神君家康の伊賀越え再現

Posted by aishinkakura on 23.2016 独り言(意見) 10 comments 0 trackback
神君伊賀越え1 歴史にif(もし)はないとは言われることですが、これほどifの起こる確率が高かった事件はありません。天正10年6月2日未明、織田信長が本能寺の変で落命。その時、堺で30名余りの家臣と「物見遊山」の旅の途中だった徳川家康は文字通り身一つで三河へ逃げ帰ることを決断しました。後世でいうところの「神君伊賀越え」です。
 大河ドラマ『真田丸』では、軽装の家康は、土民に襲われて、半泣きになりながら本多忠勝の助けを借りて切り抜けました。かと思えば、急峻な山道を「ここを下るのか……」と、顔をしかめながら、半ばヤケクソで駆け下りる。これらのシーンが視聴者の大爆笑を呼び、新しい側面の家康として大いに話題にもなりました。
 家康という人はその生涯における「危機一髪」のエピソードが多く残されています。三方が原の大敗しかり、大坂夏の陣における本陣御旗崩れの逸話しかり。ただそれらは戦場における帰趨によるもので、平時の脱出劇である伊賀越えは、家臣たち(とりわけ随行した30数名)に、より強烈な印象を与えたのでしょう。彼ら(およびその子孫)による覚書が多数残っており、400年以上前の出来事にしては、家康の逃避行はさまざまな文書から跡をたどることができます。
 そこで、徳川家康没後400年の今年、ユニークな試みが行われました。徳川家康の子孫である、徳川宗家19代の徳川家広氏と歴史学者の磯田道史氏が、「神君伊賀越え」のルートを再びたどってみるというものです。企画を立案した甲賀忍びの子孫、渡辺俊経氏をはじめとする甲賀忍術研究会の面々が脇を固め、道案内をしたといいますから本格的です。今は山賊とか落ち武者狩りはないでしょうが熊がでたりする危険はあります。どのような道中だったのでしょうか。そのうちテレビで放送されそうな企画ですね。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

家康と言えば、私の実家のお寺も昔テレビドラマに登場しました。
父は教員と僧侶を兼ねていましたが、その頃NHKの取材を受けたりテレビにも出たので、
父がテレビに出ると言うので、生まれて初めてテレビビデオを買いました。
確か番組の名前は「竹千代と母」だったと思います。
家康の実母は毎日息子の無事を願ってお参りに来ていた寺で、於大の方書いた手紙もまだ父の寺に宝物としてしまってあり阿久比町の文化財になっています。

今も寺を援助していた四国の松平家とは交流があって、昨日父の所へ言ったらお中元が届いていまた。
2016.07.23 08:34 | URL | ReikoJanvier #JyN/eAqk [edit]
子孫が、血を繋いだ人々が
先祖の経験を体験してみる・・・とても貴重な経験
祖先の判っている人が羨ましいですね。
2016.07.23 08:40 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

徳川家と関係があるとは名門ですね。徳川家をたどっていくと
源氏になり更にたどると天皇家ですからね。
今の大河ドラマの家康の描き方は滑稽で面白いです。

愛新覚羅
2016.07.23 09:00 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

先祖が有名人だとルーツがはっきりしていていいですね。
但し逆賊の汚名を着せられてしまった人などは子孫も
可哀想です。平民でよかったと思います。
あっ!違った。皇帝でしたっけ。忘れていました。(笑)

愛新覚羅
2016.07.23 09:03 | URL | aishinkakura #- [edit]
aicinkakuraさんの記事をとても楽しく読ませて頂きました
子供の頃から歴史は大好きでしたので
また、aicnkakuraさんのコメントがすごく面白くたまげました
徳川家康をサカノボッテ行くと天皇になると
面白い学説だと思いました

それと、子孫が先祖の辿った道を歩くのは、感慨深いものではないでしょうか
素敵なイベントだと思いました
2016.07.23 11:55 | URL | 薫子 #- [edit]
大河ドラマ『真田丸』、観たいみたいと思いつつ。
なかなか暇がなくて視聴しないでいました。

「神君伊賀越え」。
本当にユニークな企画ですね。
好きだなぁ、こういうの^^
2016.07.23 11:59 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

嘘か真か武将を遡ると源氏にいきつきます。
そして源氏は清和天皇を祖としますので元々は貴種です。
ただしまともに源氏にいける武将が何人いることやら。
武田氏とか松平氏の源氏ルーツは正しいようです。

愛新覚羅
2016.07.23 14:36 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

あの若くて格好良かった草刈正雄が渋い役で出ています。
彼をみていると時が経ったのだと実感します。
大河を観ないと放送料の元がとれません。(笑)

愛新覚羅
2016.07.23 14:42 | URL | aishinkakura #- [edit]
内野さんの このシーン観ましたよ。(^^)
内野さんの好き。
真田丸、最近観てないから みなくっちゃー。

山の中に コンビニ無いし、。
どのくらいの日にちが かかったのでしょうか?
山道を 草履で歩くのも大変だったでしょうに。。
子供の時に 忍者に憧れていました。
もう少し 若いときならば 私も一緒に 加わってみたかった。
歩くの嫌いだから無理でしたー。。
2016.07.23 15:40 | URL | おこちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

内野聖陽の家康はいいですね。でもこの面白さは三谷幸喜が
作っているのでしょうね。とても人間臭さがあって好感持てます。
日数は確か家康の時に3日だと思いましたよ。
今なら道も整備されているでしょうからもう少し早く進めるでしょう。
私も一緒に歩いてみたかったです。

愛新覚羅
2016.07.23 19:15 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1509-7c7512cd