マンション修繕、割高契約に注意

Posted by aishinkakura on 22.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
mansion.jpg マンションの大規模修繕工事の際、割高な代金で契約させられるなどトラブルが相次いでいることから、国土交通省は各地の工事を調査し、5月11日に結果を公表しました。調査対象は過去3年間に施工された944事例で、1戸あたり「75万~100万円」が31%で最も多く、「100万~125万円」が25%、「50万~75万円」が14%と続いています。同省のこうした調査は初めてで。費用の目安を情報提供し、トラブルを未然に防ぐ狙いがあります。
 分譲マンションは全国に約630万戸(2016年)あり、約1500万人が入居しています。大規模な修繕工事はマンションの老朽化に伴い、住民による積立金を元に行われるのが普通です。
 同省は昨年5~7月、修繕工事の内容や費用などに関し、工事の実績が多いとみられる建築事務所や設計コンサルタントにアンケートを実施。回答が得られた134社の944事例を分析しました。
 その結果、大規模な修繕は1回目が築13~16年前後で行われ、1戸あたりの平均は100万円。2回目は築26~33年前後で同97万9千円、3回目以降は築37~45年前後で同80万9千円だった。工事は外壁関係、防水関係が多く、2回目は給水設備が増えるといいます。
 修繕工事はそれぞれの状況が異なり、相場が分かりにくいほか、マンションの管理組合と施工会社の間を取り持つコンサルの一部で、工事費を不適切につり上げるケースもあるといいます。国交省は昨年1月、悪質な例を紹介して管理組合に注意を促し、今回の調査に乗り出した経緯があります。
 相場を表示するというのはいいですね。大金が動きますので悪徳業者が狙うのでしょうね。私の入居しているマンションは築10年ですが今年の秋から1回目の修繕計画を実施することになっています。マンション内で専門委員会を作り、痛み具合を測定し、施工業者を選び進めています。専門委員会のなかに建築に強い人がいますので助かります。
元記事:朝日新聞デジタル
 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

中国のネズミ構

Posted by aishinkakura on 21.2018 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
ネズミ構 中国で「伝銷(チョワンシアオ)」と呼ばれるマルチ商法やねずみ講の被害が止まらないとのことです。伝銷組織は集団生活でメンバーを洗脳し、金を吸い上げます。中国政府の摘発に抗議する組織も出現しており、習近平政権にとって無視できない社会問題となっているようです。
 中国南部の広西チワン族自治区南寧。「開発プロジェクトに投資する」とうたって出資者を連鎖的に集める伝銷組織が多く、あちこちで勧誘活動をしているそうです。
 日本でも一時猛威を振るいましたが中国人は商売気がある人が多いです。それに人口も多いですし、仲間意識も強いです。ネズミ構が広がるのに適した環境です。
 広西チワン族自治区は90年代に仕事で2回行ったことがあります。当時はとんでもない田舎でしたが人だけは沢山いました。善良な人々が罠にかかっているのかと思うと心が痛みます。
元記事:朝日新聞デジタル
 

 
 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

歯のかぶせ物、白が人気

Posted by aishinkakura on 18.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
白いかぶせもの デジタル技術を使った新しい歯のかぶせ物の公的医療保険の適用が広がっています。白いため銀歯より自然に近く、付け替える人もいるようです。口腔内スキャナーによる型どりも保険適用されるようになると、患者の負担が減って製作期間も短縮できるようになります。
 東京都大田区の美容師Aさんは、5本の歯に銀歯が入っていました。笑うと銀歯が見えるのを気にしていました。子どもにからかわれたこともあった言います。
 彼は昭和大歯科病院で昨年2月、銀歯を白いかぶせ物に替える治療を始めました。4本は「CAD(キャド)/CAM(キャム)冠」にしました。公的医療保険が使え、自己負担は1本約8千円。医療保険が適用されない1本は自費診療でセラミック冠を入れ、約8万円かかったそうです。Aさんは「歯を気にせず笑えて、お客さんにも口を大きく開けて説明できるようになった」と喜んでいます。
 CADとCAMはそれぞれ、コンピューター支援による設計、加工を意味するそうです。CAD/CAM冠はこれらの技術で造られたかぶせ物「冠」です。それまでは、銀歯と硬質レジンジャケット冠、セラミック冠が主な選択肢でしたが選択肢が増えたということです。
 私はすでに殆どの歯がありませんので手遅れですが白く出来るなんていいですね。戦後間もない頃は金歯が流行ったようです。笑うとキラッと光る金がステイタスだったようです。今では信じられませんね。
元記事:朝日新聞デジタル




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

もうやめればいいのに

Posted by aishinkakura on 17.2018 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
新元号 税金や社会保障などに関わる行政システムの一部について、政府は新しい元号となる来年5月1日以降も「平成」の元号を一定期間使い続ける検討に入ったとのことです。行政機関と民間の金融機関など複数がネットワークでつながっているシステムが対象で、納税や年金支給などで混乱を避ける狙いだそうです。

 税金や年金、医療などに関するシステムは、国税庁や日本年金機構といった行政側と銀行など民間側との間で元号を記号化したやり取りをして、時期を認識するようになっています。システムの改修には相当な時間がかかる一方、いずれも国民生活に直結する分野のため、政府が対応を検討しているというのが実情だそうです。
 昭和から平成に改元した当時に比べ、近年はコンピューターシステムを利用する仕組みが格段に広がっています。システムによっては来年5月1日の改元日に新しい元号へ移行できるものもありますが、すべてのシステムを新元号に切り替えるのは困難と判断したそうです。そこで一部では新元号の利用を遅らせ、一定期間後に移行するということを検討に入ったということです。

 そんなことより今から来年の5月に向けて西暦に一本化するようにシステムを変えればいいのではないかと思うのですが、どうしても和暦を使わないといけないという意味がわかりません。個人的には年賀状のデザインの体裁が軽くなってしまうことくらいでしょうね。
元記事:朝日新聞デジタ



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ジャンルによるピアニストの脳の使い方が判明

Posted by aishinkakura on 16.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
スタンウエイ クラシックやジャズ、はたまたロックでも、優れたテクニックで音楽を紡ぎ出すピアニストの演奏には誰でもその演奏に目や耳を奪われるもの。「あれだけジャズが弾けるならクラシックでも余裕で弾けるはず」と周囲の人なら思ってしまうこともありがちですが、実際にはジャズピアニストとクラシックのピアノ奏者では脳の使い方が微妙に異なっていることが、研究によって明らかになっています。この研究は、ドイツ・ライプツィヒのマックス・プランク・インスティテュートの研究チームが実施したもの。ジャズとクラシックのプロピアニストが実際に音楽を演奏する時の脳の働きを科学的に調査することで、たとえ同じ楽譜を渡されて演奏している時であっても両者の脳では演奏の際に脳が見せる反応が違うことが明らかにされています。
 研究には、30人のピアニストが招かれており、半数は2年以上の経歴を持つプロのジャズピアニスト、残る半数は同等のプロのクラシックのプロピアニストが選ばれています。各ピアニストは、ピアノの鍵盤の上におかれた画面に表示される鍵盤と手の動きを見て、その動きを追うことが求められました。画面の演奏にはいくつかのミスがちりばめられていますが、ピアニストはそれでも画面を追うように指示されており、頭部に付けた電気センサーで脳の働きが計測されています。
 その結果明らかになったのは、両スタイルのピアニストの間では、演奏する時の指の動きを計画する考え方だったとのこと。
ピアノを演奏する際には、スタイルにかかわらず、ピアニストは原則としてこれから演奏しようとしていることを把握している必要があります。そしてこれは、「どの鍵盤を押さえるか」ということと、「どのように指を動かすか」という2つが含まれます。研究からは、クラシックのピアニストは主に「指の動かし方」に意識を集中していることが判明。クラシックでは主に楽譜を正しく演奏し、その上で個人的な表現を加えることが正しいとされているために、まずは指を正しく動かしてミスのない演奏をすることに主眼が置かれるということを意味しています。
 一方、ジャズピアニストは主に「何を演奏するか」を念頭において演奏していることがわかっています。特に自由度が高いジャズという世界では、他のプレーヤーの演奏に自分をあわせることや、時には自分一人の演奏であってもその時の空気などによって演奏内容を変化させる必要があります。ジャズピアニストは脳の力を「演奏の柔軟性」に使っているとのことで、論文の主執筆者であるロバータ・ビアンコ氏は「実際に、ジャズのピアニストでは、ピアノの演奏時に柔軟的に和音を計画している神経の動きが見つかりました」と述べています。
 ビアンコ氏は、両者の脳の違いについて「スタンダートなコード進行の中で予期されない和音を演奏させた時、彼らの脳はクラシックのピアニストよりも素早く演奏を再計画しはじめました。したがって、ジャズピアニストは変化に効果的に反応してパフォーマンスを継続することができました」と述べています。そして興味深いことに、クラシックのピアニストは、珍しい運指に従う場合にジャズのピアニストよりも優れたパフォーマンスを示しました。これらのケースでは、脳が運指をより強く認識し、その結果、ミスを犯すことが少なくなったことがわかっています。
 何か大げさな研究になっていますが両方ともそれなりの良さがありますよね。お互いの良さを認めればいいだけのような気もしますが。結果についても素人でも想定される範囲のような気がします。
元記事:Gigazine




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

やれやれ、ここまでアメリカのポチか。

Posted by aishinkakura on 15.2018 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
海洋プラスチックごみ カナダで開かれたG7で、プラスチック汚染の削減に向けた文書に日本とアメリカだけが署名しなかったことについて、国際NPOのスラット代表は憤りを隠せません。他の環境団体からも日米の姿勢を批判する声明が出ています。
 海に流れ出るプラスチックごみは、年間800万トン以上。海の生き物などに深刻な影響を与え始めています。このNPOは、北太平洋でとりわけ海洋ゴミが多く集まる「太平洋ごみベルト」と呼ばれる海域のゴミを回収するため、新たな装置を開発しました。全長600メートルのU字型のパイプの下に3メートルほどのスクリーンを取り付けて海に浮かべ、数センチのものから数十メートルの大きなものまで、プラスチックごみを待ち伏せしてくまなく集め、最終的には船が出向いて回収する流れです。「何度も何度もテストを繰り返して、太平洋ごみベルトにも視察に行った。私たちはごみを回収して、海を綺麗にできると確信しています」(NPO団体 The Ocean Cleanup ボヤン・スラット代表)今年9月から装置を本格稼働させ、日本の国土の4倍ともいわれる「太平洋ごみベルト」のゴミを、5年以内に半減させたい考えです。
 色々な問題で日本はアメリカの顔色を伺ってからでないと方針もだせないのは今にはじまったことではありません。愛犬ポチですからしかたないとは思っています。でもこれは環境問題ですよね。顔色を伺う必要があるのでしょうか?こんなことまでアメリカに右へ倣えでは世界中から笑われます。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

オートリバースがなくなる

Posted by aishinkakura on 14.2018 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
オートリバース 最近カセットテープが一部マニアのなかで復活してきているそうです。昔はレコードやFM放送から曲をコピーして楽しんだ経験がおありになる方も多いのではないかと思います。そしてラジカセを持って行楽地に行き音楽とともに旅行を楽しむスタイルがあったと思います。
 昔は安価なラジカセにもついていた機能でオートリバースというものがありました。カセットテープはA面とB面があり、A面が終わるとテープ自体を裏返しにしてB面を聴くということなのですがオートリバースがついていればその操作が不要になり自動で切り替わります。
 最近カセットテープの復活でラジカセの方も新製品が久々に出てきているようなのですがオートリバースがついていないそうです。なぜかというとその部品を作っていた会社が製造をやめてしまったそうです。ついているのが当たり前になっていましたから寂しい現象ですね。やはり安易には青春は戻ってこないようです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ハイブリット車も対象か

Posted by aishinkakura on 09.2018 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
電気自動車 2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針の英政府が、対象にハイブリッド車(HV)も含める案を検討していることが明らかになりました。
 すでに英政府は17年7月、内燃機関で走る車の販売を40年までに禁じる方針を打ち出しています。排ガスによる大気汚染を防ぐ環境政策として「従来型のガソリン車とディーゼル車の販売を全てやめる」としています。ただ具体的な対象は説明されていませんでした。
 英紙フィナンシャル・タイムズと英自動車専門誌オートカーは関係者の話として、英政府が40年以降、少なくとも50マイル(約80キロメートル)は電気だけで走行できる車に限り販売を認める案を検討中だと伝えています。電気モーターとエンジンを併用するHVの場合、現状では電気による走行性能が同基準に届かず、環境対応車の枠から締め出されることになるといいます。
 トヨタが17年に全面改良した新型プリウスのプラグインハイブリッド車(PHV)は、電気自動車(EV)としての走行距離が68.2キロメートル。従来の2倍以上に延びましたが、報じられた約80キロメートルの基準には達しません。自動車各社は今後、HVについてもバッテリーなど電動性能の大幅な向上を迫られることになりそうです。
 もっとも、自動車行政を担う英交通省の広報担当者は、HVが規制対象になるとの報道を否定しています。検討を進めている販売禁止の具体策を巡り、英政府内でも意見が割れているとの観測も出ていまし。自動車業界などの意見を踏まえて緩和される可能性があるようです。
 日本は欧米の真似をしたがりますので多分追従するのでしょうね。電気を作るのに使う石油や原子力は御構い無しなのでしょうか?またクラシックカー愛好家はどうするのでしょうか?これは新車販売に関することなので中古車は多分大丈夫なのでしょうね。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME