FC2ブログ

白黒写真に色付けしてくれるサイト

Posted by aishinkakura on 11.2019 INTERNET 関係 6 comments 0 trackback
colorize.jpg

 Colorize Photosは白黒の写真に自動で色付けをしてくれるオンラインツールです。アップロードするだけでカラー化、ダウンロードできるようになっています。と言っても元の色の再現ではなく、ディープラーニングを使って100万枚の画像を学習、カラー化しているそうです。再現とはいかずとも、近い色合いを出せたり、元の色の想像をサポートしてくれそうですね。基本的には無料ですが、ある程度使用すると使用料が発生するみたいですが個人が何度か利用する分には無料で使えると思います。
 面白そうなので実際にやってみました。でも手持ちの白黒写真がなかったので大河ドラマで有名になった金栗四三さんの若かりし頃の写真を無断で使わせてもらいました。URLを入れる欄があるのですが自分のURLを探すのは難しいので赤丸で囲んだUPLOADをクリックして自分のパソコン内の場所にある写真をアップロードしました。そしてcolorize itというボタンを押すと半分カラー化した写真になります。その境界線をいじると全部カラーになるのでそれをダウンロードと言いたいのですがダウンロードの方法がわからなかったので画面をキャプチャーしました。古い写真をお持ちでカラー化してみたい方はやってみるといいと思います。

  kahakuri_after.jpg  kanakuri_before.jpg
        AFTER           BEFORE






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

フラッシュの影響でPC版アメーバーピグ終了

Posted by aishinkakura on 02.2019 INTERNET 関係 2 comments 0 trackback
アメーバーピグ サイバーエージェントは2019年3月12日、コミュニティサービス「アメーバピグ」のPC版を12月2日15時に終了すると発表しました。
終了対象のPC版サービスは「PC版アメーバピグ」「ピグライフ」「ピグブレイブ」「DMM GAMES版 ピグブレイブ」「ピグワールド」「ピグカフェ」「ピグアイランド」。またPCサービス終了に伴い「モバイル版 ピグ」「どこでもピグライフ」も終了するそうです。なお、「スマートフォン版 ピグ」「ピグパーティ」は引き続き利用できるそうです。
 「アメーバピグ」は2009年2月にサービスを開始、約10年にわたってサービスを提供してきました。PC版の終了理由としては、サービスの根幹に使われていた技術「Flash(フラッシュ)」が、主要ブラウザでサポートされなくなることが挙げられています。今後は9月30日にピグライフイベント終了、11月26日にコイン利用停止、12月2日にサービス終了を見込んでいます。
 アメーバーブログをやっている方は大抵アメーバピグを使っていたと思います。自分の分身のキャラクターを作って着せ替えをしたり、お出かけをしたり、釣りをしたり、カジノに行ったりして遊べるものです。皆さん可愛いキャラクターを作っていました。
 Flashは以前から脆弱性が問題になり使われなくなってきました。アメーバーブログだけでなく殆どのブログがアクセサリーとしてFlashを使ったウイジェットを貼り付けたりしています。各プラウザーもSSLの表現でFlashを使ったページがあると安全でないと表示しています。
元記事:J-Cast.Com



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

レッド・ツェッペリンのフォントが作成できる

Posted by aishinkakura on 26.2019 INTERNET 関係 8 comments 0 trackback
ツェッペリンフォント レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は50周年を記念して、あなたの名前を「レッド・ツェッペリン・フォント」で表示する画像を作成できる公式ジェネレイターを特設サイトで公開しました。またツェッペリン楽曲の中から、自分自身のプレイリストを作成できるプレイリスト・ジェネレイターも公開されています。

http://lz50.ledzeppelin.com/(じかにリンクされていませんのでURL窓にコピペして下さい)

サイトに入ってから左側のyour name hereの下のstart nowのボタンを押すと名前を書くスペースが現れますのでそこに自分の名前を書き込んでから下のgenerateボタンを押すとレッド・ツェッペリンのフォントで自分の名前が出来上がります。やってみたら面白かったです。勿論アルファベットのみです。漢字は不可です。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

FC2ホームページはいいですよ

Posted by aishinkakura on 10.2019 INTERNET 関係 4 comments 0 trackback
FC2ホームページ

 広告ではありません。実際の話です。私の義理の弟が司法書士をやっていまして司法書士事務所を開いています。そのホームページは2012年に私が作って更新もしています。
 しかし、私が更新出来なくなったら困るのでなにかいい方法はないかと考えていました。色々調べた結果、以前のレンタルサーバーからFC2ホームページに引越しをしました。
その理由は
①無料である(独自ドメインは有料)
②HTMLやCSSの知識がなくても更新できる。
③無料でも広告がない(3ケ月以上更新がない場合は広告がついてしまう)
④商用でも利用できる
⑤SSL対応(独自ドメインの場合は近日中とのこと)
 とかなり使いやすい条件であることでした。特に②の自分で更新できるというのは魅力です。実際にやってみるとFC2ホームページの管理画面の中で更新もFTPデータアップも出来てしまいます。独自のドメイン名も年間999円で取得できてしまいます。
これはいいと思い早速義弟に登録をしてもらい私が作業してみました。実に簡単です。
 そして義弟に教えに行きました。ところが上手くいきません。試行錯誤して色々やってみても駄目です。私の家でやるときは問題ないのに義弟ところでは出来ないのです。
 FC2サポートに何回も問い合わせをしましたが最終的にプラウザーに問題がありそうだということでした。私は家でFireFoxを使っていましたし、義弟のところではGoogleChromeでした。FC2ホームページ管理画面のファイルマネジャーという更新ソフトはGoogleChrome対応していないとのことで義弟のところでFireFoxをダウンロードしてもらい、それでやってみたら問題なく出来ました。FC2サポートには「早く言ってよー」という感じです。
 でもなんとか出来ましたので私がいなくなっても安心です。しばらくはフォローも必要かと思いますが。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

電子新聞の取り組み方

Posted by aishinkakura on 20.2018 INTERNET 関係 2 comments 0 trackback
読売値上げ 読売新聞が25年ぶりの本体価格値上げとウェブサイトのリニューアルを発表したことで、大手全国紙の有料版をめぐる戦略が大筋で出そろいました。最初に有料の電子版を創刊した日経新聞をはじめとする多くの新聞社が、紙媒体を購読しない「電子版のみ」のプランを用意するなか、読売新聞は、こうしたプランを用意してこなかったのが現状です。
 読売のリニューアル後の料金プランは現時点では明らかではありませんが、「ご購読料金のみで、すべてのコンテンツ、サービスがご利用いただけます」とうたっていて、引き続き紙媒体購読を前提にサービスを展開する可能性が高そうです。
 日経新聞は電子版を10年3月に創刊。18年6月の発表によると、無料会員を含めると登録会員は400万人を超え、そのうち有料会員は60万人を占めるそうです。有料会員には、紙媒体に1000円プラスするプランと、4200円支払って電子版だけを読むプランがあります。有料会員の内訳は不明ですが、6月7日の日経記事では、
「2010年3月の創刊以降、30~50代のビジネスパーソンが中心だった有料会員層は20代、女性へ広がっています」
などと購読者層の広がりを強調しています。紙媒体では読者の高齢化が進み、若年層で新聞を読み始める人はきわめて少ないため、部数は「右肩下がり」。電子版で購読者層が広がったことは、新聞業界にとっては朗報だと言えそうです。
 朝日新聞は11年5月に有料化。日経同様に、紙媒体に1000円プラスすれば有料記事が読めるほか、紙媒体の読者以外にも有料記事が300本読める月額980円のコースと、読み放題の3800円の有料プランがあります。朝日新聞の18年6月の有価証券報告書によると、登録会員数は有料・無料合わせて約326万人。会員数を公表しているのは日経・朝日の2社のみです。
 最も読売と対照的なのが産経です。産経は16年12月から「産経電子版」という現在の形で有料サービスを展開。月額1800円で紙面掲載の記事が読めますが、紙媒体を購読することによる割引はありません。
 毎日は15年6月に電子版をスタート。紙媒体の定期購読者は追加料金なしで電子版の有料記事を読むことができ、500円を追加すれば記事データベースが使えたり、サンデー毎日などが読めたりする「プレミアムプラン」に加入できます。電子版だけを読むプランも、24時間で100円、1か月で980円のプラン、1か月3200円のプレミアムプランと幅広くなっています。
 私は無料版専門です。日経と朝日と産経です。紙媒体でも見出ししか読まない部分もありますので無料版で十分だと思います。無料版は途中で記事が終わってしまうものもあり、これ以上読みたい場合は有料版へとうながしますが、そうこうしているうちにテレビニュースでやってくれますので完結してしまいます。読売が電子版のみのプランがないのは時代に乗り遅れているような気もします。
元記事:J-Cast.Com



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

昭和の東京地図

Posted by aishinkakura on 07.2018 INTERNET 関係 8 comments 0 trackback
 自分が子供の頃に住んでいた住所は地名が変わってしまっています。懐かしい場所を地図で見たくても有名な施設が近くにないと探せません。ある日なにげなくネットを検索していたらすごいサイトを見つけてしまいました。
 「昭和毎日」という毎日新聞社のサイトなのですが23区別になっていてタイムバーというものを操作すると昭和の年代まで選ぶことが出来ます。私は子供の頃、練馬区と文京区2カ所に住んでいたのですが今はなくなってしまった昔の住所で出ていたので嬉しくなってしまいました。
 昔の地図と今の地図を重ねて実際に行ってみたくなりました。私の今住んでいるところからですと1日で3カ所を楽に回れるのですが何か怖くて(おそらく変わり過ぎているのが)なかなか行くことが出来ません。

石神井公園
練馬区下石神井   0歳から小学校3年まで

丸山町
文京区丸山町 小学校4年から6年まで

駒込坂下町
文京区駒込坂下町  中学1年








ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

詐欺メール?

Posted by aishinkakura on 24.2018 INTERNET 関係 0 comments 0 trackback
apple詐欺メール

 今までで一番良く出来た詐欺メールだと思われるものが着ました。外見からは判断できません。アップルのロゴもあるし、iTunesの書体も同じです。そして購入の確認とかで覚えがなければ「今すぐキャンセル」をクリックするように書いてあります。アップルやiTunesがそんなことをするはずがないのでそこで怪しいと思いました。それに何かの購読を購入した覚えもありません。それにしてもこういう実在の企業を名乗った詐欺はその企業が犯人を追及しないのでしょうか?



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

また詐欺メールの新手口

Posted by aishinkakura on 25.2018 INTERNET 関係 10 comments 0 trackback
詐欺メール3

こんなのがきました。危ない。絶対危ないですね。怪しいと思う点は下記の通りです。

日付が1カ月以上も前です。
差出人の名前がAppleですがtwieterネームになっています。
ゲームを購入したようなイメージですがゲームを買ったことはありません。
下の方にApple格納とありますが意味のわからない言葉です。

「この購入を承認しなかった場合は、下のリンクでご注文のキャンセルをクリックして下さい」
となっていますがクリックしてキャンセルと思わせて巧みに誘導する手口のようです。
これだと「ヤバイヤバイ即キャンセルしなくては!」とひっかかる人もいるでしょうね。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME