Battle Without Honor or Humanity (布袋寅泰)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 10 comments 0 trackback


 今月は珍しく日本人アーチストの曲を取り上げました。ハリウッド映画「キル・ビル」のテーマとして世界中で有名になった曲です。元々は日本のヤクザ映画「仁義なき戦い」のテーマだったのですが、ハリウッドのタランティーノ監督がこの曲の緊迫感を気に入りキル・ビルのテーマとして取り上げました。そしてヤクザ映画のテーマだったことは忘れさられています。そのくらいインパクトが強かったのですよね。作曲と演奏は日本のギタリストの第一人者である布袋寅泰です。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Long Train Runnin'(Doobie Brothers)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 12 comments 0 trackback


 ロング・トレイン・ランニンは、アメリカ合衆国のロック・バンド、ドゥービー・ブラザーズが1973年に発表した楽曲です。ヒットしていますのでロック好きな人ならみんな知っていると思います。またバックグランドミュージックとして使われることも多いので聴いたことがあると思われる人も多いと思います。アップテンポの軽快な曲です。リズムがとりにくくて苦労しています。またライブ版ではギターソロもあるのですが難しいので省略してしまいました。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

California Girls(Beach Boys)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 14 comments 0 trackback


 8月1日夏真っ盛りです。夏といえば海、海といえば何でしょう。60代以下の人はサザンオールスターズとかチューブを思い浮かべるでしょう。もっと若い人は違うのでしょうが老人にはわかりません。70代以上だとやっぱりベンチャーズかビーチボーイズでしょう。そんなわけで今月はビーチボーイズのカリフォルニア・ガールズにしました。
 ビーチボーイズと聞いて私どもより若い年代は反町隆史、竹野内豊が出演していたテレビドラマを連想するかもしれませんね。やはり色々とジェネレーションギャップはあると思います。
 でも、老いも若きも男も女も聴いて下さい。夏はサーフィンミュージックの祖、ビーチボーイズです。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Nowhere Man(the Beatles)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 16 comments 0 trackback
   

 今月はビートルズのノーホエアマンにしました。イントロのコーラスが特徴的な曲です。ビートルズのバッキングデータを使用しているのでYouTubeでは音を消されてしまいます。そんなことで今回もFC2動画にアップしてからコードを貼り付けています。
 歌も私がやればYouTubeに掲載出来るのですが、ビートルズのようにきれいに歌えないのでバッキングデータを使うしかありません。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Amanda(Boston)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 12 comments 0 trackback


 今日は家内の11回目の命日です。何年経過しても悲しみが薄れることはありません。そんなわけでラブソングです。ボストンが1986年にヒットさせたアマンダです。アマンダという名前の女性にせつせつと愛を捧げています。最初の部分だけの訳を記しておきます。

ベイブ 明日は遠すぎてまだ来ないよ
僕には言わなきゃならないことがある

隠してはおけないんだ胸に秘めたこの気持ちを
また一日経つときみを愛してることを思い知るから...

そして僕はまだ近づき過ぎてしまってる終わりなんて見たくないのに
今夜 僕が想いをきみに告げたら明かりを消して去っていくのかい
僕のきみへの愛を知ってしまったら?

きみを突然のように驚かせたい僕の想いをわかってもらいたいんだ
アマンダ 今すぐきみに告げるよ
一日も待ってられないのさ
アマンダ 男らしく言うんだ
きみにわかってもらいたいんだ
アマンダ
きみを愛してる...

 ボストンというと知的な響きがありますね。アメリカとしては古いトラディショナルな街だからでしょうか?ハーバード大学がある街だからでしょうか?それだけではないと思います。バンド自体も知的です。






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

My Hert Will Go On(Titanic)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 14 comments 0 trackback


 ご覧になった方も多いと思いますが1997年の映画タイタニックのテーマソングとしてヒットしました。映画では歌詞はなかったと思いますがセリーヌ・ディオンが歌詞付きで歌ったのが大ヒットとなりました。
 映画の方はデカプリオ扮する貧しい青年画家が豪華客船タイタニックの乗客である富豪のお嬢様と恋愛関係になって沈んでしまう物語なのですが、そのお嬢様は助かって100歳を超えていたのですが宝石の探索に巻き込まれて当時を思い出すというストーリだったと思います。何部門かアカデミー賞をとっていると思いました。
 曲の方はやはり豪華客船を背景にしても負けない美しい旋律の曲です。私が弾いてイメージをこわしてしまっていますが。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

ギタースタンド修理

Posted by aishinkakura on 07.2022 ギター関係 8 comments 0 trackback
修理前ギタースタンド 


 私のギタースタンドはかなり傷んでいました。金属骨組みにスポンジ状のパイプを通した商品で構造は簡単です。








ゴムがぼろぼろ 

 傷んでいる個所はギターの底の部分が接する個所でもうボロボロです。一度スポンジパイプをぐるっと回してきれいな面を出してしのぎましたがもう限界です。








上部も傷んでいる

 上部のネックがあたる部分も劣化していますが、重量のかかる部分ではないのでこれはまだ気にしなくてもいい状態です。









パイプクッション全景 

 このスポンジパイプがどこかに売っていないか探していたのですが、いつも利用するホームセンターで偶然見つけました。パイプクッションという商品名で800円で売られていました。









修理後ギター戻し 

 早速購入してスタンドをばらしてあたらしいものに交換して組み直しました。これでまた数年は使えるでしょう。どこに売っているのか解ったので今度はすぐに交換出来ます。








ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

Sweet Home Alabama(Lynrd Skynyrd)

Posted by aishinkakura on 01.2022 ギター関係 12 comments 0 trackback


 今月はアメリカの南部野郎どもが1974年に出した曲です。レイナード・スキナードのコンサートはいつも南北戦争時の南軍旗をかざして演奏しています。いまでも南西部には南軍の支持者が多いのですね。彼らは典型的な南部の農村地帯出身を思わせる出で立ちでステージにあがり、ドロ臭く演奏します。干し草の山と3本フォークが世界一似合うバンドではないでしょうか。私のYouTube動画にも遠慮がちではありますがイントロ部分に南軍旗をあしらってみました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

 HOME