改正道交法施行、高齢ドライバーの認知症検査を強化

Posted by aishinkakura on 14.2017 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
シュミレーター 相次ぐ高齢ドライバーによる交通事故を防ぐため、危険運転のリスクを早期に把握できるよう認知症の検査を強化した改正道交法が3月12日から施行されました。
 改正道交法では、これまで75歳以上の高齢ドライバーが3年に1回の免許更新の際に受けていた認知機能検査について、信号無視や逆走など一定の違反行為がある場合は更新を待たずに受けることになり、認知機能の状況をその都度把握できるようになります。
 また、新制度では検査で認知症の恐れがあると判定されると医師の診断が義務付けられ、認知症と診断された場合は免許の取り消しか停止の処分となります。
 おととし、医師の診断を受けたのはおよそ4000人でしたが、新制度の導入で1年間に診断を受ける人はおよそ5万人増加し、1万5000人が免許の取り消しを受けると見込まれています。但しそれだけの人数に対応できる医師の数が問題となっています。
 また医師側の意見としてこの人は大丈夫と診断した人が事故を起こした場合の責任の所在が医師にきてしまうことはないかと懸念されています。
元記事:TBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

他人事では済まない話題になってきました
悲惨な事故防止には、様々の対応・対策が必要
しっかりとした運用ができ
事故防止に繋がることを願っています。
2017.03.14 08:18 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

そうなのですよね。もう他人事ではなくなってきました。
自分自身が高齢者で75歳というのもそう遠い話では
ありませんので現実味があります。
冗談ですが75歳でフェラーリに乗っていたら格好いい
ですね。(笑)

愛新覚羅
2017.03.14 08:33 | URL | aishinkakura #- [edit]
教授、おはようです

高齢化ドライバーの話し他人ごとではありません
方の改正はいいことですが、実際うちの相葉パパ
はまだ軽トラに乗って出かけています
ケアマネと話をしたら、車は相葉パパの体の一部に
なっているから、すぐには取り上げられませんとの見解でした
高齢化ドライバーの事故の多発、、心配でならない薫子です
こんなケースを持つ家族も多いと聞きます
2017.03.14 08:58 | URL | 薫子 #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

それは心配ですね。でも運転で何かあったらケアマネが
責任をとってくれる訳ではありませんよね。
やはり医師の診断の方がいいのではないかと思います。
自分にしてもそう遠くない未来のことなので真剣に
考えます。

愛新覚羅
2017.03.14 11:23 | URL | aishinkakura #- [edit]
免許の自主返納、わかっちゃいるけど
出来ない現実があるんでしょうね
都会で5%、でも地方だと1%も満たないらしいですね
実際返してしまうと公共交通機関がないから生活できないそうですね
その辺も考慮して改正していかないと問題は別のところでまた出てくるでしょうね。
2017.03.14 13:35 | URL | かのぼん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

全くその通りだと思います。最近母親を病院につれていくことが
多いのでつくづく感じます。車が無かったらタクシーか救急車に
なってしまいます。
老後を意識して家をたてるなら病院とスーパーが近くにある
ところです。学校なんかどうでもいいですし、駅なんかも
遠くてもかまいません。

愛新覚羅
2017.03.14 13:55 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/1759-ff9f6039