ごみ屋敷

Posted by aishinkakura on 25.2017 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
ごみ屋敷 たまに社会問題となり、テレビで放送されているごみ屋敷というのがありますね。なんでごみ屋敷が存在するのだろう、生活しにくいのではないのだろうかと思ってググってみました。そうしたところある種の病気らしいです。
--------ウィキペディアより--------
ごみ屋敷(ごみやしき)とは、ごみが野積みの状態で放置された、ゴミ集積所ではない建物(主として居住用)もしくは土地のこと。居住者が自ら出すごみはもとより、近隣のごみ集積所からごみを運び込んだり、リサイクル業を営んでいるとしてごみを溜め込んだりする。精神医学の見地では、強迫性障害(OCD)のひとつに強迫的ホーディングがあり、異常行動のひとつの類型として「収集癖」(Hoard、死蔵・退蔵・保蔵、もしくはHoarding、ホーディング)が生じることが報告されているが、ごみ屋敷の発生理由については定説はない。悪臭やネズミ、昆虫(特に害虫)の発生等により近隣の住民に被害が及ぶほか、ボヤや放火などの犯罪に遭いやすいことから問題視されており、主に民放テレビキー局のワイドショーやニュースで報道され、社会問題として取り上げられている。
---------------------------
・自分の所有地にゴミ類を不法投棄されることに対する怒り。
・地域や親族への不信から、自分や財産に対して抱く不安。
・ (対象は何でも良い)コレクションの達成感を得るため。
・(対象は何でも良い)処分する事への罪悪感。
・地域共同体(コミュニティ)からの疎外、孤立感。
・収集癖が病的にまで高じることによる。
街角に捨てられているゴミを見つけると寂しそう、悲しそうに感じ自分のところに連れてくる。「仲間」も多いので安心。ゴミを捨てろと言うのは訳あって自分のところに身を寄せている仲間を見捨てろというのと同義。古くからの知り合いに囲まれて暮らしている自分を非難する方がおかしい。ゴミと言うな云々、という精神状態で、ゴミ収集を加速するケース。

 色々と原因理由はあるようなのですが日本だけではなく海外にもあるそうです。自分の生活スペースを狭くして不衛生にし、近隣まで迷惑をかけているのですから単に病気ではすまされません。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

周辺への迷惑は当然あってはならないことですが
安全や健康面で本人にとっても良くないこと
と言いつつ、収集癖のある身
気を付けないといけません。
2017.01.25 06:40 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
教授、おはようございます

よくこうゆう景色はテレビでみかけますよね
どうしたら、こういう風に出来るんだろう?
なんら精神的背景があるのかしらとは思って
いましたが、こんなに訳があるなんて!!!
テレビで見る限り変わり者が多いようですね
やはり、街の景観や衛生面があるので
そういう人を地方自治体でカウンセリング等するべきではないでしょうか?
彼らも苦しんでいるかもです
2017.01.25 07:35 | URL | 薫子 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

tazumichi様の場合はミニカーの収集でしたね。それでしたら
心配ありません。その辺に積んであったら他の収集家が喜んで
持って帰ります。(笑)

愛新覚羅
2017.01.25 08:59 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

私も元記事を読むまでは偏屈な人なんだろうと思っていました。
でも病気なのですね。そういうことなら自治体が強制的に精神科に
入院させて治療を受けさせた方がいいのではないかと思いました。

愛新覚羅
2017.01.25 09:03 | URL | aishinkakura #- [edit]
うわっ!
我家の写真が出てる~!

なんてことはありません(;^-^)
というか、こんな風にならないようにしなくちゃ。

車で10分程度のところで、このような家がありますよ。
2017.01.25 17:29 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

えっ!SANMA様の家ですか?そんな訳ないですよね。
でも車で10分のところにあるのですか。
近くでなくて良かったですね。

愛新覚羅
2017.01.25 18:35 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1696-62fc13af