと認知症だったかと。
もっとも98才まで兄の家で過ごしていましたので。
儀姉は大変だったと感謝しているんですよ。
私にもう少し早くその知識があればと悔やんでいます。
2015.01.25 11:29 | URL | 冷凍SANMA #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

知識といっても認知症は脳の病気である。認知症になった人は
どのような症状があるか。認知症の人とはどのように接するか
というだけです。薄いパンフレットを1冊渡されてあなたは
認知症サポーターですといわれても困ったというのが実感です。
自分自身も危ないのに(笑)

愛新覚羅
2015.01.25 11:39 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんわ!
先日、職場の研修でこの講習を私も受けました。
オレンジ色のブレスレット私も貰いましたよ~
幸い両親は認知症にならなかったので知識がなかったのですが、
この講習会で、症状の出始めた時に本人が
初期には認知症への恐怖を感じていることを知りました。

老いは公平に誰のみにも訪れますが、
心身ともに健康で老いるのは難しいですね。
2015.01.25 21:11 | URL | アクアマリンちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

おやおやアクアマリンちゃん様まで受けたのですか。
まさか会社には該当者の方はおられないと思いますが。
昔はボケなどといわれていましたが、病名をつけられると
かえって自分を責めて病状が進んでしまうこともあります。
接し方が難しいですよね。オレンジリングは水泳の時に
ロッカーのキーを縛っておくのに使えそうです。(笑)

愛新覚羅
2015.01.25 21:29 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま 

今の私の年で父方の祖母は 軽い認知症でした、
いわゆる ボケ!ですか?

その頃は まだ そんな人が 少なかったので 入院出来ました、
それから 何年後か 持病もあり 転院して 
私が 33歳の時に 亡くなりました、

入院生活 5年! 
長生きして欲しかったですね、 
 
いつもありがとうございます、たか 
2015.01.27 08:23 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

入院生活5年というのは長かったですね。
ご家族も大変だったと思います。認知症の場合は本人は
以外と楽なようですから入院生活もそれほど苦ではなかった
のではないかと思われます。周りの方が大変ですよね。

愛新覚羅
2015.01.27 11:14 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://twopen.blog.fc2.com/tb.php/963-e411d2fe