入院費用の分析

Posted by aishinkakura on 13.2018 がん闘病 8 comments 0 trackback
限度額認定証 私は普段は何でも言われるままにお金を払います。多少疑問に思ったことがあっても面倒なので追求しません。
 しかし、今回の入院費用が2年前の費用と3倍以上違っていたので原因追求を試みました。まず病院の会計にお願いし2年前の明細も出してもらい、退院してからじっくりと今回の明細と比較してみました。
 はっきり言って解かりません。今回は1月29日に入院し、2月7日に退院していますので請求書が2枚になっています。比較のためにこれを合計して1枚にしてみました。
 色々と並んでいます。医学管理費、手術費用、検査費用、麻酔費用、DPC、病理診断等々。これらを合計すると前回も今回も20万円くらいです。でもこの金額を払う訳ではなく国民年金機構で発行してくれる限度額認定証に出ている金額で払います。大幅に安くなります。それに食事負担金や差額ベッド代が加算されて入院費用となる訳です。
 そして今回の分析でわかったのは限度額認定証の金額が二重払いになっていることでした。これはおかしい、ミス請求ではないかと思ったら国の医療制度がそうなっていることがわかりました。
 今回のように月またぎで入院した場合は1月で1回、2月で1回、合計2回の支払いになる決まりになっていました。これは変だと思いましたが決まりなのでどうしようもありません。つまり月またぎ入院は損なのでなるべく同月内に収まる入院が望ましいということです。でも命にかかわっているのでしたらそんなことも言っていられませんね。(笑)
 私だけ知らなかったのかも知れませんが一つ勉強させてもらいました。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

退院しました。

Posted by aishinkakura on 08.2018 がん闘病 22 comments 0 trackback
 2月7日に退院いたしました。皆様にはブログを通じて沢山励ましていただき感謝申し上げます。どれだけ励みになったことか筆舌に尽くしがたいです。
 さて入院は出来ればしたくないことですがデメリットとともにメリットも少しはあると感じた次第です。



デメリット

・勿論手術等の辛い痛いことが沢山ある。
・1日4回の検査、私の場合はそれに加えて3回の血糖値検査。実に合計1日に7回。
・シャワーが予約制で自由ではない。(今回は傷があったので初めから使えず)
・入院の手続き、保険の手続きが煩わしい、
・ギターが弾けない。

メリット

・毎日の食事のことを考えなくて済む
・掃除やゴミ捨てをしなくて済む
・手荒れが治った。
・3回検査があるので意識したためか血糖値の管理ができた。

 このようにメリットもあるのですがやっぱり嫌ですね。二度と入院したくありません。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

お熱?

Posted by aishinkakura on 05.2018 がん闘病 12 comments 0 trackback
体温計 病院で看護師さんが使う言葉で引っかかる言葉があります。入院している病院では午前2回、午後2回定時に体温と血圧、酸素量の測定があります。私の場合はそれに加えて血糖値です。体温は自分で測って用紙に書き込みます。
そして定時に回ってくる看護師さんが聞きます。「お熱はどうですか?」
でも何で熱に「お」をつけるのでしょう。その他病院で「お」をつけているのは「お薬」、「お通じ」、「お小水」などです。「お血圧」とか「お血糖値」とかとは言いません。
「お薬」は何となくわかります。昔から高価なものだったからではないでしょうか?
「お熱」の場合は患者の熱なので丁寧になるのかとも思いましたがそれだったら「お血圧」も存在してもいいわけです。何が基準となっているのかよくわかりません。
 食べ物もそうですね。「お米」は主食として大事なものだからとか江戸時代までは侍のもらう禄が米だったからとか言われています。でも女性は「お肉」、「お魚」、「お野菜」などにも「お」をつけています。何か基準があるのでしょうか?それとも言いやすいということからでしょうか?



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

特別メニュー

Posted by aishinkakura on 04.2018 がん闘病 6 comments 0 trackback
  2月2日特別メニュー

入院している病院ではたまに特別メニューというのがあるそうです。1月30日に選択メニューのアンケートがありました。特別メニューというのは50円高いそうです。朝食を見たところパン食でしたので喜んでそちらを選びました。バナナは果物なので拒否しているので何かに変わると思います。昼食は特別メニューが魚なのでこれも迷わず標準食の方です。イチゴもきっと何かに変えてくれるでしょう。

  2月2日朝食   2月2日昼食
       2月2日朝食                2月2日昼食





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

気遣いしなさい

Posted by aishinkakura on 03.2018 がん闘病 16 comments 0 trackback
緩和ケア病院 私が入院している病室の隣のベッドの人の話です。初めから具合が悪そうだなあと思っていましたが翌日別の病棟に移動することになりました。カーテン1枚で仕切られているだけですので嫌でも話が聞こえてきます。
 元々は食道がんだったようですが色々なところに転移し骨にまで達しているようです。さすがの国立がん研究センター病院としても痛むところをモグラ叩き状態で対処していくしか打つ手がないようです。
 そして聞こえてくるのは緩和ケア施設に行くか自宅に戻るかという話です。一応患者の身になって真剣に話はしていたのが伝わってきます。でも小声で話しても他の患者に聞こえてきます。がん患者は重い軽い関係なく死に直面しています。別の部屋で話すべきではないでしょうか。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

すごいストレス

Posted by aishinkakura on 02.2018 がん闘病 14 comments 0 trackback
手術台 2018 家内が生前色々な病院に入院しましたので比較ができるのですが、今回私が入院している国立ガン研究センター病院は病室から手術室まで看護師と一緒に歩いて行きます。そしてドアの中に入るとスタッフが5〜6人いて手術台が見えます。この時が恐怖心マックスです。そして自力で手術台に登ります。手術用の衣服は前がはだけるので非常に不格好なスタイルになります。その後は医師達と確認の会話をしながら全身麻酔を受けます。そして気がついた時は手術が終わっているという塩梅です。今回は麻酔を覚ます時間も含めて2時間半でした。
 なぜ病室からベッドで運んでくれないかというと手術前の健康状態、意識状態のチェックのためだそうです。そうは言っても目の前に手術台が出てくるのは勘弁してもらいたいものです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

病院の食事

Posted by aishinkakura on 31.2018 がん闘病 26 comments 0 trackback
29日夕食 リクエストがありましたので病院食について書いてみます。写真は29日(初日)の夕食です。赤文字で修正してあるのは本来は魚メニューなのですが魚抜きメニューにしてもらっているので私だけ鶏肉メニュー(あんかけ煮込み)になりました。それにしても野菜の量が少ないです。家では野菜を主食にしていますので物足りません。この日は入院のご褒美として1階のコンビニでエクレアを買ってきて食べてしまいました。何か嫌なことがあった日は自分にご褒美を出すようにしています。でもこんなことをしていては折角下がってきている血糖値に悪いですよね。院内の階段を上り下りしています。(笑)これより前に食べた昼食はハヤシライスでした。
 今日は15時から手術の予定です。月末なので午前中は家計簿の締めなどを行っていますが、その後はそれどころではなくなると思います。きっと夜は唸っていることでしょう。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

懐かしさもありますが・・・・・。

Posted by aishinkakura on 30.2018 がん闘病 14 comments 0 trackback
病室2018 29日に入院しました。そしてベッド周りの環境を整えました。約2年前に入院した病院ですから勝手がわかっています。トイレ、シャワールーム(予約時間の取り方を含めて)、給湯室の使い方、洗濯機乾燥機の使い方、院内コンビニの利用法全てわかっています。本日は担当の医師から病状と手術についての説明があり同意書にサインをしました。
 持ち込んだパソコンは2年前と同じでMac Book Proの17インチモデルです。ノート型の中では大型なので目が疲れません。
 ネット回線はIPhoneのデザリング機能を使っています。iPhoneひとつあればルーターなしで繋がってしまいますので便利です。しばらくはここがブログの発信基地です。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME