がん5年生存率 62.1%、3.5ポイント上昇

Posted by aishinkakura on 20.2016 がん闘病 4 comments 0 trackback
5年生存率

 がん患者の5年後の「生存率」が、3年前に比べて3.5ポイント上昇し、62.1%となったことがわかりました。
 国立がん研究センターは、2006年から2008年に治療を始めたおよそ64万4000人のがん患者を追跡調査し、5年後の生存率をまとめました。
 それによりますと、がん以外の要因で死亡する影響を除いたがん患者の「相対生存率」は62.1%で、3年前の調査に比べて3.5ポイント上昇しました。
 部位別にみると、男性では前立腺がんが97.5%と高い一方、胃がんは65.3%、肺がんは27%でした。一方、女性では乳がんが91.1%、子宮がんが76.9%、大腸がんが69.6%などとなっています。ちなみにグラフにはありませんが私がかかっている咽頭癌のステージⅡの場合は60〜80%となっていますので5年は生きられる可能性が高いです。
 国立がん研究センターは、「前立腺や乳がんなど生存率の高いがん患者が増えたことで、全体の生存率もあがったと考えられる」としています。
 ということは医療技術が上がったからということではないのですね。がんの発生場所と生存率の変化なのですね。このほか転移を含めた進行度合いなんかも影響してきますから生存率が多少上がったといっても喜んではいられません。
元記事:TBSニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そうですか。
医学の進歩で、がん患者の5年後の「生存率」が上がったわけではないのですね。
私は肝臓がんの危険因子をいっぱい抱え込んだ身。

早く特効薬を開発してほしいです。
2016.08.20 16:55 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

残念ながらどうも医学の進歩という訳ではないようですね。
しかし肺がんのステージⅣになるとほとんど5年もたないという
ことですね。私の場合の咽頭がんは肺と距離が近いですし原因も
爆煙ということですから転移していても不思議はありません。
検査で転移が出ないことを祈るしかありません。

愛新覚羅
2016.08.20 19:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは 愛新覚羅さま 

肺と 関係あるか? 

昨日 CTで 腎結石が 見つかりました、

肺の影を 見つけた 病院ですが、 

悲しくなりました、 

以前 検査しましたが 婦人科系のガンは 胃腸に 転移する 確率が
高いそうです、

病気は イヤなものですね!

お大事に なさって下さい  たか
2016.08.20 19:32 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

たかちゃん様の場合は肺活量がかなり少ないようですから肺も
弱いのではないかと思われます。
肺がんに限らず肺炎も死因として高いですからお気を付け下さい。

愛新覚羅
2016.08.20 19:37 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1524-58cc656f