FC2ブログ

Because(The Dave Clark Five)

Posted by aishinkakura on 01.2020 ギター関係 22 comments 0 trackback


 リアルタイムでビートルズを体験している世代はディーブクラーク・ファイブをご存知だと思います。ビートルズとほぼ同じタイミングで英国から出てきて人気をはくしました。ビートルズがリバプール出身だったのに比べてロンドン出身の彼らは都会的センスにあふれていました。当初はビートルズと二分する人気があったのですがいつのまにかいなくなってしまいました。
 ただしこのビコーズという曲は美しいので名曲として残っています。コーラス付きのギターカラオケがあったので利用させてもらっています。低音の方が私のボーカルです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Venus(Shocking Blue)

Posted by aishinkakura on 01.2020 ギター関係 12 comments 0 trackback


 今月は1969年にオランダのグループであるショッキング・ブルーがヒットさせたヴィーナスです。軽くて調子の良い曲ですね。世界中でヒットしていますので高齢の方はもちろん、若い方でもメロディーを聴いたことがあるのではないでしょうか。女性好みの曲で当時のお嬢さんはみんな聴いていました。今はおばあ様ですね。(笑)



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Have you ever seen the Rain(C.C.R)

Posted by aishinkakura on 01.2020 ギター関係 20 comments 0 trackback


あけましておめでとうございます。
 今年も元旦から下手なギターをかき鳴らしております。1月はクリーデンス・クリアーウオーター・リバイバルの「雨を見たかい」です。この曲はベトナム戦争の頃(1970)に発売され、アメリカでは、放送禁止になりました。単純に歌詞を読めば、ツキのない男が、ボヤキながら、煌くような「お天気雨の日」を夢見ているようです。それなのに、アメリカ政府はこの歌を放送禁止にしました。その理由は、この歌がベトナム戦争で使われた、無差別大量殺戮兵器であるナパーム弾を連想させるためです。ベトナム戦争中に使われた「ナパーム弾」はゲル化油脂焼夷弾で「水のように煌きながら降り注ぐ雨(the Rain)」はそのスラングです。ナパーム弾は落下するときに、空気との摩擦で、雨粒のように青白く輝くということに由来しています。この曲が流行った当時はノンポリの大学生でした。意味なんか全く知らずに聴いていました。
 この曲はまだ簡易インターフェイスでのギター音なので音ズレがあります。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

The House of the Rising Sun (The Animals)

Posted by aishinkakura on 01.2019 ギター関係 18 comments 0 trackback
 

 邦題は「朝日があたる家」です。この曲はイギリスのアニマルズが演奏していましたのでロックだと思っていたのですが、実はアメリカのフォークソングだったのです。初めて聴いたときは中学生でしたが題名からして朝日があたるのであれば楽しい曲に違いないと思っていました。
 ところが大違いでした。朝日屋という売春宿から抜け出せない売春婦が恵まれない境遇を恨んで歌っているものだと気づいたのはかなり経ってからでした。
 名曲なので色々な人が演奏しています。一番有名なのはヒットさせたアニマルズですがボブ・ディランなども歌っています。彼が歌うとやっぱりフォークの曲だったのだということがわかります。私もアコギ1本で挑戦してみました。長いので1コーラス省略しています。
 余談ですが、樹木希林が亡くなったとき葬儀に内田裕也の「朝日があたる家」を流してほしいと言った話は有名です。その後、内田裕也も後を追うように亡くなってしまいましたが。今日はちょっと暗かったですね。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

I don't want to talk about it(Rod Stewart)

Posted by aishinkakura on 01.2019 ギター関係 16 comments 0 trackback


 11月は渋いところでロッド・スチュワートの「I don't want to talk about it」としました。しかし、ロッドのようなハスキーボイスではありませんし、あんな切ない歌い方は出来ません。全く色気なしです。
 この曲は元々ロッドのソロですがAmy Belleとのデュエットでも有名です。彼女が大御所ロッド・スチュワートと歌って人気を不動のものにしたそうです。まだ出始めの頃なのではにかみながら歌っているところが可愛いです。お耳直しにそのバージョンも聴いてみて下さい。YouTubeのURLをつけておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=w46bWxS9IjY




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Immigrant Song(Led Zeppelin)

Posted by aishinkakura on 01.2019 ギター関係 16 comments 0 trackback
 

 移民の歌、レッドツェッペリンです。この曲を初めて聴いたときはターザンの歌かと思いました(笑)。移民というと日本ではピンときませんが今世界では移民をめぐっていろいろな問題が起きていますね。国を捨てて移住する訳ですからそうとうな決心がないと出来ません。それを受け入れる国、拒否する国、事情によって対応が違うようです。まあそんなことはどうでもいいですがロバート・プラントの高音が印象的な曲ですね。ライブバージョンではギターソロがあるのですが速くて弾けません。レコードバージョンでご勘弁を。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Money(the Beatles)

Posted by aishinkakura on 01.2019 ギター関係 14 comments 0 trackback

 
 今月はビートルズのマネーです。この曲はビートルズで有名ですが確か作者はレノン&マッカートニーではなかったと思います。そのせいでしょうかYouTubeにアップすることが出来ました。今までビートルズは音声を消されてしまうことが多かったのです。
実はマネーは2回目です。同名のピンク・フロイドのものをアップしたことがあります。
 このビートルズのマネーは高校生の時にバンドを組んで新宿のある自治会の盆踊りで演奏したことがあります。そのときの担当はベースでした。もう50年以上昔のことになってしまいました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Love Is My Life(Queem)

Posted by aishinkakura on 01.2019 ギター関係 8 comments 0 trackback


 7月は入院手術があってギターを弾いている時間がありませんでした。以前に戊辰150用にバッキングとして用いたアコギ演奏がありましたのでこれで間に合わせさせていただきます。現在は回復してきていますので9月1日にはなんとか新しいものでアップ出来ると思います。この曲はクイーンもブライアンの12弦のアコギ1本でフレディーがせつせつと歌っているのですが情緒があって素敵な曲だと思っています。
 それにしても手術後の当日夜は激痛でたまりませんでした。もうこりごりです。お陰様で現在はすっかり回復しております。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME