お坊さんの厚生年金は?

Posted by aishinkakura on 12.2015 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
お坊さん年金 朝日新聞デジタルによると主要な教団などでつくる全日本仏教会(全日仏)と日本年金機構が、寺のお坊さんの厚生年金に加入する、しないをめぐって話し合いを続けているそうです。議論は平行線のままですが、事情を調べてみると、お坊さん特有の働き方が問題の根っこにあるようです。
 「法人事業所である以上、加入は義務。宗教法人も例外ではなく強制加入となります」。そんな趣旨の文書が中国地方の仏教寺院に配られたのは昨年12月のlことでした。
 文書は年金機構中国ブロック本部(広島市)の担当部署「厚生年金適用支援グループ」名で出され、「強制加入」と2度繰り返したうえで、「届け出義務を果たしていない場合、加入指導をおこないます」などと結んでいました。
 さらに今年に入ると、京都や東京の各教団宗務所などへ年金機構の職員らが説明行脚を開始。4月下旬には「適用・徴収支援部長」名で「加入義務を果たされていない状況はたいへん残念。説明会を開くので貴宗派のご協力を」といった文書が各教団に配られました。
 「どう対応すればいいのか」。全日仏のもとにはここ数年、末端の寺や加盟教団からの問い合わせが散発的に続いていましたが、今回の文書がこれまでと違って組織的でかつ大規模だったため、3月と4月、機構本部(東京)の職員を事務所に呼び、話し合いをもちました。
 機構側は「加入呼びかけは、未加入事業所への広範な働きかけの一環であって、寺院を狙い撃ちしたものではない」と説明。これに対し、全日仏側は「多くの寺は、加入が義務である国民年金には入っているが、厚生年金となると負担が重い。法人とはいえ個々の寺院は零細だ。無理に入ったところで、未納の寺院が続発するのは目に見えている」などと寺側の事情を訴えたといいます。
 さらに全日仏側が問題視しているのが、厚生年金の制度設計がサラリーマンの人生をモデルにしたものであって、「定年のない自分たちの世界では制度自体がなじまない」という点です。
 厚生年金は、事業所側と従業員が折半で保険料を納め、65歳前後から老齢年金を受け取る仕組み。ところが、寺のお坊さんの場合、一般社会ではシルバー世代とされる60、70代でも「働き盛り」。定年は、ほとんどありません。
 収入面も、法要などでのお布施がある程度見込めるため、年金に頼るといった意識が薄いのが現状です。一定以上の収入があると、基礎年金部分は除き、受給額の一部または全額がカットされることもあり、「年金をもらえないのに、『保険料だけは払え』というのは不公平なのではないか」。と言っています。
 加えて、今回の組織的な働きかけがなぜ神社、新宗教、キリスト教でなくお寺だけなのかが、寺院側にとっては釈然としない。「『坊主丸もうけ』といった誤った認識が役所側にありそうなところが嫌なんですよねえ」。お坊さんたちは、そうぼやいているそうです。確かに支給を受けることがないのに払うだけというのはあんまりですね。

スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

「定年のない自分たちの世界」ですか。なるほど。
生涯、ずーっと定期的に収入があるというわけですね。
「一定以上の収入があると受給額の一部または全額がカットされる」
のも気に食わないのですか。うーむ。
「支給を受けることがないのに払うだけ」という不満はわからないでもないですが、『坊主丸もうけ』という言葉の意味はよくわかるような気がします。

故人の冥福を祈る「法要」は、本来の仏教の教えには無いものです。
でもそれをしないと霊が迷うなどと言って、坊さんはお経をあげたり、
戒名代を取ることでをつけることでかなりな定期収入を得ています。
本来は釈迦の深い教えを民衆に講義するのが仕事のはずなんですが。
2015.06.12 08:16 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

宗教をどうみるかは難しい問題ですよね。
お寺個々ではなく上部団体を見ると企業のようでもあります。
法要の方はどうなのでしょう。ありがたがっている民衆の方
にも問題があるのではないかと思います。
お寺の方で強制的にやっていることでもないと思います。
(少なくとも私のお寺では)
ただ困るのはお布施で、額が定額ではないので迷います。
これはチップと同じ扱いなのでしょうかねえ。

愛新覚羅
2015.06.12 08:57 | URL | aishinkakura #- [edit]
お坊さん、宗教法人。
やはり法人ですよね。
厚生年金、加入してもいいのでは? と思ってしまいますが。
こちらには使われる立場の人っていないのでしょうか。
もしいるとしたらその方々のためにはあったほうが良いと思うけど。
収入があるといってもたしか65歳を過ぎると、年金をカットされることはなかったのでは?
法要とか戒名もいろいろ思うところはあります。
2015.06.12 13:13 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

坊主丸儲け派ですね。
経営努力にもよるのでしょうが儲かっている寺と貧しい寺が
あります。大きい寺では住職の他にお坊さんを抱えている
ところもあり、そういうところは厚生年金も必要かと思います。
要するに寺持ち坊主とそうでない坊主を分けて管理すれば
いいのではないかと思うのですが。

愛新覚羅
2015.06.12 14:34 | URL | aishinkakura #- [edit]
国民年金でも、厚生年金でも、どっちでも、いいように選択させれば~。
檀家の数で分けるとか。
貧乏な所もあるし、暴利の金儲け主義のところもあるし、
一概に、お寺だからー、とは言えないと思うの。

ただ、私は、年金問題より、税金とって欲しいヨ~。
宗教税!
これは色んな政党と、宗教団体がくっついているから
難しいんだろうなー!
大反対されるでしょうねー。

収入の少ない 庶民からとらないで、そっちを狙えばいいのに。
誰か、ここに風穴開ける人いないのかな?
2015.06.12 19:01 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

いいこといいますね。税金ですよね。
仏教だけではありません。その他の宗教も同様です。
日本は世界でも珍しい無宗教国家です。
宗教が生活に密着している訳でもなくインフラでも
ありませんから税制上優遇する必要はありませんよね。

愛新覚羅
2015.06.12 19:11 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま 
どうもこの世界は 摩訶不思議ですね! 
田舎と当地では 値段の隔たりが? 

法要の額が少ないのでしょうか? 
未だに 現れています、 

税金ですね、払って欲しいです、
知人は お坊さんの跡取りと結婚しました、
お寺の他に 会社を作り 人を雇い 内職をばらまき 
稼いでいました、 

そんなお寺が多いのでは? 

いつもありがとうございます、 たか
2015.06.12 20:29 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

私の知っているお寺は裕福なところはありません。
でもいざとなれば寄付金を集められるので有利ですよね。
しかも無税ですから丸々使えます。

愛新覚羅
2015.06.12 21:37 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

年金機構も原資を集めるのに必死ですね(笑)
でも受給年齢がこれだけ上がってきたら、みんな嫌がりますよね。

確かに税金を課するのがてっとりばやい・・・・・かな(笑)
でも税金は年金の原資には組み込まれませんよね。
2015.06.13 03:29 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

課税するのがてっとり早いでしょうね。
しかし、中には非課税だから宗教をやっているなんていう
人がいるかも知れません。課税されたとたんに宗教従事者
がいなくなったら、それはそれで混乱するでしょうね。

愛新覚羅
2015.06.13 07:43 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1101-aa1f1526