何か変?

Posted by aishinkakura on 19.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
受動喫煙対策 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案をめぐり、厚生労働省は、例外的に喫煙を認める小規模飲食店の規模について、「客席100平方メートル以下」とする方針を固めました。「店舗面積150平方メートル以下(客席100平方メートル、厨房(ちゅうぼう)50平方メートル)」を軸に検討してきましたが、飲食店業界の要望もあり、修正した結果です。
 喫煙を認める飲食店の条件は、客席100平方メートル以下で、個人経営か資本金5千万円以下の中小企業が経営する既存飲食店となる方向です。厚労省の推計では、対象となる飲食店はすでに禁煙の店や大手チェーンなどを除いて、最大で全体の55%ほどになるといいます。
 公表された案では、新規店は面積にかかわらず喫煙を認めない方針です。同省によると、5年間で3割強の飲食店が入れ替わるといいます。「喫煙できる店は減っていく。将来に向けて対策が前進していく案だ」と説明して理解を求めています。
 一方、自民党の「受動喫煙防止議員連盟」は、バー・スナック以外は店舗面積にかかわらず原則禁煙とすることを求める決議をまとめています。厚労省は調整をはかり、今国会への改正案提出を目指しています。
 色々と検討しているようですが何か変ですね。経理者目線でしか考えていないようです。本当に受動喫煙を避けようというのであれば反対に小さい店こそ禁煙にして大きい店を分煙にすればいいと思うのですが。小さい店の方が空調設備も貧弱だし煙はこもるし、どう考えても逆だと思います。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ひどいヤツ

Posted by aishinkakura on 16.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
質入れ事件 テレビで報じられましたのでご覧になられた方もいらっしゃると思います。客が預けたビンテージのギターなどを返さず、トラブルになっていた東京・杉並区の楽器店の店長について、警視庁は2月14日、業務上横領の疑いで逮捕しました。
 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」の店長・山本誠容疑者。警視庁によると山本容疑者は、修理で預かった客のベースを勝手に質店に入れ、現金25万円を横領した疑いがもたれています。
 山本容疑者の店では1本100万円以上のビンテージのギターなど客が預けた楽器が返却されないトラブルが相次ぎ、警視庁にも20件以上の相談が寄せられていました。山本容疑者の自宅からは、ギターなど20本近くが捜査員によって運び出されました。
 調べに対し、山本容疑者は容疑を認めた上で「50本以上質屋に入れた」「700~800万円くらいになった」などと供述しているといいます。
 全くひどい話ですね。先日成人の日の晴れ着問題がありましたが、そのときは自分と関係がうすいのでひどいとは思いましたがあまり共感はしませんでした。今度は共感しています。修理を依頼していた人はミュージシャンが多いようです。いわば武士の刀ですよね。それを勝手に質入れして店の運用費に使ってしまうのですから悪どいです。でもなぜドロンしなかったのかが不思議です。訴える客がいないのではないかとたかをくくっていたのでしょうか。
元記事:日テレニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

2017年度救急車出動

Posted by aishinkakura on 15.2018 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
緊急搬送 全国の救急車の出動件数は昨年1年間で620万9964件(前年比2・6%増)となり、7年連続で過去最多となりました。搬送された人の6割近くが65歳以上でした。総務省消防庁が12月19日に公表した消防白書(2017年版)で分かっています。搬送人数も562万1218人(同2・6%増)で過去最多。入院不要の症状が49・3%でした。
 119番通報から現場到着までの時間は平均8・5分、通報から患者が病院に入るまでの平均は39・3分。全国で救急隊を増やしており、前年よりそれぞれ0・1分短くなっています。
 同庁は、救急車を呼ぶべきか迷った際には、電話で医師や看護師らに相談できる「#7119」の利用を呼びかけています。
 家内と母親のために何回か救急車を呼んだことがありますがやはりダイヤルするときは気が動転しています。「#7119」なんて知りませんでしたが知っていたとしてもかけられないのではないかと思います。電話の向こうから色々と状態を聞かれる訳ですが、まどろっこしいです。とにかく早く来てくれと思うだけですから。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

電子タバコでは禁煙が難しい

Posted by aishinkakura on 14.2018 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
電子タバコ「電子たばこ」を使って、紙巻きたばこの禁煙に取り組んだ人は、電子たばこを使わなかった人に比べて禁煙成功率が低い――。国立がん研究センターによるネット調査でこんな結果が明らかになっています。「禁煙目的で売られているものもありますが、その手段として推奨すべきではない」と指摘しています。
 過去5年間に禁煙に取り組んだとする20~69歳の798人に2015年1~2月、インターネット上で調査しました。禁煙補助剤や禁煙外来など、どの禁煙方法を試したかと禁煙できたかを聞いています。その結果、電子たばこを使用した人は使わなかった人と比べて、禁煙成功率が約4割低かったという以外な結果が出ています。禁煙外来を受診して薬物療法を受けた人は、受けていない人に比べて、禁煙成功率は高かったそうです。
 電子たばこは、ニコチンや香料などを含む溶液を加熱し、気化した蒸気を吸うもの。ニコチンの製造・販売は法律で規制されていますが、ニコチン入り溶液は個人輸入されています。禁煙ツールとして人気がありますが、その効果は証明されていません。厚生労働省の「たばこ白書」は、電子たばこの一部製品にも発がん性物質が含まれるとし、「健康影響に懸念がある」と評価しています。
 がん研究センターの吉見逸郎主任研究員は「電子たばこには禁煙を奨励する側面があります。一方で喫煙者を惑わし、より効果的な禁煙方法から遠ざけるという悪影響を及ぼす可能性もある」と話しています。
 以前ヘビースモーカーだったころニコチンとタールの少ないものに切り替えようと思ったことがあります。しかし吸った気がしないので元に戻りかえって本数が増えたことがあります。きっとそんな感じなのでしょうね。また最近はやりのIQOSやgloについてはどうなんでしょうね。
元記事:朝日新聞



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

特養「ベッド買い」が横行

Posted by aishinkakura on 12.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
特養のベット買い 特養「ベッド買い」が横行 自治体、補助金で入所枠確保という記事がありました。まだ若い方にはピンとこないかと思います。老人ホームには色々なタイプがあります。公共か民間か、医療介護の程度、個室か共部屋か、費用の高低。そのなかで公共で費用が安いのが特養と言われています。以下は用語の抜粋です。

「特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設 通称:特養)は公的な介護保険施設で、入居基準は要介護度3以上となっています。
食事・入浴・排せつ介助などの身体介護、清掃・洗濯など日常的な生活支援、リハビリ、レクリエーションなどの介護サービスを受けることができます。重度の認知症の方の受け入れも行っています。
看護師は、日中はいますが夜間配置の義務はないため、医療ケアを常時(夜間も)必要とする方の対応は難しく、入居不可となるケースもあります。
部屋のタイプがユニット型個室となっている「新型」と従来型個室・多床室からなる「旧型」があり、現在新築で建てられているのは原則として「新型」です。月額費用は「新型」で15万円前後、「旧型」は10万円前後で、初期費用はかかりません。
入居の順番は申し込み順ではなく、介護度以外に家族状況なども考慮して必要度が点数化され、緊急度の高い方が優先されます。待機者は非常に多く、地域によっては入居まで数ヶ月~数年かかると言われています。」


 そこでその待機期間を短くしようと市が特養に対してベット買いという行為(1床50万円程度)をしているということです。これが平等ではなくB市はその行為をやっていますがA市やC市はやっていないなどバラバラです。当然B市の住民は特養に入りやすくなります。この不平等をどうするのかということが今問題となっています。今は必要なくても親の老後問題を考える上では知っておいた方がいいと思います。
元記事:朝日新聞



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

懐かしいパッケージ

Posted by aishinkakura on 10.2018 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
ボンカレー50 大塚食品は、今年で発売50周年となるレトルトカレー「ボンカレー」の元祖の味を15年ぶりに復活させます。「ボンカレー50」として3月5日に全国のスーパーなどで売り出す予定です。世界初の市販レトルト食品の味を受け継いだまま、具材の量を増やすなどの改良も加えているそうです。
 ボンカレーは1968年2月に関西地区で発売され、翌69年5月に全国展開が始まりました。炒めたタマネギのコクと小麦粉の香ばしさが特徴で、累計販売数は約30億食。フルーツなどを使ったシリーズ品「ボンカレーゴールド」を78年に追加するなどしました。ゴールドシリーズの販売が増えたことから、2003年以降は沖縄県を除く地域では元祖の販売をやめていました。
 ボンカレー50は野菜や肉の量が沖縄で売られている元祖ボンカレーの約2倍で、ジャガイモやニンジン、タマネギは国産にこだわっています。最近のボンカレーのように箱に入ったまま電子レンジで温められるようにしています。1人前200グラム入りで、希望小売価格は税抜き230円。いまの主力のゴールドより50円高くした価格設定です。
 この昔のパッケージは昭和初期の女優松山容子さんです。懐かしいですね。これに哀愁を感じるのは田舎などにホーロー看板が未だに残っているからでしょう。ほかには水原ひろしのアースの看板、大村昆のオロナミンC、難波千恵子のオロナイン軟膏なんかもありましたね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

20年後は1人暮らしが4割に

Posted by aishinkakura on 29.2018 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
2040年1人暮らし 2040年に全世帯に占める一人暮らしの割合が39・3%に達するとみられることが、国立社会保障・人口問題研究所が1月12日に公表した「日本の世帯数の将来推計」で分かりました。未婚や晩婚の人が増えているためで、65歳以上の一人暮らしはほぼ4人に1人の22・9%になると予測しています。
 2015年の一人暮らし世帯の割合は34・5%(1842万世帯)で、40年は4・8ポイント上がって39・3%(1994万世帯)になります。40年は1970年代前半生まれの「団塊ジュニア」が高齢者となり、高齢者人口がピークを迎えるころと重なります。高齢者の一人暮らしも、15年の18・5%から4・4ポイント増えます。
 高齢者の一人暮らし割合を男女別にみると、男性は15年の14・0%(206万人)から40年に20・8%(356万人)に、女性は21・8%(420万人)から24・5%(540万人)になる見通しです。
 また、高齢者世帯全体では15年の1918万世帯から40年には2242万世帯に増え、割合は36・0%から44・2%に上昇。このうち75歳以上の世帯主の割合は46・3%から54・3%になり、半数を超します。
 世帯総数は少人数の家庭が増えるため、15年の5333万世帯からしばらく増え、23年に5419万世帯でピークとなります。その後は少子化の影響で減少し、40年は5076万世帯となります。平均世帯人数は15年の2・33人から40年に2・08人になります。
 こうなってくると空き巣などの犯罪が多くなるのでしょうね。1人暮らしが多ければ当然留守の家が多くなります。そして犯行中に帰宅してきても年寄りなら腕力も弱いので取り押さえられる危険も少なくなります。
 それにしても寂しい家庭が多くなりますね。テレビのホームドラマで出てくるような家庭が特殊な家庭になるのですね。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ヒートショック

Posted by aishinkakura on 23.2018 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
血圧変化 寒くなると増える症状に「ヒートショック」というものがあります。ヒートショックとは、急激な温度差によって体が受ける影響のことです。暖かい部屋から、寒い浴室、脱衣室、トイレ、屋外などへ移動すると体が温度変化にさらされます。10度以上の変化があると、血圧や脈拍が急激に変動し心臓や血管に負担がかかります。ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞・脳血管障害(脳卒中)などを引き起こすおそれがあります。めまい、失神、動悸といった症状が出ることもあり、入浴中の溺死や転倒からの死亡例もあります。
 入浴中に起きた心肺停止状態の発生状況に関する全国調査(東京都健康長寿医療センター研究所)によると、2011年の月別発生件数は、最多の1月と最少の8月で約11倍もの差があり、冬季はヒートショックの危険性が高まることがわかります。同調査の推計値では、入浴中のヒートショック関連死は全国で約1万7千人(うち高齢者が約8割)。これは、同年の交通事故死亡者数(約4600人)の約4倍にもなります。
 冬は寒い脱衣室で服を脱いで冷え切った浴室に入るため、血管が縮んで血圧が急激に上がります。湯船につかればさらに血圧が上昇します。しかし、体が温まると血管が広がり、今度は血圧が下がります。このような血圧の乱高下が心臓に負担をかけるのです。
 ヒートショックは体の生理機能が落ちてきた高齢者に多く見られます。若くても、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、不整脈、動脈硬化、このほか晩酌後に入浴する習慣のある方も注意が必要です。血圧の乱高下が一番の問題ですので、血圧が高い場合や、降圧薬を飲んでからの入浴には注意することも大切です。ヒートショックはインフルエンザと同じように、寒くなったら注意すべきものとして心に留めておきましょう。
 データが古くて恐縮ですが交通事故死の4倍もあるのですね。これは要注意です。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME