BS放送の韓国ドラマ

Posted by aishinkakura on 26.2016 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
韓国ドラマ武人時代 BS放送には韓国ドラマが多いですね。時間帯によってはここは韓国ではないのかと思ってしまうほどです。別に文句が言いたいわけでもありません。つまらなければ観なければいいだけですから。でも何故ここまで多いのか気にはなってしまうので調べてみました。簡単明瞭に書きますと

①BS局ではBS用に番組を制作できない。
高い制作費がかかり、それに見合った高視聴率が取れなければ続けられない。
②地デジで放送したものを再放送するのも困難。
人気作は、本放送時の録画率が高い。レンタルも普及している。
CS放送(ドラマ・アニメ専用チャンネル)とコンテンツの奪い合いとなっている。
③韓流ドラマを放送する。
費用が圧倒的に安く、スポンサー料を安くできる。(スポンサーがつきやすい。)
低視聴率でも放送を続けられる。

以上の3点に要約されるようです。そうではないかと思っていましたが思った通りでした。
ただ同じ韓国ドラマと言っても歴史ものは時代背景などで面白く見られます。制作費もかなりかかっているのではないかというものもあります。こういうものは今後も観ることでしょう。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

わたしは BS,Cs,WOWOW。。(-_-)?
違いが分からなくって、。
有料には 加入していません。

時代劇は 制作費とても かかると思います。
イイ作品ならば 観ないと損かもね。
2016.06.26 08:57 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
なるほどって感じですね
ただ、どの局も同じように韓国ドラマを流すのは
工夫も無く、悲しいですねぇ。
2016.06.26 09:59 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

BSは無料、CS、WOWWOWは有料ですよ。
中には古いですがかなり製作費のかかっている作品もあります。
観ないと損かも。最近日本史よりも朝鮮史の方が詳しく
なってしまいました。(笑)

愛新覚羅
2016.06.26 11:21 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

どの局も流していると今どこの国にいるのだっけ?と思って
しまいます。
韓国はドラマの輸出を国策として行っているそうです。
韓国だけではなく北朝鮮のものも観てみたいです。
かなり韓国とは違っていると思います。

愛新覚羅

2016.06.26 11:25 | URL | aishinkakura #- [edit]
簡単明瞭で、極めて良く理解できました。そういう背景があったのですね~
韓国ドラマを何がゆえに日本で延々と流すんだと思いながら、かなり怒ってました。
とはいうものの、最近の日本で作る大河ドラマなんかよりは、よほど面白いとも思います。
NHKもどうせ大金を掛けて作るのであれば、もう少し楽しいorタメになるような内容にして欲しいと思うのですが

byまじめに受信料を払い続けているNHK嫌いの爺
2016.06.26 14:30 | URL | 呑兵衛あな #jhox9BxI [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

テレビ局はみんな金持ちかと思っていたらBS局は結構貧乏なの
ですね。そういえばテレビショッピングも多いです。
そのトークを聞いていると思わず欲しくなってしまいます。(笑)

愛新覚羅
2016.06.26 14:37 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは 愛新覚羅さま 

たしか NHK 受信料 BS1ヶ月 いくらと払うと思います、

我が家も ケーブルテレビですが NHKも 払っています、

今は 民法では 野球中継は ほとんど ありません、 
母が 巨人が 好きなのでと 思いましたが、
イラナイ!と 言ってます、 

いつもありがとうございます、 たか
2016.06.28 15:19 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

BSはNHKと一緒に引き落とされているので別料金だと思って
いませんでした。
野球は昔は観ていましたが最近はオールスターでも日本シリーズ
でも観ません。張本とか金田とかクセのある選手がいたときは
面白かったのですが。

愛新覚羅
2016.06.28 15:41 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1482-c073d5f2