死期が迫る患者に愛の手

Posted by aishinkakura on 20.2017 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
Nosmoke_keiji031.jpg 政府が今国会に提出を予定している健康増進法改正案で、医療機関の敷地内が全面禁煙となる方針であるのに対して、がん患者が最期の時を過ごす緩和ケア病棟での喫煙を例外的に容認するよう、緩和ケア医らが求めています。同法改正案は、非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐのが目的。厚生労働省は「患者が集まる医療機関は配慮が特に必要」と説明しています。
 これに対して、緩和ケア病棟を持つ病院などで作る日本ホスピス緩和ケア協会は、敷地内禁煙によって喫煙者が同病棟への入院を断られたり、退院を迫られたりする事態を懸念しています。そして全面禁煙の対象から除外するよう求めています。
 同協会の約200施設が答えた調査では16%の施設が病棟に喫煙所を設けていました。他に、玄関横やベランダでの喫煙を認める施設もあります。志真泰夫・同協会理事長は、「残り時間の少ない人を追い詰めるのはいかがなものか」と訴えています。
 まず私が以外だったのはすでに全ての病院が敷地内禁煙だと思っていました。私は今3つの病院にお世話になっていますがどれも敷地内禁煙です。今は禁煙していますからいいのですが昔なら相当困ったと思います。病院に行かないで我慢したかも知れません。
 さて死期が迫っている患者さんですが、是非例外措置を適用して欲しいと思います。もう1ケ月しか命が無いと思ったっら好きなことがしたいではないですか。人に迷惑をかけなければ麻薬や覚せい剤であっても自由に吸わせてあげたいです。武士の情けではありませんが。
元記事:読売新聞




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

もし、全面禁煙という方向なら
煙草は、非合法という位置付けになってしまいます
自己責任で容認するなら
受動喫煙を防ぐ本来的な姿は、分煙だと思います。
2017.03.20 06:54 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

もう死期がせまっている人にはいくら嫌煙モンスター達でも
寛容になってくれるでしょう。
もう好きにさせてあげたいですよね。痛みを緩和するのであれば
覚せい剤だって認めてあげたいです。

愛新覚羅
2017.03.20 07:41 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

本当に最近の法令の定め方はおかしいです。
自分の正義を振りかざした方向で決定しようとしています。

官が民に入り過ぎないことも大事だとわかって欲しいです。
いびつな社会を作り上げないためにも。
2017.03.21 02:21 | URL | 孝ちゃんのパパ #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

嫌煙モンスターの人達は数が少ない頃は何も言わなかった
のに多数派になるといきなり正義をふりかざして喫煙者を
攻撃してきました。なんと卑怯な人達なのでしょう。
せめて死期がせまっている人には優しくしてもらいたいです。

愛新覚羅
2017.03.21 07:16 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1750-9b35abc5