FC2ブログ

三国志展

Posted by aishinkakura on 08.2019 日常 4 comments 0 trackback
 今年の7月から9月16日まで上野の国立博物館で三国志展が開催されていて観てきました。本当はもっと早く行きたかったのですがヘルニアの手術で入院していたり、病み上がりで暑さを避けたりで9月になってしまいました。かなり展示品が多く写真撮影OKなのですが考古学的興味はないのであまり撮っていません。普段歩き続けたり立ち続けたりしていないのでかなり疲れてしまいました。(情けない)

会場入口

 会場の入り口近辺です。人がまばらのように見えますがたまたまです。平日にも関わらず混んでいました。入場料は1600円です。


ヘッドフォン550円

 会場内ガイドのヘッドホンを貸し出しています。無料ではなく550円です。私もせっかくなので借りました。


NHK人形

 昭和50年代にNHKでやっていた人形劇の人形たちです。良く出来ています。


関羽像

 ポスターのモデルにもなっている関羽像です。彼は武将にもかかわらず神格化されています。


獅子像

 洛陽の王宮の門にあった獅子像です。本物も飼っていたといわれています。


張飛鉾
 
 張飛が使っていたとされる鉾です。勿論レプリカです。こんなに綺麗に残っている訳がありません。


孔明矢集め

 赤壁の戦いの時に孔明が魏軍を騙して矢をはなたせ、それを10万本集めたとされるシーンです。


 本を読むのが嫌いな私は小説では読んだことがなく映画とドラマでしか三国志とつきあっていません。それでも遥か昔を偲ぶことが出来ました。2世紀〜3世紀の中国はかなり文明が進んでいたようですね。日本はまだ卑弥呼の時代で歴史書もありませんでした。当時の様子は正史三国志の中の魏志倭人伝でしか知ることが出来ません。中国からみたら日本は野蛮な未開の国だったのでしょうね。











ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

生協コープデリで苦戦

Posted by aishinkakura on 29.2019 日常 4 comments 0 trackback
coopderi.jpg 8月から生協コープデリというものを利用しています。食品や日用雑貨の宅配サービスです。なぜ使うようになったかというと椎間板ヘルニアで歩けなくなってしまって買い物も行けなくなってしまいました。入院期間も母親がいますので同様です。車で30分のところにいる妹家の世話になったり弟夫婦が泊まりにきたりしてフォローしてくれましたが今後また同じようなことがあった場合に備えておく必要があります。
 そう考えていましたら妹が利用している生協の宅配サービスを使ってみたらどうかとアドバイスがありました。週に1回の注文と配送のシステムです。週に1回ではどうなのだろうと思いましたが背にハラは変えられずやってみました。
 常温で日持ちがするものや冷凍品を中心にオーダーすればいいのだろうと思って始めたのですがスムーズに行っていません。普段買い物しているものは冷蔵品が多いのです。賞味期限が決まっていますので週に1回ではコントロールが難しいのです。

 困って妹にどういうものを注文しているのか聞いたところ温度帯に関係なくかさばるものと重いものを頼んでいるとのことでした。水も多いとのこと。我が家では水に拘っていませんので水道水です。重いものといえば米ですがせいぜい月に5kg食べるかどうかです。
 更に聞いたところ配送日には冷蔵庫がパンパンになるそうです。牛乳や玉子などもまとめているそうです。ということは賞味期限コントロールを自分でやらないといけないということですね。私は今までごく少量づつを購入していましたので賞味期限を気にする必要がありませんでした。そこが大きな違いなのだと気がつきました。危機管理が目的なのでめげずにもう少し続けてみようと思っています。危機管理用だったら本当は弁当宅配の方がいいのかも知れませんね。でも母親が味の濃いのを嫌いますし、私は私で魚介類が食べられないので難しいです。
 



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

退院します

Posted by aishinkakura on 13.2019 日常 20 comments 0 trackback
201907121936350fd.jpg 今回はかなり痛い思いをしましたが、12日の金曜日に退院の許可が出ました。正直嬉しいです。
4日に手術し、5日はひたすら痛みに耐えていました。泣きたいくらい痛かったです。6日から徐々に回復していったのですが、何かの拍子で逆戻りしたりしていました。良悪を繰り返しながら少しづつ快方に向かい、10日くらいからは確実に痛みが消えていきました。最期にきて傷口の治りが遅いので局所麻酔をして再縫合するかも知れないと脅されましたのでセーフの診断が出てほっとしました。これからしばらくは外来で来ることになりそうですが入院生活からは開放されます。良かった良かった。後は24日に延期されているガンの検査結果報告です。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

電気ショック

Posted by aishinkakura on 10.2019 日常 10 comments 0 trackback
2019070906525067c.jpg 相変わらず術後の痛みとの格闘をしています。傷口に腰、臀部、右大腿部、右下肢の痛みです。腰に刺さっていた血抜きのドレインは術後2日目に外れましたので歩くことはできます。もちろんゆっくりですが。そして3日目はリハビリと思い歩行器を使って院内をかなり歩きました。何とか早く退院したいからです。
 しかし無理がたたったのでしょうか、トイレに行っての帰りに物凄い電気ショックに襲われ立っていられなくなりしゃがみ込みました。そして痛みが増してしまいました。ただでさえ不安なのに予定の15日で退院できるのか一層不安になっています。医師に相談したら術後日数が経っていないのでなんでも起こり得る。と平然としていました。平然とされても困るのですが。でも症状がギックリ腰に似ているので大したことはないのかも知れません。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

糖尿病があると面倒

Posted by aishinkakura on 08.2019 日常 12 comments 0 trackback
20190707064502faa.jpg 手術をするときは糖尿病があると面倒です。傷口がうんでしまったりするので血糖値の管理をします。具体的には簡易測定器を使って1日4回の測定です。細い針をポチッと刺して一滴絞り出し測定器で測ります。今回は100〜180くらいの数字なのでセーフですが前回抗がん剤治療をしているときは抗がん剤の中にステロイドが入っているので毎回200オーバーでインシュリンを打たれました。糖尿病は自覚症状がないので馬鹿にしてしまいますが色々と悪さをするわけです。
なおポチッが痛いかどうかなのですが手の指先の場合は殆んどありません。ただし両腕に点滴をしている場合は足の指からやります。これがちょっと痛いです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

椎間板ヘルニアの手術

Posted by aishinkakura on 07.2019 日常 20 comments 0 trackback
20190706163555210.png 結果からいいますと7月4日の手術は成功だそうです。ただし術後かなり痛いので治ったという実感がありません。先生曰く、月日がある程度経過しないと結果は出ないとのことです。リハビリを1週間くらいやって退院だそうですが今の状態では手術前より痛いので不安で仕方ありません。
 かと言って自分では何も出来ませんから先生の言葉を信じるしかありません。色々調査して実績と評判の高い病院ですし。
執刀医も学会では有名な医師ですから。皆様には多数剥げましの言葉を戴き感謝格します。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

病院内の生活

Posted by aishinkakura on 03.2019 日常 12 comments 0 trackback
20190702184926bb4.jpg 1度でも入院敬虔がある人は良くご存知だと思いますが入院敬虔のない人もおられると思いますのでそういう羨ましい人のために病院での生活について記事にしてみました。
入院病室については個室や二人部屋という贅沢で自由度の高い部屋もありますが多くは4人を基準とした大部屋です。私も大部屋以外は使ったことがありません。大部屋の場合は消灯時間や起床時間が決まっています。他の人の迷惑にならないようにしなければいけません。個々のベッドには通常テレビや冷蔵庫が設置されていますが有料です。テレビカードを購入して使えるようになります。テレビカードは洗濯機や乾燥機にも使えます。夫婦で助け合いながらどちらか一方が入院している場合は自宅に持ち帰って洗濯をしますが、私のような場合は便利に使わせてもらっています。
その他入浴などもルールを守ってみんなが気持ちよく使えるようにしなければなりません。言い忘れましたがどの病院も禁酒禁煙です。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

病院の紹介

Posted by aishinkakura on 02.2019 日常 2 comments 0 trackback
201906251431408f0.jpg 昨日から椎間板ヘルニアの手術を受けに柏市立病院に入院しています。この病院の沿革は1939年に柏陸軍病院としてスタートしています。戦後厚生省に移管され1983年に国立柏病院となり1992年に国立から柏市立となり現在に至っています。整形外科はこの病院の看板科目であり、近隣の病院の紹介状がないと手術はもちろんのこと診察を受けることも出来ません。沿革が陸軍病院ということもあり荒っぽいのかと心配でしたが得意は顕微鏡手術で他の病院より入院期間も短くて済むようです。難点は家からのアクセスが車に限られてしまうことです。電車とバスを乗り継ぐかタクシーを使うしかありません。それと前にも記しましたがWI-FIがありません。とにかくそんなことよりヘルニアがきちんと治るかどうかです。評価するのはその後ですね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME