FC2ブログ

しぶといWindowsXP まだ3割が

Posted by aishinkakura on 16.2019 パソコン関係 4 comments 0 trackback
windows-xp_001.jpg

 ビジネスの世界では「2019年現在でも企業の3分の1がWindows XPを使い続けている」ことがIT業界向けオンラインコミュニティを運営するSpiceworksの調査により明らかになりました。
 2001年10月にリリースされたWindows XPは、安定した動作と要求されるPC性能の低さからユーザーから絶大な支持を集め、その人気ぶりは当初2009年4月に予定されていたサポート終了が5年間も延長されるほど。そんなWindows XPも2014年4月には惜しまれつつサポート終了を迎えました。

 しかし、「ネットワークとエンドポイントセキュリティの未来」と題して発表されたレポートによると、2019年現在も企業の3分の1がWindows XPを使い続けているとのことです。上のグラフはOSごとに「そのOSがインストールされた端末を少なくとも1台は稼働させている」と答えた企業の割合を示した棒グラフです。赤枠で囲った部分を見ると、2017年の42%よりは使用率が低下しているものの、2019年現在も32%がWindows XPがインストールされた端末を使用し続けていることが分かります。

 Microsoftにとってはなお頭の痛いことに、2020年のサポート終了を目前に控えたWindows 7の使用率も約80%と高く、しかも割合は最新のOSであるWindows 10の使用率を上回っています。 シェアに注目した別の調査では、2019年1月にやっとWindows 10のシェアがWindows 7を追い越したばかりだということも分かっており、古いOSからWindows 10への移行に二の足を踏んでいるユーザーたちの姿が浮き彫りになっています。IT情報サイトTechRepublicのライターであるジェームズ・サンダース氏は、「Microsoftの最も手ごわいライバルはMicrosoft」というIT業界の格言を引用し、こうした状況は当面の間Microsoftを悩ませ続けるだろうとの見方を示しました。

 調査によっても違うのでしょうがXPがしぶとく残っているのは事実なのでしょうね。個人より企業の方がこの傾向が強いようです。こうしたことを危惧したMicrosoftは無料でWindows10へのアップグレードを提供していたのですが対象はWindows7や8からでした。まさかXPがこれほどしぶといとは想定外だったのでしょうね。
元記事:gigazine.net




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

新しいiMacをSSD起動に

Posted by aishinkakura on 09.2019 パソコン関係 8 comments 0 trackback
 7月に2011年製のiMacが壊れて2019年製を購入したことを記事にしました。予定外の散財なので21.5㌅の一番安くて低スペックのものにしました。最近のiMacは増設が難しくできていて全面のパネルをバリバリ剥がして中身をほとんど外してマザーボードに到達したらその裏にメモリーがあります。そこまでしないとメモリー増設ができません。ネットなどの解説を見ても難易度高になっています。HDDからSSDの換装も同じです。高難易度です。自分でやるとメーカー保証はきかなくなります。
 私も一年間は改造を待つことにしています。でも今まで増設してきてその効果を知ってしまった者としてはやりたい衝動にかられます。
 そこで増設はメーカー保証のある一年を待って、その前に内蔵HDD起動を外付けSSD起動にすることにしました。一年後にパネルを剥がして増設するときにHDDを取り出して今回作成する外付けSSDを内蔵に換装してしまえばいい訳ですから。
方法としては色々あると思うのですが私は3つ知っています。
①Mac移行アシスタントを使う方法
②クローンソフトを使う方法(EaseUS Todo Backup for Mac)
③OSをクリーンインストールしてからHDDの設定をコピーする方法

      フォーマット

      macOS-Mojave.jpg


 新iMacの内蔵HDDは1TBです。私の持っているSSDは500GBです。中のデータは250GBくらいなのですが1TBと同じかそれより大きい容量でないと移設ができません。でも②の方法ならデータ量で判断するのでできたはずですのでまず挑戦してみました。うまくいくのですが最後のところでなぜか失敗してしまいます。原因がわかりません。
ということで1TBのSSDを13,000円で購入して③の慣れた方法で行いました。

       転送

 時間は5時間くらいかかりましたがなんとか移設ができました。起動時間は2分だったのが30秒くらいになっています。時間はとっていませんがPhotoshopやDremweaverなどは待ち時間ゼロで瞬時に立ち上がります。
 元々のHDDが残っていると間違いの元になるので初期化してしまえばいいのですが予備として残してあります。でもあると邪魔なのでディスクユーティリティソフトでマウントを外して見えなくしています。その後タイムマシーンのバックアップを設定しなおしました。ここでまた数時間かかりました。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

「iPhone SE」の後継製品を2020年春に発売の可能性

Posted by aishinkakura on 07.2019 パソコン関係 2 comments 0 trackback
se.png Appleが米国時間9月10日に「iPhone 11」シリーズを発表する見通しですが、同社の2020年の予定が既に一部明らかになった可能性があります。同社が競合企業から顧客を取り返すために、2016年に発売していた399ドルのiPhone SE以来となる「iPhone」の低価格機種を、2020年春にラインナップに追加する計画だと日本経済新聞が9月4日に報じています。
 この新製品の名称と価格はまだ不明ですが、サイズについては2017年にリリースされた「iPhone 8」とほぼ同じ4.7インチ前後になる見込みだとのことです。またほとんどの部品は2019年のiPhoneモデルと共通のものが使われ、安価な液晶ディスプレイを搭載することにで価格が抑えられると日本経済新聞は報じています。

 中国との貿易冷え込みの関係と高価格高性能路線が支持されなくなってきたのでアップルも流石に低価格路線に踏み切るようです。2016年発売のiPhone SEは小型で女性でも持ちやすく人気がありました。この路線に活路をみいだしたいのでしょうね。私も昔のiPhoneのように小型でジーパンのポケットに納まりやすいものが欲しいと思っていました。但し機能は最新にしてもらいたいです。今更apple payが使えないなどといったら使えません。
元記事:日経新聞



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

何か得したような気分

Posted by aishinkakura on 05.2019 パソコン関係 4 comments 0 trackback


 7月に椎間板ヘルニアで入院する時にamazon fire HD8という8インチタブレットを購入しました。今まで入院時はMacBookを持ち込んでいましたがもっと小さくてかさばらないものがほしかったからです。そして入院中ブログ記事を書いたり、DAZNでサッカーを観たり、amazonの無料映画を観たりしていて結構役にたちました。
 このfire HD8が8月にアレクサ対応になったのです。あ〜あもう少し遅く買えばアレクサ対応のものが入手できたのにと悔しがっていたら、なんと私の購入した第8世代はバージョンアップ対象になっていました。そしてインストールして見事にアレクサ対応になりました。
 アレクサと言っても解らない人が多いでしょうね。グーグルスピーカーのようなものです。グーグルスピーカーは「グーグル〇〇やって!」ですがアレクサは「アレクサ〇〇やって!」となります。IOSでいうところのSIRIですね。実際に使う機会は少ないと思いますが最新版になったのが嬉しいです。
 動画はfire HD8ではなくアレクサECOのTVCMですがこれと同じことが出来ます。

Amazon-Fire-HD-8-with-Alexa-Hands-Free01.png




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

iMac用USBハブ

Posted by aishinkakura on 28.2019 パソコン関係 4 comments 0 trackback
 7月に愛用のiMacが壊れてしまい、新しく購入したことを記事にしました。iMacには欠点があります。あまりにデザインを追求しすぎた結果として接続がすべて背面なのです。外付けのHDDやプリンターなど常時接続しているものは背面でいいのですが、たまにUSB接続で使う周辺機器も多いので、その際手さぐりでこちょこちょやるもの非効率です。

iMac用USBハブ

 壊れてしまった旧機にはiMac専用のUSBハブをつけていました。そしてそれを新型iMacにつけようと思ったらつけられないのです。よくよく見ると以前のものは筐体の厚さがあるiMac用です。溝のなかにすっぽり入れてネジでしめる構造でした。新型は筐体が薄くできていますのではさまりきれません。その分何かをかませてやってみましたがうまくいきません。仕方がないので薄型につけられるハブを購入しました。2枚の爪を筐体下部のスピーカーポートに入れてネジで間隔を広げて止める仕組みです。
 以前のハブは捨てるのももったいないのでMacBookPro用として使うことにしました。
このiMac用USBハブは全体のデザインを壊さないので気に入っています。

ハブをセット




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

良かったような残念なような

Posted by aishinkakura on 14.2019 パソコン関係 6 comments 0 trackback
カードリーダー不要 アップルのスマートフォン「iPhone」で行政手続きがしやすくなります。今秋公開の新基本ソフト(OS)でマイナンバーカードのICチップを読み取れるようになります。政府の専用アプリをダウンロードしたうえでカードをかざして本人確認し、児童手当の申請や確定申告が可能になります。 アップルはマイナンバーカードなどが採用する無線通信規格に新OSが対応していると明らかにしました。政府が運営する個人向けサイト「マイナポータル」にアクセスし、カードをiPhoneにかざしてログインします。保育施設の利用や子育てイベントの参加、健康診断の受診の申し込みなどもできるようになります。
 グーグルのOS「アンドロイド」を搭載したスマホはすでにマイナンバーカードを読み取れる機種が多くあります。政府は国内のスマホ販売の過半を占めるiPhoneが加わることで、マイナンバーカードの普及率(13%)が高まると期待しています。読み取りに必要なアプリの開発を急いでいます。パソコンでもマイナンバーカードを使って行政手続きができますが読み取り機を別に用意する必要があり、利用は広がっていないのが現状です。
 私は確定申告に以前からe-Taxを利用しています。古くは住基カード、最近ではマイナンバーカードを読み取るためにカードリーダーを購入して使っていましたが不要になるのですね。便利になって良かったと思う反面カードリーダーが不要になるのは残念です。折角買ったのに。
元記事:日本経済新聞



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

NEC PCがPC-8001復刻版を発売か?

Posted by aishinkakura on 31.2019 パソコン関係 4 comments 0 trackback
pc8001.jpg NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)は、PC-8001誕生40周年記念記者会見を8月5日に行なう予定です。同発表会では、「世界にまだ個人がコンピュータを所有するという概念すらなかった時代に、どのようにしてPC-8001が誕生したかを振り返り、PC-8001へのオマージュを込めた特別モデルを発表」するとのことです。
 特別モデルの詳細はまだ不明ですが、BASICプログラムが動作し、レトロゲームを動かす予定があるとしています。発表会にはNEC PC代表のデビット・ベネット氏のほか、特別ゲストとして、西和彦氏、元日本電気支配人 PC事業立ち上げリーダーの渡辺和也氏、元日本電気PC-8001開発者の後藤富雄氏も出席する予定だそうです。

 まだ日本のエレクトロニクス産業が元気だったころです。PC-8001といえば一斉を風靡しました。古いものを知っている私でさえプログラム打ち込み型ですので難しくて使えませんでした。こういうものに呪文のような言語を打ち込んで操作できる人を尊敬していました。しかしアップルやマイクロソフトが直感的に使えるOSを出してきたので私でも操作できるようになりました。でもたいへん高価なものでした。会社でもなかなか決済がおりないものを家内は良く個人用に許可してくれました。今でも感謝しています。
 しかしこんな古風な旧式パソコンを復刻させて何に使うのでしょうね。観賞用でしょうか。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

DropBoxにしてやられました

Posted by aishinkakura on 22.2019 パソコン関係 4 comments 0 trackback
dropbox-830x400-1.jpg クラウドストレージの元祖みたいな存在で一番使いかっての良いのがDropBoxだと思っています。2019年の3月から無料版は3台までとディバイスの制限がつくようになってしまいました。私の場合は7台使っています。このままそっとしていれば7台使えていたと思います。ところが先日メイン機のiMacが故障して新規に買い替えました。中身は旧のHDDをコピーしてなんとか終わったと思っていたのですが落とし穴がありました。
 DropBoxが新規と判断するのです。すなわち4台目との判断です。これは困りました。今使っているものを全部一旦削除してあらたに3台を設定しなおさないとなりません。それともDropBoxの策略にはまり有料化を受け入れるか。
 1日悩んだ結果、有料化でも仕方ないと結論を出しました。DropBox Plusというコースでディバイス数は制限なし、データ量は2TBです。(無料版は3台制限で2GB)考えてみれば今まで10年間無料で使ってきたのですからそれまでの御礼と割り切って支払うことにしました。それにしても高いです。(月1500円、年間支払いにすると月1200円)3桁だったら迷わなかったのに4桁は高すぎると思います。皆様もパソコンやスマホの機種交換の際、策略に引っかからないように注意して下さい。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME