ずうずうしい病

Posted by aishinkakura on 21.2015 独り言(意見) 16 comments 0 trackback
ずうずうしい 

 あるサイトを観ていたら最近の若者にずうずうしい病というものがあるそうです。経済成長が右肩上がりだった時代では、エネルギッシュな人が多かったようですが、生まれた頃から経済成長が止まり、失われたウン十年と言われる時代を生きてきた今の若者はどこかことなかれ主義な一面を持っているとのことです。代表的なものは下記の3つだそうです。



1:自分のすべてを受け入れて欲しい
例:「髪型も服装も会社の枠にはまりたくない。そのままの自分を受け入れてくれる会社に出会いたいからまだ就活を続けている」

2:自己肯定感は強いのに自信はない
例:「我は強いけど自信がない。目立ちたいし承認欲求もハンパなくもってるけど、自信はないから責任は持てないし、誰かに褒めてもらうことで満たされる感じ」

3:頑張りたくないけど幸せになりたい
例:「バカみたいだけどいつか白馬に乗った王子様が自分のもとけ駆けつけてくれるのではないかと信じている。ドラマみたいな恋愛が落ちてないかなーと期待してしまう」

 努力や頑張ることをダサいと感じ、悟ってみたり要領よく振る舞ってみたりするほうがカッコイイと思っている人もいます。また「頑張るのって面倒くさい」「報われない努力をしたってムダだよね」なんて考えもあるため、基本的には頑張りたくないようです。とはいえ、幸せになりたい欲は強いというのが特徴なようです。勿論全員がかかっている訳ではないでしょうが。

スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

テレビでイケメンとか呼ばれる男たちの顔を見ていると、
幕末から明治維新の頃の革命児の顔とは対極にあり、
良く言うと妙なクセがなく、悪く言うとヌケてるように見えます。
邪気はないのですが、深みもない、そんなふうに見えます。

ひとつの原因として、今の時代はどんな人でも何とか暮らして
いけるという点がないでしょうか。着るものは安く手に入りますし、
給料が安くてもいいのなら、仕事はいろいろあります。
だから貧乏貧乏といいながらスマホは皆ちゃんと持っています。
逆の見方をすれば、日本が平和な国である証拠のように感じます。
2015.06.21 08:10 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

無難に過ごそうと思う気持ちは誰でも持っていますよね。
でもリスクはとりたくない、努力はしたくないと口に出して
も平気でいられる神経はどうなのでしょうか。
中にはベンチャー企業で成功している若者もいますが彼等は
努力もしています。運が良かっただけではありません。
努力もしないで成功事例だけ追いかけるのは無理ってものです。

愛新覚羅
2015.06.21 09:14 | URL | aishinkakura #- [edit]
頑張りたくないけど幸せになりたい、、、てのは無理がありますねえ。なかなかそうはいかないものです。
2015.06.21 10:03 | URL | TORU #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

昔ですが「努力しないで出世する方法」という映画があったような
気がします。ところが責任を取りたくないとのことから出世もしたく
ないのですからどうしようもありませんね。
こういう人達は世の中が甘くないということをいつ気づくのでしょうか。

愛新覚羅
2015.06.21 10:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
白状します!
3番目の例え。
若かりし日の自分が~σ(^_^;)
2015.06.21 11:33 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

白状しなくても先日のブログで解りますよ。
結果として王子様が現れたのですから良かったですね。
白馬ではなく会社のロゴ入りのトラックでしたが。

愛新覚羅
2015.06.21 13:44 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さま  

これ すべて 自己中! 
自分だけが 良ければ 
自分だけ 見てくれれば、 
自分だけ 辛いから かまって 

大なり 小なり 皆 努力しているのでは? 
平和ですね、 お金が無くても 給料安くても
スマホ!
 
気を付けないと カード払いが多いですが、
1回でも 支払いがストップすると 
何とかリストにのります!と
電話会社と契約しているそうです、
契約書類は 読まないといけませんね、
最後は 逆切れに ・・・  

余計な話デシタ、たか 
2015.06.21 18:10 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうですね。自己中がそうさせているのでしょうね。
それにしてもリスクを負いたくないというのは若者らしく
ありません。恰好悪くても泥だらけになってやる時期が
あっていいと思います。

愛新覚羅
2015.06.21 19:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんわ~
う~ん、何だかこういうの読むと悲しくなります。
私もバブル期のざわざわした時代を見ていますので・・・
全ての若者がそうとは思いませんが
上昇志向もなく、のほほ~んと生きたいのでしょうか。
2015.06.21 21:06 | URL | アクアマリンちゃん #JyN/eAqk [edit]
 こんばんは。

 たしかに 1. については若い人が多そうですね。自分たちの時代よりも就職が大変であることもわかります。もしかしたら、生活保護を受ける条件を満たすために就活のふりだけしているのかも?

 2. については若い人だけかなあ・・・?若い人の方が多いのでしょうが、結構年配の人でも見るように思います。

 3. ですが、こと結婚についてはオイラの世代やもっと上にもたくさんいますよ。男性は「美人と結婚したい」、女性は「お金持ちと結婚したい」。でも本人はそれに見合ったものを持っていない・・・美人やお金持ちはあなたたちを選んでくれるのかなあ・・・?
 「高望み病(一応自分のレベルはわかっている)」、「身の程知らず病(完全に自分のレベルを忘れている)」と申せば良いでしょうか。若い人たちよりももっと深刻です。オイラ自身は、最初に「ルニャンさんでもいい(ルニャンさんがいい、なら大喜びですが、これでも納得します)」と言ってくれた人と結婚するつもりでおりまして、実際選り好みもせず、一人も振ることなく結婚しましたが、結婚が遅くなったのはこういう連中が多いからかも知れません・・・(滝汗)

 それはともかく、結婚はしなくても生きてゆけますし、きちんと就職しないでも生きてゆける世の中、それを作ってしまった上の世代にも責任はあると思います(「しらけ世代」だけの責任ではないですよ。むしろ「モーレツ」の時代の人たちにも反省していただきたい)。

 それではまた!
2015.06.21 22:16 | URL | 怪盗アルセーヌ・ルニャン (=O_^=) #nI1DtWXs [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

おっしゃる通りで悲しくなりますよね。
根性もののドラマのようにまでというのは無理でしょうが
せめて現実から逃げないでほしいと思います。

愛新覚羅
2015.06.21 22:24 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうですね。ルニャン様がおっしゃられているように
親の甘やかしというのも大きな原因のひとつなのでしょうね。
特にあくせくしなくても食べていけるという環境を与えて
しまっているようです。

愛新覚羅
2015.06.21 22:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

確かに昔は頑張ったぶんだけ見返りは受け取れましたよね。
でも今の時代、頑張ってもそれだけの見返りが得られない・・・・・・
そんな気がします。

お金を持っている大企業が、働いている者を駒のように使って・・・・・
そのうちにポイ捨てされる・・・・・そんな縮図がアチコチにありますね!
2015.06.22 02:44 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

自分の利益だけを追求することは悪いことではありませんが
鎌倉武士の身上であった奉公という考え方も決して古びては
いないと思います。会社に対して奉公すると思えば嫌なこと
でも出来るのではないかと思います。
何で自分がこんなことをしなければならないのだろうとか
思わなくなるのではないでしょうか。
嫌な仕事でも自分のスキルアップに繋がるとポジティブに
考えるようにしたいものです。

愛新覚羅
2015.06.22 07:40 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは!
昔からこういう人いますよ~ここに!
汗と涙は似合わないなんて言ったりして。
他人に受け入れて欲しいとは思わないので孤立状態ですけどね。
(^0_0^)
2015.06.23 21:55 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

私も若い頃はそうでした。汗をかくのは恰好悪いと思っていました。
しかし結婚を期にその考え方はやめました。一見恰好悪くても一生懸命
やっている方が恰好いいと思い出しました。
o(^-^)o

愛新覚羅
2015.06.23 22:29 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1110-b09f40bd