FC2ブログ

友人の相続問題

Posted by aishinkakura on 14.2015 日常 6 comments 0 trackback
相続 先日大学時代の友人の相続問題につきあいました。私の義弟が司法書士をやっていますので紹介しろと言われて一緒に行ってあげた訳です。彼の場合は父親は死去していて94歳の母親が土地の権利を持っている、姉と弟(別宅)がいて母親が亡くなった後の相続をどうするかという問題です。友人は楽観的なので長男の自分がそのまま権利を引き継げると思っていました。(アホですね)実態は弟さんが権利を主張してきて1/3は貰える筈だと言ってきたそうです。弟さんだって生活があるのですから当然の権利主張だと思います。でも長男は親の面倒をみているという自負がありますから全部自分が引き継げると思っていたようです。結果から言いますと法定で決められているのですから1/3はちゃんと弟さんに払いなさいということでした。わざわざ司法書士に相談しなくても誰が考えてもそのように行きつくと思います。私がついて行ったのはその後で呑もうという目的だけでした。学校時代の武勇伝やら失敗談やらを肴に楽しく呑んできました。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

私、正しく今この状態。
といってもどちらかというと、この弟さんの立場かなぁ。
でも兄からは「土地は私に、お金は兄が」と20年前母が亡くなった時に言われていて。
で数年前父が亡くなりいざ土地をになって。
ナシのつぶて。
土地の権利書は父からもらっているにだけど……(゚ー゚;
2015.11.14 12:12 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

遺言が効力があるのは引き継ぎの権利がある人たちが全て納得して
いる場合のみです。法的には兄弟で公平に分配することとなって
いますので権利を主張すれば土地もお金も分配となります。
但し日本人は金の亡者とみられるのが嫌なので権利を放棄して
しまうことが多いのですね。

愛新覚羅
2015.11.14 13:26 | URL | aishinkakura #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.15 03:17 | | # [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

故人が遺言を残している場合はなるべくその遺志を尊重したいですね。
それに異をとなえる人も出てきますので故人が生前に関係者を調整
するのがベストではないかと思います。
私の場合は家くらいしかありませんが妻も無く子供もいませんので
困ったものです。

愛新覚羅
2015.11.15 07:36 | URL | aishinkakura #- [edit]
父は祖母から引き継いだ小さなマンション1室を私にくれる決心をしたようです。
兄にも話をしてくれたそうです。
公証役場には行ってないんですが紙に書いてくれました。
イザとなったら役に立たないのでしょうけど。
(^0_0^)
2015.11.18 17:55 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

それは良かったですね。遺言があっても相続の関係者が異議をとなえれば
無効となってしまいますので油断は禁物です。根回しが肝心ですね。
(^▽^)/

愛新覚羅
2015.11.18 19:02 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1257-815e5ee7